厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 同感です

<<   作成日時 : 2006/10/04 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「安部首相、訪中、訪韓」について」について
中国や韓国の言うことをすべて聞くべきだとは思いません。ただ、あきらかに彼らが関係を修復したがっているときには、慎重に落としどころを探って建設的な関係に持っていくのが外交というものでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
同感です 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる