厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS カリフォルニア州オレンジカウンティーにみる差し押さえ住宅

<<   作成日時 : 2008/06/18 18:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

こちらのサイトからたどっていくとカリフォルニア州で競売に付されている物件の映像にたどり着きました。
説明文を合わせて読むと興味深いのですが、これらの中古住宅の値段が2006年ごろのピークからみて最低落札価格のレベルが3分の1ぐらいになっています。そのぐらいの相場観ということでしょう。

それにしても一部の家はこれだけ荒らされるとよっぽどのことがないと買い手はつかんだろうと考えてしまいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
地下鉄の落書き状態ですね。最低価格でも売れるのかどうか。これだけ荒らされるのは場所柄が良くないような。廃屋化する物件も結構多いのかもしれません。
本石町日記
2008/06/20 00:17
本石町日記さん、どうもです。もちろん、われわれは切り取られた写真からすべてを判断するわけには行きませんが、あらされることによるスラム化という悪循環もありそうですね。
厭債害債
2008/06/22 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
カリフォルニア州オレンジカウンティーにみる差し押さえ住宅 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる