厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 完全になめられてますね

<<   作成日時 : 2007/12/20 01:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

邦銀にはごみためになりかねないSuper-SIVへの出資要請、中国やアラブにはCITIやMorgan Stanleyへの出資ですか。
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601087&sid=aJLg0HLWgBZA&refer=home

あちこちで議論されてますが、これもジャパンパッシングの顕著な例です。SIV出資要請が来たときにどうしてそういった銀行等への直接出資もさせてもらえるよう日本は条件闘争しないのでしょうかね。グローバルな金融への楔を打ち込む絶好のチャンスなのに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
モラルリーダーの認識
かつて明治のころは、その顕官達の中には ...続きを見る
志の歴史
2007/12/23 18:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
全くその通りなんですが,5B$も出すとなると株主や国民から文句の出ない王制(首長制)の国か社会主義の国のSWFでないとすんなりとはことが運ばないのでしょうねえ。そう言えばシンガポールGICもUBSに出資しましたから,後になればなるほどまともな出資者がいなくなります。12月中に決算発表できたところはラッキーなのではないかと…1月の米国決算だけでなく2月の欧州決算は大変です。
EURO SELLER
2007/12/20 05:12
ちょっと議論がかみ合っていませんでした。出す出さないではなく出資先の質の問題についてはおっしゃるとおりです。
EURO SELLER
2007/12/20 05:14
でモルスタが頼んだのは、自由主義陣営の同士ではなく、ずーっと悪者扱いしてた、人権のない国の独占的国営企業ってのがすごいとこですよね。昔のアメ公はもっと節操あったけど、恥も外聞もねーよな。
自由主義陣営の警察官
2007/12/21 00:12
ブログ応援しています。
お仕事大変と思われますが、更新有り難うございます。

シチバンクは本当に日本をなめてると僕も思っています。本当にゴミ箱みたいな扱いですね。
そういう人に対抗するのであれば、必要なのは「アニマルスピリッツ」だと思うのですが、言うのは容易いですね。浅い意見ですみません。
御身体大切になさって下さい。
もうすぐ、お休みです!
応援しています。
マスオカ
2007/12/21 23:16
EURO SELLERさん、コメントありがとうございます。その後もこういうパターンが定着しつつあるようですが、たしかにすばやくこういう投資を決断できるのはSWFみたいなところしかないのでしょうね。ガバナンスから最も遠いようなところが金融システムを救う?っていう結構皮肉な結果かもしれないですね。

自由主義陣営の警察官さん、そうなんですね。もはや昔の関係など言っている場合じゃないということでしょう。

マスオカさんどうもです。アニマルスピリッツは規制や法律でがんじがらめにされた日本の金融機関(日本だけじゃないけれど)には望み薄かもしれないですね。応援ありがとうございます。
厭債害債
2007/12/22 01:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
完全になめられてますね 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる