厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 6カ国合意‐まあよくがんばったと思います

<<   作成日時 : 2007/02/14 21:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070214-00000158-jij-pol
一応今朝の日経朝刊で伝えられたところをベースにする限り、拉致問題を抱える日本はとくに経済制裁も解除しないし重油支援にも加わらない、ということですべての核施設の無力化とひきかえにほかの4カ国が重油支援をする、ということですね。
しかしながら、既存の核については一切触れられていないので、すでに核実験を行ったと見られる北朝鮮は脅しの手段を保持したままであることに変わりはありません。また、北朝鮮は早速この合意に基づく各施設の無力化プロセスを「臨時停止」と発表するなど、相変わらずごねまくる姿勢を維持し続けています。

一般にリスク管理というのは最大損失を見積もるところから始まって、その損失が受け入れられるのかどうかを体力と相談しながらリスクをとるかどうか決めるわけです。北朝鮮の核ミサイルが首都圏のどこかに落ちたとして、どれくらいの被害が出るかということを見積もり、その上で北朝鮮という国がなくなることによるメリットとどちらが大きいのか、ということを決めるのが政治だと思います。私はもう死ぬ覚悟ができてますから、ぜひがんばってほしいものです。好きにしていいですよ。安倍首相。

こういう状況でも些細な事で言葉狩りをしたくなるのが私の悪い癖ですが、本日の日経一面のこれに関する北京からのレポート記事のなかで「二の舞を踏む」という表現がありました。正しくは「二の舞を演じる」、ですよね?日経さん。「同じ轍を踏む」とか「二の足を踏む」という表現はありますがね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
6カ国協議、ヤマ場
6カ国協議がヤマ場を迎えているようです。なんとか継続して、打開の道を探り続けて欲しいものです。 ***♪エナジー♪ ...続きを見る
歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。
2007/02/15 00:45
J-SOXの対応についてご紹介
これから本格的な対応が必要になってくる日本版SOX法の対応に関するブログを紹介します。 ...続きを見る
日本版SOX法ガイド
2007/02/25 22:02
内部統制とJ-SOXについて
内部統制について、みんながどう思っているのか?どう動いているのか? ...続きを見る
内部統制ガイド
2007/02/25 23:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6カ国合意‐まあよくがんばったと思います 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる