厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 参議院選挙の結果

<<   作成日時 : 2007/07/29 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

特徴的なのは、こちらの方が紹介しているエコノミストの記事にもあるように、高齢者が自民党に反逆した、という感じがする。地方の高齢者比率が高い1人区で自民党はほぼ惨敗といえる状況だ。
報道機関の調査では年金問題が争点だったという意見が強いようだ。結局のところ、高齢者が年金問題に関して自民党に批判票をいれたという感じが強い。

鳩山幹事長が民主党が訴えてきた二大政党制への支持という面もある、といっていたが、その要素は少ないのではないか?そんな理念的な話よりも、年金がどうにかなってしまったことへの素直な怒りだろう。

年金の問題は安倍政権の問題ではない、と思う。そこで働く職員やあるいは彼らをコントロールしてきた組合の問題であろう。もちろん、それの歴代トップの責任は逃れられないが、まともな企業だったらトップがアホでもまともに仕事をする。まともに仕事ができなかったのはトップだけの責任ではなく、代々腐った労働慣行を続けてきたのは安倍政権の責任とはいえないというのが公平な評価だろうと思う。安倍さんが続投をしようとするのはその意味で当然だろう。
それ以外の失言、スキャンダルはたしかにグリップが弱いという欠点をさらけ出したものの、まあネガティブキャンペーンの一環だとおもう。本質的な問題かどうか、とくに日本の将来をきめるような政策に関係するのかどうか疑問だ...ってまあ今はほかに誰もやりたがらないってのが本当のところでしょうか?

いまの二院制そのものについてもいいたいことはあるがそれはまたいずれ書くとして、一院制だとまた違った投票行動になった可能性もある。衆議院優先という制度の下で首班指名されている安部さんが、党内の事情や連立の関係をべつにすれば今回の選挙結果で直ちにやめるべきというのはちょっと短絡的過ぎる。

ともあれ、参議院で勝利した民主党にはぜひきちんとした年金の将来像を、全体の負担の姿も含めて描ききってほしいと思うし、単なる国民の不満の受け皿を越えたきちんとした将来に向けたプランを描いてほしい。決してかつての社会党のマドンナ旋風や日本新党の悪夢を再現することのないように・・・

と書いていて、ふと民主党からは「根拠なき著名人」とかも出ていたのでちょっと不安になりました。どこかの選挙区で民主の候補が「山が動いた」とか叫んでいたのも気になりました。なんだか昔に戻ったような気がします。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いやー、自民党ホントに大敗ですね。
こんなに負けたホントの原因、私は小泉さんが自民党の集票組織を徹底的に「ブッ壊して」くれたことが、小泉さんが去った後に強烈に効いてしまったということじゃないかと思います。
民主党は旧自民党の基盤だった農業・土建業や、旧社会党の基盤である労組の危機感に訴えて勝利したようにも見える。それは、比例区の上位当選者を見れば、はっきりしていると思います。
小さな政府を目指した結果支持基盤を失い、年金問題で浮動票も来ず、ばら撒き大好きな組織票に巻き返されたという構図ではないでしょうか。日本は財政破綻への道を突き進むのでは?と懸念します。
お染
2007/07/30 10:13
お染さん、コメントありがとうございます。おっしゃるとおり参議院自民党をぶっ壊したことも直接の敗因として大きなものでしょう。東京では保坂候補が落選して丸川さんが当選(…)。岡山では片山参議院幹事長が無名とも言える民主党候補に敗れるなど、組織をバックにしてきた人々がことごとく敗れました。
でも結果として自民単独過半数である衆議院と民主単独過半数となった参議院とでの違いが明確になるだろうという興味はありますね。その結果ねじれ現象が国にとって好いものかどうかという判断を国民がするのだろうと思います。
厭債害債
2007/07/30 12:43
新古典派よりもケインズや社会主義でやってきた日本人が反乱して見せたのかな?日本の高齢者層には競争原理の一点張りには違和感があるのでしょう。私も新古典派ぎらいでケインズの復活はあってもよいと思ってます。現状ならマクロ政策は有効に働くかも・・・・デフレ解消を優先したほうが良いんじゃないか・・・と感じます。
ただ民主党が勝ってもそういう政策はないでしょうけどね(笑)。
kazzt
2007/07/30 15:12
kazztさん、どうもです。純粋なレッセフェールという意味合いでの新古典派はさすがにちょっと日本の多くの方々には受け入れがたいでしょう。ただ、安部さんですら年金問題への対応を見る限り社会主義からは脱出できていないような感じを持っています。
政策という面では、民主党のほうがかつての自民党のように組織の中に多くの利害を抱え込みすぎて得体の知れないものになりつつあるような気がしています。
厭債害債
2007/07/30 20:12
初めまして、あちこちでいつもコメントを読ませていただいてますが、投稿は初めてです。みなさんほどのプロではなく稚拙なコメントで恐縮です。
「年金の問題は安倍政権の問題ではない」のはそうかもしれませんが、長年自民党政権が続く中で培われた構造と無縁ではないという気がします。この問題が発覚した時に首相だった安倍さんは不幸ではありますが、他にぶつける相手もいないですし、批判が集中するのはやむをえません。市場部門で「あの人は悪い時に部長になった」というようなものでしょうか?
あと「失言等はネガティブキャンペーンの一環」とありますが、あの人事センスのなさ?はもう少し深刻な問題だと思います。トップが○○でも仕事はできるかもしれませんが、トップによって組織が変わるのも事実です。農水省の一連の騒動を見ると、安倍さんがどこまで関わるかは知りませんが、日本年金機構を設立しての年金建て直しも疑問符がつきます。
年金については民主党案も我々現役世代にはあまり望ましいものにはなりそうもなく、積極的な支持はしにくいです。ただ今回は年金に注いだ油が投票に際してより大きな要素になったと考えています。
cresta
2007/07/31 01:09
crestaさん、コメントありがとうございます。私も政治は決して詳しくないので(汗)恥ずかしいのですが、年金問題については別のところにも書いたのですが制度そのものの根本的見直しが必要だと思っていて、その意味で自民党のアプローチも民主党の政策も支持していません。それは大変な作業ですがそれをきちんと提示できる政治家が出てくれることを願っています。

たまたまそのときトップであっても過去の問題に責任を取るべきというのはおっしゃるとおりですが、それをもって安倍首相が引き起こした問題であるかのようにメディアや国民が批判するのはちょっと公平性を欠いていると思ったのでした。

人事的センスのなさ、決して否定はしませんが、失言についてはこれも以前に書いたように「言葉狩り」のようなもので政策論議からはずれてしまっていたように思えました。農水相の問題ですが、ここの利権など相当安倍首相には荷が重すぎたのではないかと。
ただ、当面安倍さんにとって「進むも地獄退くも地獄」という感じでしょうかね。
厭債害債
2007/07/31 07:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
参議院選挙の結果 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる