厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS ブッシュ政権のイラク政策見直し可能性

<<   作成日時 : 2006/12/07 09:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

有識者会議の提言「駐留部隊の性格を戦闘主体のものから管理主体のものに変えることで部隊の規模の大幅な削減が可能」・・・ベトナムでもそうでしたが、この国は対外政策では「絶対に」間違いを認めませんな。これほど思い込みで大胆な「間違い」をしでかし、現地人数万人、アメリカ人数千人を余計に死なせた場合、戦争を仕掛けた側の幕引きとして、最高責任者は当然軍事法廷で死刑、というのが普通だと思うのですがいかがなもんでしょうか?こういうところの責任の取り方のあまさが、アメリカの弱点でもあるわけで、これからもこの国は人の痛みがわからないままやっていくんでしょうなぁ。
まあマーケット的にはドル高要因でしょう(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブッシュ政権のイラク政策見直し可能性 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる