厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS なんとなく釈然としません(憮)がディスクロージャー強化

<<   作成日時 : 2008/04/20 13:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

進行中の金融危機に関して、先日のG7で金融安定化フォーラム(FSF)のレポート(抄訳はこちら)が採用され、ステートメントでも明確な形で色々な対策が打ち出されておりました。とりわけ、証券化商品のより詳細な内容やオフバランスシートの状況も含めた開示へと向かうことが明示されています。まあこのステートメントを見たときから背筋に冷たいものが走ったわけですが、悪い予感は見事に的中し、ぎょーかいでも2008年3月期からの新たなディスクロージャーが必要とされることになり、これもまた後出しで余計な作業が増える、という結果に(涙)。最近多いですねぇ、こういう後だしと強引なルール変更が。ま、仕方ない部分もありますが。

ディスクロージャーそのものには大いに賛成するところでありますが、おそらくアメリカでここまで酷い融資慣行と殆ど詐欺に近い証券化商品の販売がなかりせば、さらにいえば、あそこまで無神経な世界情勢への取り組みやら大義なき戦争、それと関連した金融緩和と バブルの作成がなかりせば、そしてついでに言わせてもらえば、アメリカ一国でもはや解決不能なまでの対外不均衡が存在しなければ、世界が協調してこういう問題に対処する必要すらないのです。たとえて言えばあまりにもおろかな行為でふらふらになっている人間でも、そいつが原爆を持って立っているのであれば倒れないようにみんなで支えなければならない、ということなんでしょう。

日本の不良債権問題は、最終的に時間をかけて大きな被害を国内にもたらしながら、「自国内で解決した」のです。その結果成長は低迷し、人々の将来への不安は増幅し、少子化が一層進む結果となりました。それでも、戦後我々の先輩方が苦労してためてきた貯蓄があったから、自国の力でなんとかがんばってきています。そもそも日本の不良債権問題の解決過程で、海外の金融機関に対する一層の規制強化とかそういう話は一切出なかったはずです。

ところが今回は問題があまりにもグローバル化したため、世界の金融機関に対する並行的なディスクロージャーの強化ということに相成りました。もちろん、これだけシステミックリスク化したわけですから世界で同時にやらなければ意味がない。それはもちろん十分承知の上です。しかしながら、どうもいわゆる当事者、言い方を変えると「真犯人」の皆様が十分に責任を取っておられないのではないか、と感じられ、その上で被害者も含めた金融機関全般への一種の規制強化という話は、ちょっとどさくさにまぎれてなにすんねん、という感じがぬぐえないでいます。

日本ではバブル崩壊の過程で多くの人々が命を落としました。文字通り亡くなったのです。それにひきかえ、今回のバブル崩壊の過程で米国で亡くなった方は私が知らないだけなのかもしれませんが寡聞にして知りません。自殺を勧めるのではもちろんありませんし、そんなことは意味がありません。しかしまだまだ責任の取り方がなってない。そしてアメリカ市民の多くが被害者だと思っているところにきわめて強い不満を持ちます。世界との関係で言えば十分加害者なんですよね。そしてlこの事態を収拾する過程において犯人と被害者が同等のペナルティを科せられるという事態にきわめて不満を強く持ちます。状況が状況だけにディスクロージャーを一律厳しくするのは仕方ないとしても、最初にあるいは並行的に、最高責任者だけでなく意図的に深くかかわったマネジメントクラスの処罰と財産没収、そして金融界からの永久追放ぐらいは必要ではないかと思ったりしますね。覇権国家としてのプライドがあればそれぐらいはやってほしいものです。

あ、開示作業はちゃんとやりますから。所詮グチですから。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
厭債害債が嘆く米国の腐敗
厭債害債さんの愚痴は非情に良く分ります。 そもそも米国は真剣にリストラクチャリングをしなければならないのに、狡猾なテクニックで世界中に損害を撒き散らして、表面的な繁栄を謳歌している。 パイが小さくなっているから、1部の特権階級が収益を売る為に多くの米国国民は極貧に喘いでいる。二極化という言葉が世紀を越える前に米国で生まれた事にその証左がある。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/04/20 20:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます、開示作業お疲れ様です。
正に”教師を教室に戻せ”ならぬ、厭債害債さんをトレーディングデスクに戻せ!ですね。
かの国には、怒りどころかあきれています。実は、自宅近くに米軍基地がありまして公私共々米国に振り回されています。明け方にF-18が頭上を飛び交えば、嫌でも敗戦国だ(だった)と事を痛感します。 同時に最近では、なんでよその国でこんな事できるのかなぁ〜と不思議な感じがします。
ところで、赤字げ原因でご勇退した金融機関のトップは、それはそれで天文学的な退職金もらいますよね? トップにたどり着ければ何があっても”引けば金持ち、続けても金持ち”ですね。何か変です。 
フレッド
2008/04/21 12:06
フレッドさん、どうもです。まあ、裏を返せばそれがアメリカの実力、なんですが。
厭債害債
2008/04/21 19:57
まー日経にも書いてありましたが、中学校で教師を殴りました、でモンカ賞hああとで通達出して、現場教師をいじめるだけで、校内暴力は逆手をてってエスカレートって、wからんのかねーこの金融行政のくそ役所はよー。こいつらは国賊です。
アリバイ行政
2008/04/23 00:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
なんとなく釈然としません(憮)がディスクロージャー強化 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる