厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 外貨準備

<<   作成日時 : 2007/10/09 17:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

9月末の財務省の外貨準備が先日発表になってますが、着実に増えているようです。通貨構成は公表されてはいないものの、これまでの介入がほとんどドルだったことにかんがみ、かなりの部分(論者によってことなるが概ね日銀の保有比率である65%という人もいれば定性的行動パターンからみて80%以上と推測する人もいる)がドルではないかと推測されます。

外貨準備の状況

まあ万が一私の部下の外貨ポートフォリオが80%米ドルで構成されていたら、お前はアホか馬鹿かと半日ぐらい説教して即座に改めさせるところですが(必ずしも相場観という観点ではなくバランスの問題もある)、まあお上にはそれなりの事情というのがあるのでしょうけれど(以下なぜか強制終了)。いずれにしても1兆ドルにだんだん近づいてきたわけで、いろんな利用の仕方を検討しつつうまくやりくりしてほしいものです。

ところでデータを見ていて気になったのですが、「その他外貨準備」という項目の中に「金融派生商品」が入っているのですが、いわゆるデリバティブポジションがどのような観点から「外貨準備」となるのかイマイチよくわかりませんでした。かりに評価益の部分を計上するのであれば、確かにその時点では使えるかも知れないのですが、確実な支払手段としてドルにこだわっている財務省の立場からはやや矛盾しているような気がします。まあどっちにしても現在は残高が無いので議論の実益はないのですが。どなたかご存知の方がいらっしゃったらご教示をお願いいたします。

どうでもいいことですが、このスタイルになったのは平成18年8月のデータからのようで、それ以前は「その他外貨準備」の詳細は公表されていなかったと理解しています。まあいずれにしてもわずかな金額ですのでどうこう言うほどのことも無いのです(だったら書くな、という突っ込みはネタ不足に免じて請うご容赦)。なお、平成12年3月末データまでは木で鼻をくくったような発表であり(暇な人は上記リンクからご覧ください)、21世紀になってお役所のお仕事もずいぶんサービスがよくなりましたなぁという素朴な感動でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Sovereign&#8211;wealth Funds(国富ファンド)
溜池通信さんも言っているが、暫くはSovereign&#8211;wealth Funds(国富ファンド)の動きに注意が必要だと思っています。 『カタール投資庁、ドル建て資産を大幅圧縮』や『アブダビ政府系投資会社がコスモ石油の筆頭株主に』、など重要なニュースが目白押し。 ここ、数年は ...続きを見る
うーぱー日記
2007/10/10 09:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ロシアはドルが危ないというので円の外貨準備増やしたようですし、中国はドルやはり減らしてるようですが、やっぱり日本はアメリカと心中するようですね。やだやだ属国は。
美しい属国の人
2007/10/09 18:12
美しい属国のひとさん、コメントありがとうございます。そういえば中国語ではアメリカは「美国」。今思い出したのですが前首相の「美しい国」というのはすばらしいブラックジョークだったのかもしれませんね。
厭債害債
2007/10/09 18:44
金をもっとアグレッシブに買っておくべきだ(だった)と思うのですがねえ。全く・・・以下自粛
EURO SELLER
2007/10/10 04:47
おっ、一部口調がどドラめもんさん所っぽい
日本がドルを持たないといけない政治的理由は「ロシア政治経済ジャーナル」などを見てもよくわかるのですが、
じゃあ中東とかのお金持ちな人達が、ドル資産の一部を円に換えるのはなぜなんでしょ。
そんなに信頼性があるのかなぁ。
もしも円に国際的な信用があるとしたら、それは日本の企業、特に東証一部二部の企業のおかげなんですかね?

自分が他の国の通貨の力を見ようと思ったら、やっぱりその国の企業を見るから。株式市場を通して。
はま☆すた
2007/10/10 22:22
EURO SELLERさんどうもです。御意にございます。アメリカでオイルの値段の上昇を利用して採掘技術が進んだように、金についてもまた金山復活とかないんでしょうかね?
厭債害債
2007/10/12 06:53
はま☆すたさんどうもです。諸外国が円をもつのはあくまで通貨分散(リスク分散)だろうと思います。ひとつのバスケットに卵を全部入れるな、という格言は国レベルでも当てはまるんでしょうね。日本の企業の一部には確かに強い国際的信用力があると思いますが、全体としてはどうなんでしょうか?
厭債害債
2007/10/12 06:57
外貨準備の項目に「金融派生商品」が存在するのは、憶測ですが、介入に際してオプションを利用するケースがあり得るからではないかと。欧州通貨危機のころ、スペイン中銀が使ったと観測されておりました。また、ブンデスバンクも使用したケースがあったとも。超円高のとき、MOFにオプション利用を営業した外資系もあったやに聞きます。ただ、オプション利用の効果のほどは未知数ですが…。
本石町日記
2007/10/14 00:09
本石町日記さん、どうもありがとうございます。なるほどオプションですか。プレミアム分なんでしょうかね?それとも実質的なデルタポジション?通貨スワップの取り決めみたいなのもはいるのかなぁと勝手に推測してみたり。
厭債害債
2007/10/14 17:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
外貨準備 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる