厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 選挙のやり方を変えたら?

<<   作成日時 : 2007/08/05 08:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

参議院選挙が終わってすでに改造人事がいつかということに焦点が当たっているが、選挙のやり方についてはあまり議論になっていない。

すでに期日前投票が普通になっており、従来のように投票日前の一定期間で候補者が一斉に(あたかもそれまで何もしてこなかったかのように)自分の主張を限られたやり方で競う、というやりかたは前提が少しずつずれてきている。投票する人の3分の一にも達しようかという期日前投票の人にとって、候補者が選挙カーから絶叫する「最後の最後のお願い」はただの騒音である。いやほとんどの人にとってただの騒音だと思うが。

新しい時代の選挙のあり方を考える時期に来ていると思う。すでに色々言われていることだが自分なりの考えをメモ程度に残しておく。
1.選挙カーからの移動しながらの拡声器を使った主張の禁止
2.ポスター掲示場の廃止、すなわち証紙を貼った公式文書という形式の廃止
3.2と関連してインターネットなどでのあらゆるメディア(免許を受けた放送事業者と一定以上の発行部数を持つ新聞や紙媒体を除く)での選挙運動の解禁。
4.他薦による当選を可能にする。

このうち1,2は言うまでも無く無駄で有害だからだ。顔で選ぶためということしか存在理由が感じられないポスターなど屋外での掲示を一切禁止しても良い。

2院制も、同じようなやり方で選んでいるのであればあまり意味が無い。続けるなら参議院と衆議院の色分けを選び方ではっきり区別すべきだ。縦糸と横糸のような関係で国民の意思がクロスチェックされるような仕組みが望まれる。例えば衆議院が全て比例代表で参議院が地方選出(中または小選挙区)、衆議院が現在のやり方で参議院が一部職能代表、あるいは納税額で一定の差をつける。とにかく現在のように衆議院も参議院も選挙区と比例区を並立させているだけでは政治の状況を頻繁に不安定にするだけだ。第二院がチェック機能を重視されるのであれば、よりそれに沿った選出方法が望ましいのではないかと思う。

雑な意見で申し訳ないですが、一応雑感ということで。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
参院選、自民歴史的大敗・民主第1党に
おやすみをいただいておりましたため完全に出遅れネタですので、簡単に♪ ***♪安倍散々♪ ...続きを見る
歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。
2007/08/07 00:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ^^
私は年とともに顔にその人の生き方がでているような感じもするので、写真はありかなぁ〜と思っています。衆議院選は全て比例等メリハリを付けるやり方に大賛成です。一票の格差や死票が取りざたされる以外あまり選挙そのものについての議論てされていないですよね。
うさこ
2007/08/05 22:49
うさこさん、コメントありがとうございます。顔で選ぶというのもある程度納得できるのですが、パフォーマンスのトラックレコードは意外によくないかもしれませんね。自分自身いろいろ間違いを犯してしまったり(以下省略)。
選挙制度は一票の重みに重点を置きすぎるからおかしなことになるのだと思うのです。少なくとも二院制のもとでは片方は平等でなくてもいいのだというのは成り立つ議論だと思うのですけれどね。
厭債害債
2007/08/06 00:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
選挙のやり方を変えたら? 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる