厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS ひとつの有効な現況指数−ホテルの宿泊料

<<   作成日時 : 2007/09/29 15:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

経済は必ずしもその国の人たちだけで支えられるのではない。日本がいい例だ。国内でろくに消費が伸びなくても外需によって収益を得て何とか生き延びている。同じように国内で元気のいい国はろくな輸出品がなくても外国からの投資で生きていける。アメリカがいい例だ。
後者の場合の景気のひとつの指標としてホテルの値段がある。その街やその国へ多くの人が押し寄せお金を落としているひとつの証拠になる。

NYのホテルの値段が異常に高いことは多くの方がご存知であろうが、ここ数年の上がり方は異常ともいえる。私がNYに赴任した2002年ごろ、マンハッタンのホテルは200ドル以下が普通であった。私は出張者をグランドセントラルの真上にあるグランドハイアットに169ドルで泊まらせたし、あのウォルドルフアストリアも200ドル台で泊まれた。9・11と株価暴落で不況の中だったからだ。

今年はどうか?12月の初旬はもともと値段の上がる時期だが、グランドハイアットが600ドル以上になっていて、100ドル台となると下手するとバス共同といったところになってしまう。
ちなみに日本であれば赤坂プリンスやオークラなどのレベルが100ドル台で泊まれる。

今後本当に景気に対する不安があるなら、これだけの値段を払って泊まる人がいるのはやや奇異な感じがする。

ひとつの考え方としてこれだけの値段を払っているのはアメリカ人じゃぁないと言う見方もできる。中国のSWFが巨額の投資を行うことが既に知られているし、ロシアや中東の産油国など、ただ同然の天然資源で巨額のドルを抱え込んでいる。戦略的な意味もあり、米国本土の色々なものを買いあさる動機は強いと思われる。コストがコストだけに買い物の値段に糸目は付けないという状況なのではないか。

むしろ住宅バブルの崩壊を投資の好機として狙っているのではないか。であれば、国内の景気の落ち込みをかなりカバーする程度のお金の流入があるのではないか?アメリカはいろいろな意味で特別の国である。こうした投資によって景気の落ち込みは大きなものにはならない可能性もあろう。

残念ながら、通貨としてのドルは弱いままであろう。なぜならこうした投資はドル資金による投資であって、ドル買いには結びつかないからだ。結果としてインフレ懸念は高まる。多くの人が予想しているような更なるFEDの利下げの可能性はそれほど多くないと考えている。それどころかますます利上げによる通貨防衛の可能性すら出てきたのではないか。

付言すれば、円はさらに弱い。インフレにならないのは国内の一部(地方、低所得層)の経済レベルがエマージング化しているからにほかならないだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
株価 ヒゲと柱
株価チャートであらわされるローソク足では、相場の勢いや迷いなどをよむことができます。その際に注目するのが『柱』と『ヒゲ』です。『柱』の長さが相場の勢いをあらわし、『ヒゲ』の長さが相場の迷いをあらわしています。 『柱』が長くなるということは、『柱』の色があらわす方向に向かう勢いが強いということをあらわします。長い陽線のことを『大陽線』とよび、相場が上昇する勢いが強いことをあらわしています。たとえば株価の谷間で『大陽線』が見られたら買いのサインとよむことができます。 それとは反対に『大陰線』が見... ...続きを見る
株価チャートとは
2007/09/30 00:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
数ヶ月前に仕事でタイ(バンコク)に行ったのですが、現地で泊まったホテルの宿泊料は1泊で日本円で2万円ぐらいでした。東京だったら恐らく1泊3万円〜4万円といった部屋なので、まだ日本の方が高いのでしょうけど、10年後には逆転されている可能性もあるのかなという気がします。
SOS
2007/10/01 00:30
SOSさんコメントありがとうございます。アジアでも高級ホテルは間違いなく値上がりしているようですね。なかなか単純には比較できませんが、通貨価値の変動とあわせて追い抜かれることもありでしょうね。
厭債害債
2007/10/01 06:51
国内のエマージング化はすなわちその地域の衰退ですよね
ではどうして(外国のエマージングと違って)衰退するのでしょう、、、
インフラの充実度が都市より相対的に低い地方では
地域通貨を流通させるといったことで
経済的な停滞状況を打破したりできないのでしょうか
というかそういう研究してる人っていないのかな
はま☆すた
2007/10/02 21:19
はま☆すたさん、どうもです。地域通貨に一定の工夫をして流通速度を増し、需要を創出するというのは一つのアイデアではありますが、閉鎖された付加価値の低いコミュニティーではいずれ限界が来る(というか中央政府の何らかのサポートが必要になてくる)のではないかと思います。
なお、エマージングというのは本来的な語義からは適切な表現ではありません(すみません)がほかに読まれる方がイメージとして捉えやすい言葉を思いつかなかったものですから。
厭債害債
2007/10/03 11:50
ふっふっふ、
地域通貨の成功って大昔の
中央銀行が国家を支配し切れていない時代にもあったんですね。
だんだんわかってきましたよ、お金って奴が。
世の中を支配する仕組みが。
はま☆すた
2007/10/12 02:46
はま☆すたさん、どうもです。いろいろ研究されたようですね。ぜひ今度教えてください。
厭債害債
2007/10/12 06:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひとつの有効な現況指数−ホテルの宿泊料 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる