厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS ついに

<<   作成日時 : 2008/03/18 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 21

米国の大手証券会社ベアスターンズが事実上の破綻。JPモルガンにわずか一株2ドルで買収されました。金曜日の引けは30ドル台ありましたが、さらにその前日は60ドル台。株主はポカーンという状態かも知れません。しかしながら、ワタクシも含め、多少なりともかかわっていれば、同社がすでにカウンターパーティーとして多くの取引先から拒まれていたことは明白でした。ただ、まさかココまで早いとは、というのが実感です。実際、同社関係者は直前まで資金繰りに自信を持っていました。しかし、それも絞るときはあっという間で実際24時間でつぶれるときはつぶれるのです。

すでにぐっちーさんのところやtoriさんところでも言及されていますように、モーゲージ証券やらデリバティブのことを考えると、破たん処理は「絶対」むりだったと思われ、JPモルガンに救済させる形をとったのでしょう。しかし、あまりにも急だったので、本当にJPモルガンのほうがきちんと精査できているのかという疑念はありますが。

今回で一番まずいなぁとおもうのは、やはり最初にうわさになったところが最初に逝く、という事態になったことで、そうするとまたいろいろと憶測とか飛び交ってしまうのだろうなぁと。とてもじゃないけれど、市場に信用を構築するという機運が生まれるのはだいぶ先になりそうです。

夜のワールドビジネスサテライトではS元財務官がご出演、速やかな公的資金が必要だとぶっておられました。これにはまったく同意ですが、やるからには徹底的な強い意思を見せないと今度こそ収拾がつかなくなりますね。(それにしても、番組で具体的な会社名を挙げて・・・があぶないとか言うのはやめてほしいものですね。このかた頭のいいのはわかるのですが、コントロールが利かない。以前もある集まりで安部元首相の出身学校のことをぼろくそに言ってましたが、20名程度の参加者の中には同じ学校の出身者がいました。そういうことをわからないというのがやはり日銀総裁にはなれない理由でしょうかね)。

信用が崩れるときは恐ろしいですね。金融というのは信用で成り立っている、という事実をあらためて肌で感じる今日この頃。

とりとめもない雑感でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
− タイトルなし −
昨今の株式市場の状況を見ると、東京市場はなったなり、ニューヨークダウは下げないという強い意志が働いているように感じる。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/03/18 19:22
JPモルガン、ベアー・スターンズを買収
米大手銀行のJPモルガン・チェースは16日、資金繰り難で経営危機に陥った米証券大手ベアー・スターンズを買収することで合意したと発表しました。買収は株式交換で、ベアー株1株に、JPモルガン株0.05473株を割り当てます。ベアー株の評価額は1株当たり約2ドルで、先週末の株式市場での終値30ドルを大幅に下回る条件となります。 ***♪かけめぐる買収♪ ...続きを見る
歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。
2008/03/21 00:05
エージェンシー債による日本の金融機関の不安
世界の金融機関の中では比較的安心感のあった日本の金融機関にある不安が浮上しております。 ...続きを見る
ムチブログ
2008/07/12 08:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
妄想すると、ベアーが逝くと困るので、JPも当て馬になった、もちろんFRBも困るので、ベアーの資産(価値は不明)を担保に3兆円の特融、しかもノンリコ。紺蛙さんも指摘しているように、エージェンシー債を担保に取るときに全部やっちゃえば良かったのかもしれません。先週来の対応は逐次投入の感です。
本石町日記
2008/03/18 00:52
私のような未熟者でも次に逝きそうな金融機関はどこだか察しがつきますが、それを得意げに全国放送の番組で喋ってしまうというのは、本当にヒドイですね(私は番組を見ていないので知りませんが・・・)。民主党の某幹部が「元財務官」なら日銀総裁人事に同意できるとか言っているらしいですが、まさかS元財務官のことではないですよね・・・

米国の危機的状況を脱するには、早急に公的資金の投入と金利の引下げを行いつつ、責任の明確化・格付の信頼性の回復・与信判断におけるモラルハザード対策への取組みを行う必要がある、と未熟者の私は思いますが、かの国の超優秀な当局の担当者も政治的な問題もあってなかなか実行できないのでしょうか・・・
SOS
2008/03/18 01:22
「元財務官」はたぶんミセスワタナベの夫のほうでしょう。
EURO SELLER
2008/03/18 01:28
おはようございます。
昨日の朝は大変でしたね、おっしゃるとおりまさか2ドルとは驚きました。昨日JPの株かなり上昇したみたいですが、お買い得だったかは神のみぞ知るってやつですかね。(笑)しかし、公定歩合下げてもなんのそのでドル売られてますね。100円ブレークで通貨オプションの売り方は・・ナミナム(合掌)
ところでSさんって元ミスター¥さん???最近やけにメディアでおみかけするような気がしますが、(選挙??)人の話聞かないし、自分の意見をごり押しするような傾向が目立つ気がして好感がもてないんですよね・・・正にエリート官僚そのもの?
フレッド
2008/03/18 08:56
公的資金救済とは、具体的に何を意味して使っているのか. 実態を明らかにしないまま、公的救済をどのように議論したいのか。
銀行が、救済される理由。
預金は、FDICで保全される。正確には、FDICは、預金払い戻しができない金融機関に対して、保全命令(財産保全、支払い停止、担保処分禁止)を出し、保全手続き下におく。
免許金融機関は、破産法適用でなく、FDICの適用になり、金融機関は、receivershipにおかれる。
救済とは、法的裏づけがあって、されること。
免許金融機関以外には、chapter 11の適用。
以下に答えよ.「市場救済」の法的根拠はどこにあるのか。
そもそも、何を救済するのか?それさえも答えられないのか?
それとも、証券会社の株式を、$2ではなく、前日の$30で買ってあげることか。
直接、FEDが証券会社に担保融資することは、流動性供給にすぎない。その間に、時間を稼いで、返済資金を確保し、解決しなければならない。
FEDは、担保の価値以上を貸すことはできない。質物が、100万円出して買った腕時計が30万円でしか売れない時、100万円貸し出せない。
公的資金1
2008/03/18 09:46
@ $30万の住宅ローンの住宅担保価値が, 今$25万.A FHA適格の支払能力がある債務者に対して,$25万で借換に応じる.予算総額が3000億ドル.B借換費用、モーゲージ保険料, 頭金やら,$5万捻出し,手取りは$20万とする.債務者は元の貸し手銀行に$20万返済する.$10万はどこに?金融機関に、債権放棄を強制できる法律があるのか。
さて7割証券化されているとき,投資家は,事前同意なく,損金として元本をカットされる.AAAプールで,prime loanを含め一斉に格下げされる.どのpoolでそれが生じるかわからない.
C 仮に差押もしないのに, 債権放棄してもらった場合,債務免除益をどう処理するか. 課税免除の法律はない. D FHAローン・プール証券化は, 政府が保証するが,債務者はまたやってくる. 住宅が$20万に下がったと. 
救済はたった$3000億にすぎない.FHA適格でなければならない.ALT-Aにもサブプライムにも適用は無理か.元々信用がプライム層でサブプライムにsteeringされた層だけが対象になる. この案はまだ法律でもなんでもない.
下院金融サービス委員会のバーニー・フラン...
2008/03/18 09:49
差押を選択する場合
$30万住宅ローンの住宅が$20万に値下がった.債務者には, $30万ローンの支払い能力もない.差押されれば, 裁判所介入によらない任意処分による差押でも、皆がいうノンリコースという理由から、貸し手の銀行が、$20万といおうが、$25万と評価されようが、債務者にはどうでもいい。債権放棄され、2007年12月に債務免除益も非課税になったことだし.裁判所が入れば、不足額証明による債務名義がとれることになるので、債権放棄の必要がない。また借換債は、piggybackは「ノンリコース」でもない。銀行は,$20万を$25万で引き取り、帰属清算すれば,会計上詐欺的になる. 差押の量が多く、財務に影響を及ぼすほどの評価ミスであれば、投資家に誤解を与えるではすまない.さて7割が証券化されている. 投資家は差押損失を負担することは契約上同意されている.しかし差押しないで、サービサーとの間で勝手に値決めされて、あるいは任意売却されて損失を被るのであれば、投資家は、サービサーを権限外の財産侵害の違法を理由に損害賠償請求する。しなければ、ファンド・スポンサーから注意義務違反で訴えられる。
吉行誠3 上2つに続く
2008/03/18 09:51
裁判所を通さない差押では、どういう評価であればいいのか.投資家は、手数料だけもらい、損を被らないサービサーがこんなものだろうと決める値段で、損金処理するのを合意できるか.議会は,サービサーの違法性を問わない法律まで,準備してしまった. 投資家はたまったものではない.
契約書が履行されないことが、違法でなくなる。
裁判所差押は、1年も時間がかかり、費用もかかり、誰もやりたがらない。裁判所外差押の値決めは、不透明感がただようし、裁判所が、客観性のない評価に対して、ローンとの債務不足額について、承認もしてくれないから、債権放棄になる。
REOを証券化でやられたら、どう値決めされるのか。売れない物件をdepositor(アメリカの証券かのための証券会社が造るSPVのようなローン買取証券化会社)抱えてしまって、どうするのか。
そういえば、BearがdepositorをするRMBS、CMBSは、どう処理されるのか。放置というわけには行かないでしょうから、operationは全部JPMに移る?
吉行誠 4
2008/03/18 10:21
歴史で習った東京渡辺銀行の話を彷彿とさせますね。
歴史は繰り返す?
(ま)
2008/03/19 01:04
米国の信用収縮は尋常ではなさそうですね。GDPの何倍もの金融バブルが萎み出したのですから、その運動エネルギーを考えれば少々の公的資金の導入では糠に釘でしょう。
インフルエンザが治るのと一緒で免疫機能が働く体制が執れてこそ軌道修正してくるのでしょうが、時間が解決するのを待たないと仕方ないでしょうね。
hbar
2008/03/19 19:05
昔の話ですが、ニッポン放送買収騒動の時もブロキャスで言いたい放題言ってましたね。後日リーマンブラザーズの顧問クビになってましたが・・。
べらべら喋っちゃダメ
2008/03/19 21:56
たくさんコメントいただき恐縮です。本石町日記さん、どうもです。バーナンキ氏がいくら大恐慌の研究者だったとしてもほとんどのFOMCメンバーにとって未知の体験でしょうから、どうしても逐次投入型になりやすいですね。
SOSさんどうもです。本石町日記さん経由で見たbewaadさんのブログで知り合いの日銀マンのコメントとして、「S(注:当方にてイニシアル化)先生におかれましてはその放言癖が、二代続けて放言癖のある総裁に悩まされ続けてきた日銀プロパーの神経を刺激する」という記述があり、まあそうなんでしょうね、と深くうなずくものがありました。
厭債害債
2008/03/20 16:06
EURO SELLERさん、御意にございます。

フレッドさん、どうもです。マーケット参加者も(特にプロほど)何がなんだかわからない状態になっているので、金融政策と為替の関係も一時的によく見えない関係になっていますね。ただ長期的には金利差はある程度為替の動きを説明できると思います。あとは以前にちょっと書いたことがあるノックイン系のオプションの為替版が100円以下では結構あったはず。なにせ、今年の夏ごろまでは2シグマの外という状況が今起こっているわけでして。
厭債害債
2008/03/20 16:12
吉行さんいつもありがとうございます。公的資金の注入先としてはいろいろ考えられるでしょうが、既存の政府系機関(FNMAなど)に転換優先株とか発行させて政府がお金を出すなど、システム的な安心感を広げつつさまざまな証券の買取を間接的に進める方法などがありそうです。FEDがやりすぎるとバランスシートを毀損しすぎて面倒なことになりそうな気がします。個人の救済は優先順位としては今の段階では後回しでしょうね。JPがベアを買った安い値段は当然さまざまな潜在的「責任」込みでしょう。
厭債害債
2008/03/20 16:17
(ま)さん、コメントありがとうございます。まったくそうなんですよ。本石町日記さんによれば速水さんにも石川銀行の名前を出した失敗があったそうな。
hbarさん、どうもです。おっしゃるとおり多少のお金ではどうにもならないかもしれませんが、手をこまねいてみているわけにもいかないでしょうね。ワタクシも個人的にはもっと被害が広がらざるを得ないという感覚です。
べらべら喋っちゃだめ、さんコメントありがとうございます。S氏はリーマンの顧問をされていたのですか?知りませんでした。情報ありがとうございます。
厭債害債
2008/03/20 16:22
しかしあの国対委員長の白川さんに対する発言で、この政党は政権を担当する責任、覚悟、品位等の無さを感じました。いつまでたっても野党やってろよ。
馬鹿むんちゅ党
2008/03/22 21:36
確か昔習ったように、担保を担保にしてまた、借り手、また買って、担保にいれてまた借りてたんでしょう。なので、その逆回転も乗数的なのでしょうね。
信用の乗数効果
2008/03/22 23:15
馬鹿むんちゅ党さん、コメントありがとうございます。福田総理もちょっと後半対応間違えましたかね。ただ、本件に限らず民主党の経済問題に対する対応はいろいろ問題が多いです。特に個別議員のレベルでは。

信用の乗数効果さん、コメントありがとうございます。まったくおっしゃるとおりです。膨らみすぎた信用は蜂の一刺しで破裂します。そうした信用創造の上に成り立っていたのが米国景気なので、信用収縮の影響は短期的には大きいでしょう。
厭債害債
2008/03/23 09:18
FNMAをMTMして、すでに足りない資本の計算
毀損が見込まれる額:Alt-A x 30%, subprime x 60% とし、359.1x.3+55.9x.6= 107.73+33.54= $141.27bn
不足資本: 141.27-41.7=$99.57bn
必要規制資本(証券化残高x0.5% + 保有ポートx1.5%)
定義を変えて,FICO<620:$119bn,FICO<620+OLTV>90%:$27.5bn,OLTV>90%:$226.8bn(9.3%), total badodds:26.8+119-27.5=$318.3bn(13.1%),MBS holding:subp$48.6bn(内wrap$6.2bn)+Alt-A$34.4bn
このとき318.3x60%+41.976x60%+0.424+1.86+10.14+0.2=$228.7896bn
不足資本:228.7896-41.7=$187.09bn
10〜20兆円のnet worthがマイナスになる。Fan + Fredで20兆円の資本調達が、夏ころに議論になるか。
吉行誠 
2008/03/23 14:06
公的資金救済議論
S氏はドル円が90円になるという。70円でも不思議はないと。70円以下は、IMFが介入しないとありえない数字だろうが。根拠はどこにあるのか? 根拠ある計算か。すでに円は、120円からだと、17%値あがっている。
Fan, Fredの必要な資本が、30兆円だとしても、GDPの2%に過ぎない。
国が補填するにしても、たったそれだけ。すでに為替はその分の調整を終えたのではないか。
ただしnationwideのhome equity毀損額を30%値下がりでみれば、3兆ドルとする。GDPの2割が飛んでいくが、資産が消えても、消費が一部減退するに効果に過ぎない。このときクレジットが消えるから、それによって生まれる富が消えると考えれば、与信に対してx20%リターンとしたら、600bnの収益が消えるとすれば、GDPの4%。合計6%がなくなるに過ぎない。為替はどこまでいくのが妥当か。
吉行誠
2008/03/23 14:10
吉行さんどうもです。詳細な分析ありがとうございます。為替に関しては理論値はあるとしても、現実には政治的にドル安はまずいという話になりそうに思えるので意外に更なる暴落は留めるような気がしています。
厭債害債
2008/03/28 03:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
ついに 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる