厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「主力行、日航、評価下げの動き」(日経新聞より)

<<   作成日時 : 2007/03/31 11:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

3月30日づけの日経の3面の記事でしら〜っとでてましたが、さすが政府系新聞?だけあって表現がやたらまろやかですが、要するに「破綻懸念先」扱いとせよということです。これって結構重大な話じゃあないんでしょうか?

本日もJALの株は下がりましたが、それ以上にJALのCDSのスプレッドが一気に60ベーシスぐらい跳ね上がってました。5年CDSで200台後半のスプレッドはソフトバンク並み、というとたいしたことがないように思えますが、国家がバックにあるとおもわれ政策投資銀行が何とかしてくれるんではないかという期待のあるJALとまったく後ろ盾のないソフトバンクでは、このスプレッドの持つ意味合いはまったく異なります。

記事によれば、メガバンクの2行が金融庁から3月までにJALの債務者区分を引き下げるよう指導を受けたようです。そして政策投資銀行を含むすべてがすでに実行するかそれに同意しているといわれます。この変更によって、債権者としての金融機関が積まなければならない引当金(つまり当期の損失)は大幅に増えます。そして、この記事の意味するところは、まだそういう処理をしていない金融機関にも同じことが要求されるであろう、という予告です。記事にもあったように、すでに実質債務超過である会社が、JALだからという理由でもはや国がいつまでも面倒を見るということがないのだという当然のことを改めて知らしめただけではありますが。とはいえ、昨年の秋ごろ「選択」という雑誌にこの債務者区分変更指導の話がでたときにも市場はかなり揺れましたけれど、「日経」という「行政指導系」のメディアが書いた意味はそれなりに大きいと思われます。

2006年度のJALはいろいろよからぬ話が多かったことも確かです。機体の整備不良とか不具合が続出したこと、果ては先月にキャビンアテンダントの個人情報を労働組合が理由なく収集ししかもその内容が個人の容姿をおとしめたり性的な連想を起こさせるような表現が多用されていたりと、あきらかに組合員を不必要に管理する目的で使われていたこと、さらに悪いことにこのデータベースが流出したことがありました。ANAさんだっていきなり胴体着陸などやってしまったわけで、本来であれば結構いい勝負なんですが、こちらはなぜか航空機メーカーのせいみたいな話になってます(笑)。いずれにしても思想信条を組合が調べていたとなると公明党出身の冬柴大臣が黙っていられるわけがない・・・(とはいえ、冬柴大臣とJALとの間にはこんなエピソードもあるとか。深読みすればJALへのサポートをやめさせるための心理的仕掛けとも読めます、が、やはりこのエピソードが本当だったとしたら、それ自体(JALの)感覚がずれているというかなんというか)。

あくまで個人的な意見ですが、JALは一度きちんと再生処理をしたほうがいいとおもいます。彼らの問題が組合にあることが明らかであり、それがゆえにCA情報漏えい事件がリークされたりしているわけですが、そもそもパイロットは言うに及ばずベテランCAの給料が多くの中堅企業の社長クラスを超えているようなところは経営的にかなり無理がきているし、組合のややこしさで合理化もできないのであれば、それは市場の力にゆだねるしかない。それに対する覚悟を持つようにというのが一連の記事の真意だったのではないかと思っています。

実際アメリカの航空会社破綻はいろいろなケースがありましたが、別に飛行機が飛ばなくなるわけではありませんし、それ以降重大事故が続発したわけでもありません。機内サービスは確かに低下しましたが、運賃は需給に応じて柔軟に変わり、むしろ喜んでいる利用者も多いはずです。そもそも飛行機なんて移動のための道具であり、CAが若くてきれいな女性である必要もありません。それでもただで旅行できたりするから人気の高い職業でしょうし、いくらでも安く雇用できるでしょう。

ところで、うわさによれば、週刊ダイヤモンドが4月早々同じようなテーマで記事(あるいは連載)を書くそうです。4月から、というのはメディアとしてある意味当然マーケットへの影響を考えて、3月を避けたのだと思うのですが、日経さんはどうやら自分たちの記事の価値が損なわれるのを恐れてフライングしたのではないか(あるいはあえてマーケットへの影響が出るのをみて自分たちの力を確認したかった?)とも思われるのです。まあちょうどリファイナンスがぎりぎりまとまったタイミングでもあるので仕方ないとはいえ、なにもこんな日に書かなくても・・・というのはしょぼい投資家のぼやきでございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
メガバンクとユニバーサル・バンク
メガバンクとユニバーサル・バンク 金融持株会社に代表される再編の新たな方向はメガ... ...続きを見る
知って得する豆知識
2007/04/15 18:36
JAL再建へ リクナビネクストNEXT 転職コラム
経営再建中の日本航空が、 ...続きを見る
リクナビ 2007、リクナビの就職・転職...
2007/05/18 16:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「主力行、日航、評価下げの動き」(日経新聞より) 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる