厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS ムーディーズに関するネタ

<<   作成日時 : 2008/05/22 01:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

21日FT一面の記事(“Moody’s error gave top ratings to debt products”)。FTがCPDOなどの資料を精査して見つけたようです。
かいつまんで言うとプログラムにミスがあったとか言うことらしいのですが、最大4ノッチ違っていた可能性があるってのは豪快ですね。要するにAAAだと思っていたらA1だったというケースがあるということ。ムーディーズのほうでもこの問題を深刻に受け止めるとの回答を出しているんですが、もしかしたら訴訟沙汰に発展しかねませんね。一種の製造物責任みたいな感じでしょうか。

投資家サイドとしては、格付け会社には言いたいことは山ほどあるものの、彼らの存在が信用市場を活性化させ効率性を増している部分は否定できないのであります。格付けに全面的に依存する投資家にも責任の一端があるのですが、全面的に依存することで回っているという部分もあるのですね。すでに資本市場のインフラとして不可欠になっているのだから、より厳しい自己規律と監督のなかで活動を続けてもらうしかないと思います。同時に最終的には投資家の自己責任というところを改めて強調しておくってところになりますかね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ぱらぱっぱぱらっらららららーてな、芸人がいましたが、今じゃどこにいったやら、という具合に数年前までに神から授かった、正当性性の象徴のようにきらめくAAAてな話官民あげて、奉りまつり、JGBはアフリカ新興国以下のバチあたりだといわれておりましたが、で三階級特進って戦死していねーのに。というぐらいだれも信じてません。
ムーディー何やら
2008/05/22 01:27
CPDOはMerが武富士にやらせて全額損失商品だ。
通常、structured prodcuts格付けでは、アレンジャーがcashflow modelをつくって、格付けもらいにやってくる。modelはcriteriaが確立していれば、それにそって作るだけ。計算結果がでる。依頼者がAaaを求め、格付会社がそのためにはxxxが必要という反応で、業者は再計算してみる。小さい担保掛目、緩いトリガーなどできる限り有利な条件を求めて、そのやり取りの繰り返し。CDOやらCPDOも例外ではない。
業者は、calibration能力ばかりか、recalibration能力があるし、リパッケージするにも、reverse engineering能力がある。もしcoding errorが起こっていて、何社も何社もアレンジャーが皆こぞって、本当は65点なのに、3.5個余分に間違って正解にしてもらって100点になって、自分に有利だから、黙っていようと、たまたま考えたというのか。
吉行誠
2008/05/22 14:19
もしAmroに続いてCPDOをだしたLEH,MER,Dresdner,JPM, BSC,HSBC,Barclays,SocG&eacute;nが,model検証さえもできなかったというなら,structuringもできなくて,Mの神だけが知るblackboxだというなら,信じる投資家はどうしようもないあほか.さまざまな想定ももとづくシミュレーション結果のcomputation materialさえも出せず,説明義務違反でしょうし,理解もなく買うのだから,買う投資家も自己責任。
投資家はS&Pだけで買えないから,second opinionとしてMdyを求めた.業者はM格付さえあれば売れたので何でもよかったのか.subprimeと同じmethodologiesミスでしょう.Fitchはそんなレバ商品はAAにもならないと一蹴していた.銀行連中は,CPDOで90%損失カットするのは主犯だからしかたがない.Aaa引ったくり泥棒の銀行に損害賠償など求める資格があるか.金融商品提供者の注意義務違反ではすまない.それでも証券法は,悪意を違法性の要件とするのか.
吉行誠
2008/05/22 14:23
AMX,CDX、CMBXにしろ、それをパッケージした投資商品だろうと、機関投資家はプロなんだから、格付けなしで自分で判断するのが仕事だろう。社債など、インフラとしての格付の必要性はさておき、そうしたstructured derivatives productsの分析は、自分でできるのが当然でしょうに。生保でも、ストラクチャードとかクレジットとか名称のある部署がいくつあるのか。全面的に格付け依存だって?
自己責任。そんな分析もできる能力を放棄して、格付けだのみって、fidcuciaryが問われるだけでしょうに。
CPDO criteriaが出ているんだから、投資家も勉強すれば、recalib位できる工学系の修士はわんさかいるだろうに。いや、いなかったら、買った場合には、執行役員の責任でしょう。専門家としての注意不足による責任。
武富士CPDOが金ビ5/1号にあったので、見てみたら、記者が理解できるだけしか書いていない。値下がり原因も評価もできない。雑誌社は金融読者の必要なことが見えていない。
吉行誠
2008/05/22 14:30
4ノッチ違っていたと言われても、最近の状況を見ていると、「誤差の範囲」ってことなんでしょう。10ノッチぐらい違っていたということでも全然驚きませんね。
SOS
2008/05/23 01:08
ムーディー何やらさん、どうもです。まあ投資家としてはもともと「使える格付け」と「使えない格付け」ぐらいの切り分けはやっておりましたので。あと、多くのコメントを頂きうれしいのですが、まあできたらでよろしいのですが、ニックネームのところを統一していただけるとなにかとありがたいです。

吉行さんどうもです。ご指摘の点まったく其のとおりだと思います。格付けは格付け会社が勝手に出すのではなくあくまで其の商品を作る業者の求めに応じ、相談して細部を調整しながらたとえばトリプルAという結論ありきで作りこんでいくのでしょう。その結果が間違っていたっていうのは、ワタクシの目から見ても「間違い」ではなく「詐欺」に近いと感じます。投資家の責任についてもおっしゃるとおりです。判断できないものを買った場合、フィデューシャリーのところが問題になると思います。
厭債害債
2008/05/23 06:17
SOSさんどうもです。結果として、4ノッチ以上の影響はでてますよねぇ。
厭債害債
2008/05/23 06:20
申し訳ありません。ニックネームを統一します。
短期金融市場→日銀営業局
債券市場→なんたって89回
年金および資産運用→かるパース
財政および国政→第二臨調もしくわOk省理財局
海外情勢→じぇトロ
ムーディズなにゃらです。
2008/05/24 01:27
ということで、ネタえおひとつ。今TVで見たら、国税局がNHKに追徴した話やってました。で報道するマスコミすごいよね。こいつら誰も苦労しねーもん。
第二臨調
2008/05/27 21:27
でもうひとつ、運用方針の違いか何かで本家は色々あるようで、ちなみ年金資金の最大の驚異は何でしょう。そうインフレなんですよ。そうソ連崩壊時の赤軍年金英雄の悲惨さみましたか。
ということで、年金資金が短期的値上がり欲しさ(まーCIOは10年以上もいねーからな)に、商品Fへ投資って自殺行為だと思うのは私だけでしょうか。
かるパース
2008/05/27 22:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
ムーディーズに関するネタ 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる