厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS ユーロ高の理由のひとつ

<<   作成日時 : 2007/01/15 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

プロのかたがたにはいまさらのことだが、きょうのFinancial Times(アジア版)にも出ていたように、すでに2005年はじめに世界の債券発行残高はユーロ建てが米ドル建てを上回っている。そしてその後もその逆転幅は広がっているのだ。この一因としてはもちろんユーロの通貨圏そのものが広がり、新しい国がユーロ建ての債券を発行しやすくなっていることがあげられる。インデックスをベンチマークにする限り、この動きにはついていかざるを得ない。すでにシティグループ世界国債インデックスではユーロ建てが50%を超え、米ドル建てはそれより10%以上少ない割合しかアロケートされていないが、これは発行量に比例した動きだから、今後もこの動きが続く限り年金基金などは外貨建て債券の通貨構成をよりユーロ寄りにしていかざるを得ないのである。ここで発行体側は「自国通貨」で出していても、投資家側(ユーロ圏外)は外貨つまりユーロの買いになるため、ユーロ需要が高止まりするわけである。

またここで余計なことを言ってしまえば、時価総額ベースでインデックスを構成する弊害がここにも現れている。債券発行残高が多いということは国の借金が多いことを意味するのであるが、ベンチマークに連動させようとする限り、「借金の多い国」の債券をオーバーウェイトすることになる。もちろん一定の格付けがないとベンチマークには入ってこないだろうが、それにしても、そのような投資は恐ろしい。そしてほとんどの投資顧問が外貨建て債券に関して何の疑問もなくこういうアプローチを取っていることがもっと恐ろしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お金のやりくりは国より家計のほうがうまい?!
お金のやりくりは国より家計のほうがうまい?!Webとマーケティングの情報を探していたところ、興味深い内容の記事を見つけた『家計の金融資産、過去最高の1540兆円 「貯蓄から投資」加速』『国の借金、過去最大・・・1人あたり651万円』この2つの記事は、同じ日に同じ項目(マネー・経済)で出されていたが、好対照の内容でしかも同じ「日本」という国のなかで起きている現象ということに思わず「面白い!」と思って取り上げた具体的な内容はこうだ。18年末時点で家計が保有する金融資産の残高は15... ...続きを見る
web2.0とマーケティングの可能性
2007/03/24 13:35
未来の日本人がかわいそう。
「国の借金」は832兆円=昨年末、過去最大を更新−1人当たり651万円に ...続きを見る
気になる情報・最新ニュース発信中!
2007/03/24 18:17
債券とは
債券とは平たく言えば、借金のことです。国債は国がする借金社債は会社がする借金借金をすると利子を払わなければなりませんね?例えば国債を買うということは、国にお金を貸しているということになります。だから、国債を買うと利子が貰えるのです。... ...続きを見る
みずほ銀行と新生銀行とファイナンシャルイ...
2007/04/03 20:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユーロ高の理由のひとつ 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる