厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS いよいよ欧州

<<   作成日時 : 2008/10/05 12:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 7

これまでごまかしながらやってきた欧州の金融市場がついに炎上しました。問題点はアメリカと基本的に同じで、収益至上主義で業務を必要以上に拡大してしまったところがやられています。ドイチェヒポという不動産融資専門会社の子会社でアイルランド籍のデプファは本業が地方公共団体や公共事業への貸し出しであるにもかかわらず証券化商品や住宅ローン債券などへの投資を進め苦境に。ドイツ政府の仲介でドイチェヒポに銀行団の救済が入ることになっていましたが、これが白紙に戻されたというニュースが入ってきました。統一通貨や各国の金融監督と言った制度上の矛盾が解決を難しくしています。

アイルランドやギリシャは、自国内の預金や銀行債務について今後2年間の全面保護を宣言しています。(デプファは含まれないそうです念のため)。オランダは決済業務にも重要な役割を果たすフォルティスを完全国有化すると宣言。今後もいろいろ出てくるでしょう。

ここで注意しておかねばならないことは、EU域内では自国の金融システムに特別の保護を与えることは一種の補助金とみなされEUルールに反する可能性があることです。救済を発動した国は、今のところこれらのリスクを十分認識しながらあえてこのような行動に出ていると見ることができます。逆に言えば、そこまでしなければならないほど事態はきわめて急を要し深刻なものだと言うことが見て取れます。

いよいよ本丸に火の手が上がったという趣です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
明日が怖い
明日は米国で先進7カ国の財務相・中央銀行総裁会議が集まり、協議するようだ。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/10/05 16:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
先日欧州の以外な対応の早さに驚きコメントさせていただきましたが、やはりドタバタしていますね。フォルティスの事業は結局国有化することになり、ハイポ・リアルエステートの救済計画も頓挫してしまったようですね。地域全体での救済策などワークするはずもなく、今後は各国が各国の出来る範囲でやっていくしかなく、連携が乱れていくことになるのでしょう。これから数年、ヨーロッパがどのように変化していくのか大変興味深いです。
植田日銀総裁
2008/10/05 21:57
明日は国慶節の大型連休開けの上海市場です。ここはここで、マーケットに不慣れな新興国家所以の混乱が予想されます。大きければ、欧州に飛び火して火に油を注ぎそうです。ああ怖。
Hbar
2008/10/05 22:04
Hypoが経営危機と言われて、「HVBというかUniCreditもついに・・・」と思ってしまいました。ヒポ・レアル(Hypo Real Estate Bank / HRE Holding A.G.)のことですよね?

hypoはドイツ語で抵当(hypotheken)を意味する言葉で、hypothekenbankは抵当銀行を意味します。hypothekenbankは、ユニバーサルバンク(英語のUniversal Bankとは意味が異なるので注意)とは異なり、ファンドブリーフ債と呼ばれる非常に流動性が高く格付けの高い債券を市場発行して、主に不動産貸付と地方公共団体向けに貸し付けを行う業態のことで、最近はよく知らないのですが僕が学生だった数年前には20くらいあったと思います
von_yosukeyan
2008/10/06 22:07
ファンドブリーフ債には、不動産抵当の抵当ファンドブリーフと地方公共団体向けの公共ファンドブリーフの二種類があり、またhypothekenbankにはHVBのように、過去の経緯から抵当銀行業務も行っているユニバーサルバンク(預金振替法に基づく株式会社Aktiengesellschaft:A.G.)から、HREのような抵当銀行法に基づく株式会社形態、Munchener Hypothekenbankのように登記協同組合(eingetragene Genossenschaft:e.G.)とイロイロありますが、概ね手形短期債務:抵当:公共=3:3:3くらいの構成で、住宅金融専門という表現は正しくないと思います。
von_yosukeyan
2008/10/06 22:23
なので、苦し紛れ逆切れで、レームダックだろうが、何とかしろよ日米ですかね。でいきなり緊急G8という発想がなさけない、ベルちゃんもサル君も底が知れますね。ハイ。君たちが頼るのはアラブとロシアでしょ。プレミアリーグを見習おう。俺たちはサッカー嫌いなんだよ。
で冗談はさておいて欧州に火の手があがり大西洋を猛火が渡るとき、やはり防波堤はアラブとロシアでしょ。その間に太平洋は広いので延焼が広がる前に何とかできるはずです。日米ともに皮肉にも民主党がこんな時に政権奪回とかいってバカやってる場合じゃないことに気づいてほしいな。自衛隊と公的資金は出すときは出す。で火事にはなれてるアジアの国々なので、今はこっちに防火する体力ありますから。
かるパース
2008/10/07 00:10
植田日銀総裁さんどうもです。ますますどたばたしてきましたね。欧州。

Hbarさんどうもです。新興国は今回は独自の動きになりそうです。いずれにしても健全な内需があればいずれ立ち直るでしょう。ただ、世界的に無理やり需要を膨らませてしまったところが一気に縮小してしまった事ゆえのショックは影響を及ぼさざるを得ないでしょうね。

von_yosukeyanさんどうもです。ご指摘のとおり、同行はもはや不動産専業とは言いがたいものはありますね。ありがとうございます。それにしてもファンドブリーフはまったくマーケットになってませんが、協会が流動性とかビッドオファーとか約束していたあの大見得はどこへ行ってしまったの?と言う感じで。
厭債害債
2008/10/08 06:57
かるパースさん、どうもです。今回に関しては、アジアの貯蓄余剰国で国内にお金が滞留している国は圧倒的に有利です。
厭債害債
2008/10/08 06:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
いよいよ欧州 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる