厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 八つ当たり

<<   作成日時 : 2007/05/11 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

前回のエントリーで大失態を演じたワタクシでしたから、今日は機嫌が悪い(自分が悪いんですが)。だから、カラむ。
それでも気持ちよくジムで汗を流したのですが、その後の某ラーメン屋でちょっとした事件を起こしました。
ラーメンと「樽生中ジョッキ」をひとつ注文。中ジョッキ380円?ずいぶん安いねぇ。で飲んでみてやっぱり「発泡酒」かなぁというか絶対発泡酒だよねーっていう味でしたので、お勘定のときに「これはビールではなく発泡酒だよね?」と聞いてみました。別に責めるつもりなどまったくなく、事実を確認しておきたかっただけです。ビールだとやはりちょっと安すぎますしね。
ところが、若者中心で構成されているその店員たちの回答が要領を得ない。最初は女性店員が「わかりません」で済まそうとしたので、いやそれはないでしょう、とつい詰めてしまった。そしたら男性店員が「ビールです」というのでブチっ。うるさい客を早く追い返したかったのでしょうが、うそはいけません。だってそのやり取りの間に、樽が見えて「マ●ナムドライ」とか書いてあったんですから。20歳過ぎた男が発泡酒とビールの違いを知らないとは言わせない。
で、大勢の客のいる前でちょっときつく「うそはいかん」みたいな説教をしましておしまいでしたが、こういう「その場を逃れるためのうそ」というのがビジネスの世界でいかに危険かということを若者たちに知ってもらいたかったという気持ちもありました(単なるたちの悪い酔っ払いだろう、というツッコミはおいといて)。

それにしても、日本では「樽生中ジョッキ」という表示で「発泡酒」を提供することが慣行上許されているのかどうか、この辺も微妙だと思うのですが。製品の表示としてはうそは書いてないかもしれないけれど、パッケージを確かめるすべのないこういう場所においては、誤解のないようにきちんと表示すべきだと思うのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
まあな。マ●ナムも缶には「生」と書いてあるし,一旦樽に入れて中ジョッキに入れられたら公取の不当表示ともいえないわねえ。
結局はそういう店は上客を失ってサービスと値段に見合った客しか来なくなると思うの…だから,酔っていたとはいえ説教たれるなどとは余計なおせっかいだとは思うね。
通りすがり
2007/05/11 06:32
 発泡酒ジョッキを黙って出す店はたくさんありますね。発泡酒表示しないで売る店はMD樽が多くて、淡麗樽は表示されていることが多い、と思うのは偏見でしょうか。サントリーに罪は無いのでしょうけど。私も何でも安いほうが好きな癖に、ビールVS発泡酒はこだわるので、害債さんが説教したくなる気持ちはわかります。ただ、全く関心が無くて、区別の付かない人はいますからねー。そういう人には「振替債じゃなくて登録債だろゴルァ」と言われたようなものかも(かえって例えがわかりにくい・・・)。
元IB現PB
2007/05/11 09:34
通りすがりさん、コメントありがとうございます。おっしゃるとおり余計なおせっかいでしたが、私が言いたかったのは発泡酒だったことではなく、それをごまかそうとする姿勢でして・・・まあどっちにしてもたいした話ではありませんね。

元IB現PBさんコメントありがとうございます。「振替債じゃなくて登録債だろゴルァ」っていうのはワタクシ的には良くわかるんで妙に納得してしまいました。まあただ、発泡酒とビールの違いは有価証券と信託受益権ぐらいの違いはあると思いますケド・・・こだわる。
厭債害債
2007/05/11 23:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
八つ当たり 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる