厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 地震

<<   作成日時 : 2007/07/19 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

先週の3連休新潟長野を中心に大きな地震が起こりました。なくなられた方は本当にお気の毒です。怪我をされた方々にも早く回復されますようお祈りいたします。
東京にいる私も相当怖かったです。木造家屋の二階にいたのですがあまり今までに経験したことのないタイプの大きな長いゆれでした。震源からこれほど離れたところでこれだけすごいのですから、震源近くでは映像を見るまでもなく相当すごかったのだろうと想像できます。

ちょっと気になるのは、柏崎原発の放射能漏れです。原発の是非については学生時代先輩と時々議論しましたが、私の中では日本という国の中でいまの利用可能なエネルギーから電気を生み出すためには原発は不可欠だと思っています。よく言われたのが、それじゃぁお前の住む場所の近くに作ってもいいのか?そんなに大事なら首都のど真ん中に作ればいいという意見ですが、それは、脅しとしては有効ですが、国家の安全保障上の理由や経済合理性という点からあまり意味があると思えない。結局電気が運べる限りにおいて、地元への援助の見返りとして地方に作らせてもらうことになります。これは地方の間の平等という問題ではなく、国家としてのエネルギー政策のもんだいですから。そもそも地震があるような国に原発はどうか?というのもわかるのですが、化石燃料にしか頼れない電力っていうほうがよっぽど恐ろしいと私は思います。究極的には生活レベルを落とすか原発を受け入れるかというチョイスになるのではないかと思います。巨大ガス田でも東京湾で見つかるといいんですけれどね。

しかしながら、ぐっちーさんのところにも書かれているように、今回の東京電力の対応はややまずかったのではないかと思います。政府関係者もふくめ、最初は大丈夫だとか思わせておいてやはりちょっとずつ放射能漏れが明らかになってきている。実態を隠そうとしたのではないかと疑われても仕方ないですね。このような場合は、全貌がはっきりするまで、明確なことを言わないというのも重要なことです。そしてきちんと調べて正しい情報を伝える。そうしないと、原発に対する信頼が失われ、重要なエネルギーの確保という命題そのものが達成困難になってしまう。

ロイターを見ていて、アメリカの当局やIAEA(国際原子力機関)などから、「必要があればいつでも助けに行くからね」といわれてしまったことが私の不安を増幅しています。
海外は要するに、この地震で「無事なわけはないだろう」と見ているわけで、日本の当局や電力会社の説明が結構空虚なものに見えてきます。微量の放射能はドラム缶がこけたからだ、とかそういう説明もよくわからないのです。そんな危ないものを地震ぐらいで漏れるような状況で保管しているなら、やっぱり管理をしっかりしていない、ということになりますね。

気になるのは景気への影響です。
原発停止により電力供給が制約されてしまうことで、猛暑になったりしたとき人々の行動が萎縮してしまうのではないか、ということです。いまは涼しいからアレですが、周辺の電力会社から供給を受けても、使用量が過去のピークまで行くと仮定するとやはり足りないといわれています
自動車部品のリケンの操業停止も自動車生産にもろに響きそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
原文はどこに?
えっと。 WEB巡回をしてましたら、ちょっと面白い話を見つけましたー。 「海外のプレスもこの程度」という記事ですー。 簡単に説明しますと、あるヒトがCNN様のニュースについて3点ほどピックアップされ、それに対してvon_yosukeyan兄様が反論されたという文章で.. ...続きを見る
もなみ9歳2.0
2007/07/24 00:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どうもです。不良債権問題の対応のまずさ(初期は情報の小出し、問題ないと言う→どんどん大変になる→何を言っても信用してもらえない)は、危機対応の教訓としてあんまし生かされていないですね。
本石町日記
2007/07/20 01:06
本石町日記さん、どうもです。なんとか電力供給は大丈夫、みたいな宣言が出ましたが、今後の日本の原子力政策にちょっと暗雲がかかってしまった感じです。
害債
2007/07/21 12:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
地震 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる