厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS サブプライム騒動‐替え歌(休日モード)

<<   作成日時 : 2007/08/11 13:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

仕事にかける真剣味が足りないという批判は甘んじて受けます(汗)。でも師匠から最近のエントリーにコメントを頂戴したものですからついつい・・・

値もなきCDO

ちょっとぐらいのサブプライムなら
残らず全部取ってやる
だからDarling,商売のタネ
真実は隠し続ける

客が僕を疑ってるなら
トリプルAに切って出してやる
Oh、Darling,客はノータリン
大切な金を奪う、WowWow

生き馬目抜く投資業に入っちゃって
勘定だけがリアルにできちゃいそうになるけど

こんなスプレッドの小さい中で
たまに投資困難になるだろう?
だからDarling,ババをつかんだり
大切な金をなくす

あるがままの形で売れない弱さを
仕組みと格付けでごまかしてる
知らぬ間に増えていた
延滞の嵐の中で
もがいているのは
「L」だってそうなんだ・・・



どれほど鈍い投資家でも
理解する日はやってくるんだよ
Oh,Darling, このわだかまり
きっと消せはしないだろう

いろんな客を踏み台にしてきたけど、
売ってはいけないものがやっと見つかった気がする

Fedの分析がこっけいなほど
事態はもっと深刻なんだよ
だからBen 夢物語
証言で聞かせてくれ。

価値はきっと減ったのでも下落でもなくて
はじめからそこにないもの
短期市場たたいて調達しながら
妙なプライスは捨ててしまえばいい
そこからはじまるさ。

ダブル エー トリプル エー
なにいってんだ
オルト エー エルビー オー
ポートをごらんよきっと入ってるさ

成り行き任せのバブルに落ちて
時には誰かが大損こいても
その度心痛めるような時代じゃない
誰かを想いやりゃあだになり
自分の年収に跳ね返る

だから
あるがままのプライスをつけようと願うほど
ポートはまた傷ついてく
知らぬ間に築いてた不良債権群のなかで
もがいてるのは
「G」だってそう、「ウチ」だってそうなんだ。

信用って言う形のないもの
把握するのはホント困難だね
だからDarling,この「値もなきCDO」
いつまでも君のポートに・・・

(Mr. Children:「名もなき詩」 作詞、作曲:桜井和寿)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
各国中銀大量資金供給
先週9日の欧州中銀による無制限資金供給を皮切りに、サブプライム・ローン問題に端を発し 信用収縮懸念に対応した大量の資金供給が各国で行なわれましたが、株式をはじめとした市場の安定化にはまだ不安が残っている模様です。 さて、今週はどのような動きになるでしょう。日本はお盆休みだっていうのに。。。 ***♪タガタメ♪ ...続きを見る
歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。
2007/08/13 00:33
??????????????????????????????????????????????????...
&&&&&&&&&&&&V&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&& ...続きを見る
??????????????????
2007/08/23 16:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
人間なんか皆正しくないまま必死で生きている。
それは証券屋も田舎の土建屋も同じだよ。
kazzt
2007/08/11 16:36
これは素晴らしい!いいもの見せていただきました。他人様の替え歌を久しぶりに拝見しましたが、これはスゲェ笑わせていただきました♪
特に中間サビの「ダブル エー・・・自分の年収に跳ね返る」が秀逸。ここは何度見ても笑えます。
おっとしかし冒頭の、「仕事にかける真剣味が足りない」はいけませんねえ。それ言っちゃうと私なんか真剣味皆無になっちまうじゃあありませんか(爆)。
・・・みたいな。
2007/08/12 00:50
kazztさん、どうもです。一応投資家の立場でちょっと皮肉ってこの作品は書いてみました。正しいとかいけないとか言うことを超越したところに人間の営みがある、という事実に対して全く同意です。
厭債害債
2007/08/12 07:21
…みたいな。さん、というか師匠から過分なお褒めの言葉を頂き恐縮至極です。今回は土曜日の起き抜けに「信用なんてホント移ろいやすいものだよなぁ」とか考えていて「信用という形の無いもの」というフレーズが曲に乗ってきて、あとは一気に(といっても午前中完全につぶして)書き上げました。
楽しかったですが、何度やっても大変な作業で、このような作品を毎日世に送り出しておられる師匠はマジですごいです。
厭債害債
2007/08/12 07:26
Oh、Darling,客はノータリン、がツボでした。ライアーズ・ポーカー、マーケットが存在する限り不滅ですね。金利が動くより、クレジットが動くほうに血が騒ぐのですが、これは不謹慎でしょうか(笑)。
 ところで、クオンツの件ですが、私はもともと「人生は正規分布してない(異常値の連続)」と思う性質でして、むしろこういう混乱相場でディーリングの真価が問われるのではないかと考えてしまうのですが…。間違いですかね。
本石町日記
2007/08/14 00:26
本石町日記さん、どうもです。人生は正規分布どころかベルシェイプにすらなっていないのでは?階層、生まれなどなど。一人の人生についていえば、これまでマイナス領域の極端に大きいファットテールだったかも・・・
昔から伝説の投資事例というのは、危機において発揮されていて、やはり最後はディーリング力というか情報力と胆力でしょう。
厭債害債
2007/08/14 08:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
サブプライム騒動‐替え歌(休日モード) 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる