厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS ミスコンってもともと差別するためのものでしょうが?

<<   作成日時 : 2007/02/20 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070220-00000073-jij-ent
私には理解できません。ミスコンに出場することって、ほかの女は自分よりブスか頭が悪いかスタイルが悪いか、って主張することだと思うんで、制度化された「差別」だとおもうんですけれど。つまり出場すること自体が「差別主義者」。その人が「差別された」などと口が裂けてもいうべきじゃないのです。「ルールにない」理由で剥奪されることに対するオブジェクションまではよろしいのですがね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
どのような社会にも競争や選別はあります。

差別と区別の違いも理解できないのに
「差別!」「人権!」「平和!」「弾圧!」
などと叫びまくっている。
そんな人たちが一番ウサン臭く怪しい。
こんな当たり前の事が、最近になって
やっと表ざたになるようになりましたね。
時貞
2007/02/20 23:34
時貞さんコメントありがとうございます。自分の主張を通すために使えそうな理由は何でも使う、というのは、まあある意味バイタリティーともいえるのですけれど、実際女性より男性のほうがいろんな意味ではるかに割を食っていると考えるワタクシとしては、女性蔑視だの軽視だの差別だのという事例を耳にするたびに「はぁ?」と思うことが多いですね。
厭債害債
2007/02/21 06:25
男はつらいよ
ワッショイ
2007/02/21 07:35
極々単純に言ってしまえば、貴方は女性、ボクは男性→「区別」。貴方は女性、ボクは男性だからボクは貴方より給料が高い、出世しやすい→差別 ということでしょう。つまり、肉体的・精神的に何らかの不利益を被るケースが「差別」ということ(かなり大まかな表現ですが)だと思うのです。
このミスコンの女性の場合、「貴方はミセスであって、ミスではないから、本コンテスト優勝(出場)の資格はありません。」と言われたのでしょうから、どちらかと言うと「区別」ということでは?「貴方は未成年だから、お酒を飲んではいけません」と言われて、「未成年に酒を飲ませない法律は差別だ!」と言う人もいないと思いますが…。
Rover
2007/02/21 10:08
これはあくまでも民間のコンテストでしょう。
当然、資金を出しているスポンサーや
多数の利害関係者がいるのです。
例えば元ミス日本に選ばれた女性が芸能界で活躍している事実を見ても
そこにどのような事情があるのか少し考えれば分かるはず。
優勝者を各芸能プロダクションが値踏みをして、交渉して、
自社の「商品」として育てて売り出す。
プロ野球選手だって、サッカーだって、その他スポーツを始め
「人間」自体が「商品」であることは事実です。
世の中はキレイゴトだけで成り立ってはいません。
   
2007/02/21 13:23
ワッショイさん、ご理解いただきありがとうございます(笑)

Roverさん、本件をよく読んでみたらおっしゃるとおり「ミス」の定義に該当しなかったので失格だったということでしたね。ただ、私がこの事件を不愉快に思ったのは、もしそのまま最終選考に残って賞をもらっていたならきっと何もいわなかったであろう女性が失格になったとたんに「差別」を持ち出すことと、その主張を一部「政党」が支持しているというところにあります。個人的には「差別」であれ「区別」であれ、それを解消する力というのは差別なり区別されている側がそういう待遇を受けるにふさわしくないことを証拠として示し続けること意外にないと思っています。まあ今回の事件はそれ以前の問題という気もしますが。

厭債害債
2007/02/21 21:15
ハンドルネームのないコメントをいただいた方、ありがとうございます。ミスコンにおける女性の商品化という視点は、しばしば批判されるところですが、それを利用しているのもその女性自身ですからね。
厭債害債
2007/02/21 21:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミスコンってもともと差別するためのものでしょうが? 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる