厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本版SWFについてある国会議員のお話

<<   作成日時 : 2008/04/22 19:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

ストラクチャー商品フォーラムのゲストスピーカーとして「くだらない道路問題の審議」(同議員)の合間を縫って駆けつけてくださったようです。

内容は、かなり力の入った30分で、設立までの今後のタイムスケジュール(5月に首相に提言、9月からの国会に上程、12月に可決、3月に設立と運用開始)を話しつつ、「タイミング」(これだけ海外の金融機関が弱っている中で日本のお金が影響力を大きくあたえらえる)の重要性を説いていました。

議員の問題意識は「100兆円を超えるお金を盲目的に米国財務省証券においておいていいのか」ということのほか、公的年金の積極運用や国有不動産の積極活用なども広い意味でのSWFと位置付けておられるようでした。とりわけ年金積立金管理独立行政法人(GPIF)が毎年3%の人員削減を要求されているということについては、しっかり運用をしなければいけない時代になんたることか、と憤っておられました。

また国際協力銀行や政策投資銀行を通じたアジアへのODAまがいの投資も一種のSWFとして、中東のファンドの参加も得てすでに実行されているというお話でした。(ただ両者とも「目利きでない」っておっしゃってましたが・・・)。

ファンドの設立に当たってはトップは国籍を問わずすごい人を持ってくるとおっしゃってました。運用を受託するのも日系の金融機関では無理だというニュアンスでしたね。ほほぉ。国力を回復するために作るんじゃなかったでしたっけ?最近外国の運用者ってそんなにえらかったでしたっけ?

なんとなくお役人と外資に丸め込まれて天下り先をいっぱい作りながら国家の富を外にばら撒くような印象を受けたのは、私の被害妄想でしょうか。あまりよくわかっていないのに、意欲だけがやたら前のめりであるとの印象を受けました。

ワタクシ自身SWFというアイデアそのものには別に反対でもないのですが、まずは負債の管理をしっかりして出来ればそれを外準で為替益が出ているうちに減らしてくれと思っています。むしろ、問題なのは外準の殆どがドルだということですが、これについてはどうも今日の話を聞く限りアメリカの圧力もありドルから外せないような印象を受けました。であれば、ただ単にアメリカのリスクの高いものを喜んで買ってくれる投資家としてなめられておしまいです。まあすでにそうなってますけれど。そういえばなぜこのストラクチャー商品のフォーラムで講演しているのでしょうね。

金融で日本がアメリカなどに立ち向かうのは、前のエントリーにも書いたとおり、非常に難しいことです。それは、本当の意味でのリーサルウェポン(最終兵器)を日本は放棄しているからです。本当に国力増強をいいたければ、まずは憲法改正と圧倒的な軍事力の整備でしょ、とか思うのは危険ですかそうですか。それが現実的ではないのなら、政府は地道なバランスシートマネジメントをやってほしいと思っています。政治家がマーケットのことをごちゃごちゃ考えなくても、任せてさえくれれば国民のお金の運用は民間がちゃんとやりますから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本版SWFについて思うこと
SWFについて百花騒乱というここ数年だ。 中国だとかアラブ等のSWFが活躍している話を良く聞く。 しかし、日本の官僚が資金運用して儲けたという話を聞いたことが無い。 年金の運用とか損の話しか一般には出回ってこない。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/04/22 21:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
ということで、リアルエステートとかインデックスリンクなんて言葉を聞いた人たちが、初めて運用やるときに、ロンドンとかいって受ける印象と、砂漠のドマン中にできた博打都市の価値は違うってわかるじゃねーの。
まー全然違う話だけど、馬鹿なド素人の皆...
2008/04/23 00:03
基本的に特別会計は運用に対して、いくらでも裁量権があるわけで、これが大蔵章のなんちゃら会計に流れておかしくなるから、特殊法人分割民営化となるわけですよ。ってお前らさーNTTとJRがどうなったかということなのですよ。当時一番反対したのはれんごうさま(あっとむかしはそうしょうっていいましたっけ)で民衆党様馬鹿じゃない。
馬鹿な議員に一言
2008/04/23 00:13
おはようございます。セミナー行かれてたんですね、丸1日のようだったのでとても行けませんした。この先生いろいろ頑張っていらっしゃるようですが、どうも青臭いというか上から目線というか・・自分が証券出身なのに子供向けの講演で目先に囚われず農業やれと言ってみたりしてるようで、
なんか嘘くさい気がするんだけど・・・
フレッド
2008/04/23 08:25
はじめまして。いつも楽しく拝読させていただいている一介の民草です。

SWF議論は、当初は特会の利息収入の一部を原資にという話しだと記憶してますが、気が付けば外準全額+年金基金+国有資産と極端に膨張しているのが解せません。過去の国の実績を鑑みれば反対ですね。

かの議員さんのサイトも見てみましたが、そもそも論として何のためにSWFをやるのか?の前提議論が不明確に感じるのが不安です。ファッションで全力投資されても国民は迷惑ですよね。むしろ邦人金融に委託し外資並みに凶暴に鍛え上げる(国の名義と分離しないと何かと…)ほうが改革開放路線との相性は良いような気がします。
ubon2k
2008/04/24 05:23
馬鹿な議員に一言さん、どうもです。お役人さんに運用の基本を決めさせてはいけない、という点については同じ意見です。

フレッドさん、どうもです。まあ議員さんというのは八方美人的な要素も必要になるから仕方ない面があるかもしれませんね。でも、上から目線が今回のSWFとか東京金融センター構想には強いような気がします。

ubon2kさん、コメントありがとうございます。以前にも書いたことですが、当局者は受託先にはじめから日本はだめだと思っている節があり、海外のヘッジファンドとかそういうところに決めウチしそうな感じがします。そういう運用も、今回のマーケットの騒乱の一因となったことに多少なりとも思いをはせてもらいたいと思いますね。
厭債害債
2008/04/27 13:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本版SWFについてある国会議員のお話 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる