厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 1時間単位の有給休暇は取得率向上のために有効か?

<<   作成日時 : 2006/12/08 12:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

また日経1面からのネタだが、労働政策審議会で以前に書いたホワイトカラーのExemptの考え方が見送られる代わりに1時間単位での休暇を取得できる制度の新設という最終報告案が出されるということだ。

多少は使い勝手がよくなる人たちも多いとは思うのだが、やはりポイントをはずしているという感じは否めない。

つまり、権利であるにもかかわらずなぜ(半日ですら)休暇をとらないかというその部分についての真摯な洞察が欠けているのではないかと思うからだ。公務員や教員などの世界では時間単位の年休があると聞き、それなりに消化されているようだが、企業のホワイトカラーに限って言えばこれはあまり使えないのではないか。それは、日本のホワイトカラーがもともとカイゼン運動、生産性向上運動などにも見られるようにボトムアップで会社運営プロセスに参画するよう教育されてきており、本人たちもそれをある程度誇りに思っているからだ。その中では、自分たちの仕事の評価(つまり給料)を時間で測ること自体を自ら否定しているのである。

サービス残業というのはよくないのだが、もともとほとんどの人は命じられたから残業するというより自分のやるべき仕事がここまでだから、と自分で考え、残業しているのだと思う。サービス残業が減らないのは日本のホワイトカラー(あえてこちらに議論を限定する)が裁量的労働ないし判断業務にかかわる労働をしているという面もあるのだ。その状況で時間単位の休暇というのはどうにも平仄が合わない。1時間休暇という発想はあくまで時間で労働の対価を決めることが前提になっている。日本の企業のホワイトカラーはもともとExemptにふさわしい裁量的労働をずっと前からやっており、こうした1時間単位の休暇という発想にはどうしても違和感を抱くだろう。

私の意見としては、この問題はやはりExemptとNon-Exemptの切り分けによって扱うべき問題、つまり裁量的判断的業務を行う労働者、あるいは一定の年収のある労働者にはそもそも残業という概念すらなくしてしまうことが望ましいと思っている。そうすれば休暇の取得もすすむのではないか?

余談だが、もしその制度が導入されたら、一番使える理由としてはねぼう、二日酔いだろうが、それって、趣旨に合ってるのだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
サラリーマンの年収
成果主義といえば、聞こえはいいですが、世の中それほどの成果を上げられるような才能 ...続きを見る
サラリーマンの年収がやばい!?
2006/12/13 21:17
有給休暇は自由にとることができるのか?
ある時、山田君が言いました。「先輩、ここの職場は僕が休んだ時は誰が替わりに僕の仕事をやってくれるんですか?」「どうしてそんなことを気にするのかな?」どうも今日の山田君は疲れているようだ。「あと4か月したら僕にも有休がもらえるんですが、代わりの人がいないのに休んでしまっては会社に迷惑がかかるかと・・・」「なんだそんなことか」「先輩は結婚してるから奥さんとは毎日会えるんでしょうが、僕はここ最近彼女とデートもしてやれないんですよ。しかも今週の土曜は休日出勤言われてるし・・・」「それ... ...続きを見る
社労士による学生と社会人1年生のための労...
2007/07/24 19:15
愛知県社労士会での入会ガイダンス
10月1日開業初日、朝10時から県会で入会オリエンテーションがあった。社会保険労務士の義務と責任を全員で唱和し、倫理規程と政治連盟の加入の重要性などについて懇々と説明があった。配られたのはバッジと県会の会員証(社労士登録商標とは別)、門標のゲラ刷り、... ...続きを見る
期間工から資格取得、社労士開業
2007/10/02 15:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1時間単位の有給休暇は取得率向上のために有効か? 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる