厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS NHKドラマ「監査法人」と長銀粉飾事件最高裁判決

<<   作成日時 : 2008/07/07 19:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

いえ、偶然だと思うんですけどね。

上記最高裁判決の期日が7月18日(金)。

でもってドラマ「監査法人」の最終回が翌日7月19日(土)。

なにせドラマのテーマはいま企業の粉飾に手を貸し自らも粉飾といわれている「東都銀行」と日本経済の行く末ですし、ドラマの中の監査法人は「ジャパン監査法人」で実際の長銀の当時の監査法人は「新日本監査法人」。まあよく出来てますこと…。

ところでニュースによると、最高裁では口頭弁論も開いているので(通常は原審の判断を覆す必要がないと判断する場合は口頭弁論は開かれない)当時の長銀頭取らに無罪判決が出る可能性が高まっているといわれている。実はこの裁判の争点のひとつは、当時「みんながやっていた」資産査定でやってたら検査でその恣意性を指摘され粉飾となっちゃった、というところではないでしょうか。まさにドラマと同じような内容なので、この時期の合わせ方についても(そしてやっつけ仕事的なドラマのディーテールから伺われる制作のあわて方からも)どうもこれを機に何かを言わんとしているのではないか、と推測しています。

いずれにしても結末がますます楽しみになってきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
もうあれから10年なんですね・・・・
奇しくも、あの時散々売り浴びせた対岸の連中が、今度は金融危機とは不思議なものですね。
フレッド
2008/07/08 09:15
お久しぶりです。
脚本が最高裁判決の方向感と同じ方向を目指しているのか逆の方向を目指しているのか、はたまた第3の方向感なのか、確かにおっしゃるとおりに興味深いところがあります。
偶然なのかなあ・・・(笑)。
ろじゃあ
2008/07/08 17:39
フレッドさん、どうもです。ひと時代すぎましたねぇ(しみじみ)。人間とは他人から学習しない生き物である(しみじみ)。

ろじゃあさん、どうもです。ちょくちょくそちらにもお邪魔しています。さいきん当時のことに触れた色々な本(例:「さらば財務省!」)が流行っていたり、植草さんが復活してたりしますが、これとの関係でも興味深いです。
厭債害債
2008/07/10 10:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHKドラマ「監査法人」と長銀粉飾事件最高裁判決 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる