厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 目的を忘れた仕事はむしろ害悪

<<   作成日時 : 2008/01/13 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080113-00000071-mai-soci
社会保険事務所の人たちにおいて年金制度の趣旨がきちんと理解されていなかったというひとつの例かもしれません。年金制度にとってのメリットとは、「将来の安定した給付」をいかにして担保していくか、以外にありません。役所内の徴収率の競争だって?本気でそれをよかれとおもってやったのなら、そしてそれが役所の常識ならかなりまずいなぁ。
いろいろな場所について言えることですが、それぞれの行っている仕事の意味をミクロに考えすぎる人たちがお役所中心にあまりにも多いのではないでしょうか?もちろん、日々の直接タッチする業務の中でいろいろあることも理解できますし、とりあえず自分たちの業務がスムーズに流れているように見せたいという気持ちも理解できますが、こういう制度の執行は結構深い理念とか社会の制度に根ざしたものですから、末端の人たちが勝手にいじってもらっては困るのです。ミスも感心しませんが、趣旨を理解しない業務運営というのはもっとたちが悪い。
でも、もっとどうしようもないのは、金●法や上●金利の規制問題のように物事の本質を理解しないまま法律ができてしまうことですね。
ま、われわれの業界でも営業所レベルや支店レベルで業績のノルマに対応するためのかなりテクニカルなやり方が横行していた時期がありましたから偉そうにはいえないのですが、なにが今の仕事が目指しているところなのかもう一度しっかり考え直すべきだと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
目的を忘れた仕事はむしろ害悪 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる