厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 続・安部首相と靖国神社参拝

<<   作成日時 : 2006/09/30 00:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

この流れでは参拝したかどうかノーコメントで通して首脳会談にこぎつけようとしているようだが(http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060929-00000005-yom-pol&kz=pol)それは現実的に可能だろうか?
そもそも首相が隠密に靖国神社に参拝してマスコミが誰一人嗅ぎ付けないということはありえない。参拝している写真をフォーカスされて、それを見た中国韓国が黙っているとは思えない。
それでもなお、参拝についてノーコメントで押し通すという方針を打ち出しているということは、私にはよほどマスコミコントロールに自信があるとしか思えない(そうでなければ只の阿呆である)。上記の記事が本当ならば、安部政権はメディアを完全にコントロールする自信があるということになる。それは「国策」ということを前面に出して強権で抑えるのか?(日本ではまだ無理だろう)、何か見返りを提供して協力を請うのか?(漏れるところも出てくるだろう)。要するに不可能なのだ。
最もわかりやすい解は「参拝の意思」を最後までちらつかせながら実際は参拝しないということなのだろうと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
どの話題から突っ込めばいいんだ?
「A級戦犯、国内法では犯罪人でない」(麻生&安倍氏) vs 「東京裁判は国内法を超越」(民主・岡田氏)http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1139994120/「安倍首相、必ず靖国参拝する。それで日中関係に大問題が」…民主・小沢氏http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1161329521/「日本は、アジア諸国と濃い友情を」「靖国・教科書など日本が清算」 民主・鳩山氏、韓国... ...続きを見る
右派社民党公式ブログ
2007/03/29 20:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
総裁選で、谷垣さんが、靖国神社参拝を否定したのに対し、安部氏は、それを明言しませんでした。小泉氏の自分に対する支持にかげりが生じることを恐れたのか、国民の支持が落ちることを恐れたか、彼の所謂歴史観なるものによるかは、よくは分かりません。いずれにせよ、小泉氏の支配からは離脱したことではあるし、国民の一時の靖国にたいするfeverも冷めていると思います。彼個人の歴史観なるものは、自分で克服して、靖国神社に参拝しないことを明言すべきだと思いますね。それで女性人気が落ちるということはないでしょうから。しかし、いずれにせよ、安部内閣は短命(10ヶ月以内)に終わるでしょうから、余り期待しておりませんが。
東郷 幹夫
2006/09/30 07:02
東郷さま、コメントありがとうございます。私もまったく同意見です。ただ、小泉さんも「短命」と予想されながら長期政権になりました。結局は「運」ということでしょうかね。そして景気の問題。結論的には、日本の景気サイクルがやや頭打ち感があり、やはり参議院選挙は持ちこたえられないかもしれないと思っておりますが。
厭債害債
2006/09/30 12:06
 そうかなぁ?わたしはまったく反対の印象をもっています。イタチの最後っ屁みたいな8月15日の参拝の直後、小泉さんの支持率がアップした現象は見逃せない。つまりは、国民のなかに根強い支那人や朝鮮人に対する反発がある。瀋陽事件や反日暴動の結果、日本国民にひろまった、この嫌中・嫌韓感情は、あなたたちが考えている以上に深刻で、ジャバコンとも呼びたいような安倍さんへの人気は、この国民感情が作用していると思う。
 来年の参院選挙に勝って、本格的な安倍政治をスタートさせたいのだが、その勝利の条件のなかに対中外交の再構築と媚中外交の終焉という、矛盾した問題のクリアがある。反対に、中国の共産党政権にも成長継続のためには日本との経済関係は断ち切れない事情があるわけだ。
 そうすると、安倍さんのおかれている状況としては、靖国をクリアした対中関係をつくって、参院選に勝利する。そして、来年の秋季例大祭には参拝する。参拝を引き延ばすタイムリミットは、来年の秋で、これが実現できなければ、かれの人気は凋落する。
 いずれにしても、田中角栄タイプの卑屈な中国外交の時代は終わった。
罵愚
2006/10/01 04:09
罵愚さん、コメントありがとうございます。国民感情のレベルについてはよくわかりませんが、現在の安部さんの配慮ぶりには、少なくとも小泉時代の状況を変えなければならないという問題意識が感じられます。靖国に対する態度をはっきりさせないまま日韓首脳会談をセッティングしようとしたり(ひとつ間違うと結構大変でしょうけれど)、麻生さんを外務大臣に留任させたことはその一つの現れでしょうか?この辺は「右派」的な安部首相のスタンスとは次元が少し異なる問題のような気がしています。市場ないし生産基地としての日本にとっての中国の重要性は、他の国をはるかにしのぐものがあると思われるからです。
おっしゃるとおり、中国も経済発展のためには日本との協力が不可欠なわけで、現状はお互いにとって不幸だという認識は共通しているのではないかと思います。このような状況を続けて一番喜ぶのは北朝鮮でありアメリカであろうかと思います。そして、その状況を打破するために「卑屈に見えない形で」相手の言い分も一部聞くというのがまさに外交の手腕だろうと思うのです。いずれにしても、新しい内閣がどういう手法を用いてくるのか楽しみですね。
厭債害債
2006/10/01 18:54
 あなたとおなじ主張を、きのうの報道2001で竹村健一もいっていましたがね、わたしは反対です。小泉参拝を5年もつづけて勝ちとった外交的成果ですからね、ここで譲歩しては、もとも子もない。ここは、我慢のしどころで、もうちょっとがんばって、相手の全面屈服を要求するべきところですよ。
 大事なことは、日本には失うものはすくない、ということです。対中外交で日本の関心は経済的な損得しかない。ほかには、なにもないのです。そんな国との外交に、無用な譲歩は厳禁です。
罵愚
2006/10/02 15:28
>宮沢喜一元首相は、1993年4月に参拝したとき、周囲にその事実を語った。ところがマスコミが問い合わせると、宮沢事務所は「参拝したかどうかは答えられない」とした。

数年間、ばれなかったと読売8/17付け読売朝刊政治面に書いてありました。
現に官房長官周辺が8・4にリークするまで、誰もその事実に気づかなかったじゃありませんか。
極秘参拝→nhk・産経にリーク→「行ったか行かないかを言うことで政治問題化、外交問題化するのであれば、申し上げない」
を、年一で繰り返していくんだと。
ヨーダ元首相という前例
2006/10/12 11:47
「ヨーダ元首相という前例」さま、コメントありがとうございます。そうですか、ばれないんですか・・・。勉強になりました。で、意図的にリークと否定を繰り返す。これもかなり高度な手法ですね。
厭債害債
2006/10/12 12:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
続・安部首相と靖国神社参拝 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる