厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS PEバイアウトファンド包囲網

<<   作成日時 : 2007/07/10 07:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

格付け会社のMoody’sがプライベートエクイティー投資におけるLBOの多用に警鐘を鳴らすレポートを出す模様だ。本日のFTをチラッと見ただけで原文は本日発表との事であるが、このニュースはある程度立体的に考えたほうがいいだろう。

一つの切り口は、すでに書いたように、5%を越えてきたアメリカの長期金利がマーケットのセンチメントを根本的に変えたということだ。重低音を響かせながら前進ギアで進んできた戦車のギアが、それまでの最後の段階での燃料に混じっていたサブプライムという不純物のおかげで不具合を起こし、いきなりバックに切り替わってしまったという感じだろうか。信用拡大の局面から信用収縮の局面へはいった、というのはちょっと気が早いかもしれないが、まあ多くの参加者が警戒モードに入っている。ムーディーズのレポートも彼らなりの早期対策(自己保身もふくめた)ということなのだろう。なにせこれまで彼らは危機の発生をほとんど格付け的に予想できていないという弱みがある。アジア危機における東南アジア企業のかくづけしかり、サブプライム問題しかり。相当びびっているのでしょうな。

別の切り口としては、アメリカの政権交代がここまで既定路線として組み込まれてきているということである。FTの記事にもあったようにPEがレバレッジを振り回して様々な企業を買収していくことに対し、企業経営者、労働組合そして多くの政治家が苦々しく思っている。言うまでも無くプロマーケットだったブッシュに比べ、民主党政権ではやや弱者寄りの政策が期待されているわけで、こういう社会事象となりつつあることに格付け会社も自分たちの立ち位置を合わせてきた、つまりすでに政権交代への準備が始まっていると見るべきなのだと思う。

また投資家の立場では、いきなり優良企業の社債がLBOの結果ジャンクになる(つまり買収された後買収資金調達のための負債が大きく増え、元の企業(買収元と一体となる)の自己資本比率が大きく低下する)のはきわめて不愉快である。チェンジオブコントロール条項が有効だが、いずれにしても期待されたリターンを確保できなくなることには違いない。我々から見ても巨大になりすぎたバイアウトファンドの行動は市場に対するリスク要因だと思える。ムーディーズがこの意味で投資家の立場から警鐘を鳴らすというのは賛成である。いまのところPEファンドだけをターゲットにしたレポートのようだが、それ以外にも共通の問題である。

詳細についてはまた読んでから余裕があればレポートしたい。

今週号(July 7-July 14)のThe Economistの記事ではバイアウトにポジティブな面が多いことを認めつつも市場環境の変化、すなわち金利上昇によって債権者の見方が厳しくなり、調達が苦しくなってくるであろうとし、米国のUS Foodserviceの起債やオーストラリアのPEの起債が中止に追い込まれた例を挙げている。すでにターゲット企業の株価もきわめて高い水準であり、すでにピークは過ぎたのではないかとも書いている。

さまざまなところにこういうやや否定的なニュアンスの記事が見られるようになってきたことで、米国の政権移行のプロセスで問題点が取り上げられる可能性も高まってきたのではないかと思う。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
投資スタイルについて 〜リスク管理の方法〜
プライベートエクイティファンド、ベンチャーキャピタル、ヘッジファンド、アクティビストファンドなど投資ファンドには様々な投資スタイルのものがあります。投資スタイルの違いには、投資対象企業や投資比率等様々な事が挙げられるのですが結局のところそれぞれの投資スタ.... ...続きを見る
買収日記
2007/07/29 13:18
NY株 急反落
NY株、4日ぶり急反落 米住宅融資問題を嫌気(朝日新聞)2007年08月10日03時11分9日午前の米株式相場は、仏金融大手BNPパリバが米国の低所得者向け住宅融資問題から、傘下のファンドを凍結したと発表し、欧州株が急落した流れを引き継ぎ、4日ぶりに急反落して... ...続きを見る
目指せ!年収5000万
2007/08/10 13:45
投資と投機の違いとは
株式の世界で「それは投資ではなく投機だ」という発言のように、株式取引に関してこの... ...続きを見る
知って得する事典
2008/01/25 20:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
PEバイアウトファンド包囲網 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる