厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS DTCCによるCDSのデータ開示

<<   作成日時 : 2008/11/05 19:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 20

DTCC(The Depository Trust and Clearing Corporation=米国の証券決済機関DTCの親会社)が10月31日の週末現在からCDSの取引及び残高データを開示しており、昨日公表されたようだ。
http://www.dtcc.com/products/derivserv/data/index.php?lpos=home_splash_promo&lid=index.php
基本的に相対取引であり実態がよくわからないためただですら疑心暗鬼になりがちなところに加え、巷間でノーショナルと実体リスクを混同しがちな議論がまかり通ったりするので、こういう試みは市場の余分なノイズを減らすという意味で大いに歓迎されるところである。また、いずれはCDSそのもののクリアリングハウス(決済機関)もできるだろうから、カウンターパーティーリスクの軽減も図られる。「山よりでっかい獅子は出ん」ということだがその山の大きさが正しく市場に伝われば不必要なボラティリティは軽減される。

データそのものもなかなか興味深い。これらのデータはディーラー(投資銀行などを含むCDSのマーケットメイカー)やその他投資家などが参加するTIWといわれるデータベースをDTCCが管理することで約90%のCDS取引を把握しているようだ。ある証券会社の人に聞いたところ、CDSの取引をDTC経由(電子取引)で行うことで極めて簡便なオペレーションができるため、概ねそれで業者間取引は成立しているようであり、それゆえこういうデータベースが成立つとのこと。

これによれば、グロスで見た全体(個別、CDX含む)のノーショナル(名目額)は約33兆5600億ドル。ただ、多分、ディーラー間のヘッジ取引もすべてカウントされるため、実質的な市場のリスクはこの数字より格段に小さいと推測される。

この点参考になるのが、個別のリファレンス企業等についてのCDS残高で、こちらはノーショナル残高上位1000主体についてノーショナルとネット(プロテクションの売りと買いの差)が両方表示されている。これを見る限り、ノーショナルのざっくり10分の1がネットという感じだ。ネットはおそらく今市場がとっている実質的なリスク額という意味であろう。実際、この金額は概ねプロテクションの売り手と買い手の間でクレジットイベントが生じた時の最大資金移動額を表すものであるとデータの読み方の解説も書いてある(要するにこれに損害率を掛けた金額がネットの支払額になるという意味)。

以前にリーマンブラザーズのCDSがセトルされる際、資金不足でこける金融機関が出るのではとか言われたが実際は60億ドル程度であったため何事もなく済んだと言われる。要するに事前にノーショナル額の噂が一人歩きしたための疑心暗鬼であった。今回のDTCCのデータ開示により、そういった問題がいくばくでも解消に向かうことが期待される。

ところで、データを見て興味深かった点をいくつか。
・ 個別のCDSとほぼ同じぐらい指数(CDX)のノーショナルがあるのですね。
・ 個別レファレンス先クレジットでノーショナルが最大のものはトルコ共和国。ただしネットで最大はイタリア共和国。イタリアはリスクの割りにスプレッドが大きいとみてリスクをとる人が多いのか?
・ 金融機関をリファレンスとするネットポジションは意外に小さい。

とりあえず、勝手な思い込みで書いた部分もあるので、間違いがあればご容赦の程。

こちらのブログはいつも参考になります。
http://dbsb.blog116.fc2.com/blog-date-20081101.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
厭債害債x「DTCCによるCDSのデータ開示」について書いているので一言
記事を見ていて思ったことは市場であって市場で無いということだ。 支障と言うのはあくまで何の偏見も無く、己が感じた取引をするところに資本市場の長所がある。 ...続きを見る
よく考えよう
2008/11/05 22:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
早速リンク先拝見しましたが面白いですね、特にテーブル6のtop1000。日本企業の名前が以外に少ないと感じたのは、やはり現状の国債競争力みたいのを現しているんでしょうか・・
クレデリ専門ブローカーの方と以前話した事があるのですが、マーケットが動きすぎても値が付かないし平穏だとこれしかりで、世間が騒ぐほど場は立っていないとの事でしたけどね。日本の話ですが。
フレッド
2008/11/06 09:20
●私も見ました。こんなのがあるなら早く出して欲しいですよね。相殺すると意外に小さくなるというのも至極当然の理屈ですが、「大変な爆弾になる」と最初にソロスが言い出したのは何だったんでしょうか? 
●彼は本当に実態を知らなかったのでしょうか?それとも相殺すれば1割程度に縮小することを薄々知っていながら、市場に不用な雑音を流して相場でひと儲けしたんでしょうか?彼の過去の行動を考えると、全く知らなかったようにも思えませんが…
いつも見てます
2008/11/06 18:50
相場は科学でなく思惑にで動きます。科学であれば1割なんでしょうが、思惑は千倍にもなります。陰陽師ではないですが、怨霊・祟りと思うのが人間の為せる技なのでしょう。一概に責める訳にはいかないのでしょう。
Hbar
2008/11/06 21:06
まー今日の日経君にも出てましたが、ネットで高々でしたね。なんか最初は数百兆円でなんていって、危機をあおりたかった、マスコミと相場操縦ヘッジFが騒いでましたが、たかだかですよね。で日本企業の残高がとかいってますが、用はつぶれないのですよ。で日本にいたっては本当にすずめの涙です。
ということで前回のソニーに続きトヨタショックで、株全体を売るなんてバカでしょ。
この状況下で数千億円の利益を出す企業なんて世界にあるかね。ボロボロのビック3とは違うのに、何でそれ以上売られるのか考えましょうよ。おかしいでしょ。とううことで、真の意味で今こそ個人投資家やらが株を買うチャンスです。おれも買うぞ年金はよ。
かるぱーす
2008/11/07 23:24
でド素人の方にもっとわかりやくくいわないといけないのは、想定元本とかその取引量は現実経済とは関係なく膨らむのですが、その元資産が変わらなければ問題は余り大きくないということです。
そもそも先物も現物の裏づけおよび証拠金の裏づけをがあってやっているはずなのです。でここで日経のアホ記者が何の為に出したかしれないけど。今日乗ったリストの日本企業の破綻可能性はほとんどないでしょう。とすればリスクはネット残高からいっても非常に少ないですね。
でこういう解説をつけないで、誰から言われた記事をそのまま提供も考えずに乗せてしまうのが、本邦経済誌NO1といわれるのがさびしい限りです。マー昔からでしたが。
かるぱーす
2008/11/08 00:10
潔くCDSは全部飛ばしましょう。

それが一番楽なんじゃないかと・・・・
KAZZT
2008/11/08 01:50
かるばーすさん、こんなの関係のない無責任発言が未だに横行していますよ。放置はまずい。
AIG, monoline保険のCDOの40%の情報が不開示のまま。銀行のリスクに関する真実は闇の中との記事あります。AIGはCDS追加担保のための借入とCPを政府に救済されたままで、未だ借入は増加の方向ですが、返済のあてが予定されたのでしょうかか。大手monolineは格下げされたばかり。
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=90003001&sid=aQOcGIzwRbMA&refer=commentary

http://dbsb.blog116.fc2.com/blog-entry-148.html
(記事は147.htmlから続き)
アメリカで評価されるアナリストはCDXや単一nameの現金決済選択したCDSではなく、CDS現物決済のリスクが残っていると未決済CDSの流動性ブラックホールを指摘もあります。
http://us1.institutionalriskanalytics.com/pub/IRAstory.asp?tag=319
FYI
2008/11/08 13:51
この場合ネットがゼロであっても問題が起こる可能性はゼロではないと言う事だと考えます。ポジションの偏りが問題になる可能性があると言う事です。余裕綽々の方がリスクテイクするのは問題ないですが、そうでない場合は影響があるかもしれません。AIGの問題は、基本、この偏りだと考えますが、如何でしょうか。問題ないを祈りますが・・・
はじめまして ネット(大まかな統計)では...
2008/11/08 14:50
かるばーすさんの確信ある意見によれば、証拠金の積んでいるし、メディアのバカが騒いで社会不安を煽っただけで対して問題ないとのことでしょう。
AIGやモノラインCDSは、たぶんヘッジ不能な現物決済しかありえないようなMBS担保(企業信用でなく)のシンセCDOで現金担保をいくら積んだかわからないから、AIGが返済期限まで猶予があるから財産処分して10兆円といった規模の返済できるか誰が保証できますか。債務超過かどうかも見えなくなっていませんか。AMBAC, MBIAも同様でしょうか。
FYI
2008/11/08 15:34
FYIさん
私が間違っていました放置はまずいですね。すみまん。
単にアホで思考が付いて行けなくなっただけです。
kazzt
2008/11/09 12:13
が問題となるならクレジットイベントになったら面白いかも。引き渡し出来るモノは十分なのかな?
現物決済
2008/11/09 17:42
かるぱーすさんは言う。DTCCが企業や政府CDSで市場の4割しかカバーしていなくても、CDSリスクはネットエクスポージャーで測れて、現金担保が入っていて現金決済不能なファンドは出ないから、全額のリスクにはさらされないから大したことない。破産したら決済は履行されず、オフセット差金ではなくノミナルなリスクが現実になるけど、そんな破綻するファンドもでないから心配がない。AIGのCDOリンクCDSが4400億ドル、格下げされたモノライン2社で1900億ドルは、現金決済されずオフセットできないとしても、AIGがさらに追加担保資金が足りなくて、最後は支払い不能に陥ったとしても、日本の銀行のCDO-CDSリスクは小さいから心配いらないことくらい、バカな素人とメディア以外は、誰でも分かること。だからN中には資本注入など不要だ。マージンコールは9月1500億ドル、10月3800億ドル。
FYI
2008/11/09 17:48
FYIさんバカな素人は金のことは何も分かりたくないのですが・・・それでも立派に生きてたりするんですよね。今回のバブル崩壊で吹っ飛んだお金でインフラ整備していたら・・・確かに無駄な道路も大量に作られたでしょう、でも有用な道路も作られたでしょう。
もっと有効なのは大仏やピラミッドを作ることです。投機を愛さず、無限時間を希求すれば、金余りは時間を超える力に成りえるんです。(戦争は苦しみを生み出すので論外です)
金融業者(アメリカの金融)に金を貸したおかげでほんとうに何一つ生み出さず、紙切れが大量に吹っ飛びました。
数字は実物に乖離して存在してはいけないのですよ。
kazzt
2008/11/11 01:35
コメントありがとうございます。この場合問題は、本邦経済に対する影響がどれくらいということなので、欧米がどの程度ひどい状況かはある意味問題ないのです。
で問題はソニー、トヨタの決算を材料に一気に売り浴びせていこうというやからを助長するかのようなこういった記事が出るタイミングですよ。
常に情報はその背景を読まなければいかんのです。
昨日のXファイルの見すぎですかね。
かるぱーす
2008/11/11 23:17
ではやい話が、松坂の移籍で動いたかねが100億円ですが、松坂が子どもと遊んでいて怪我をして一年間を棒に振る可能性もあり、球団はどこかの保険会社にそのリスクヘッジに保険をかけます。でその保険をかけられた保険会社は、またそのリスクをヘッジするためにどこかの保険会社にヘッジのやめの再保険をかけます。
一方こんな奴はうまくいかねーと思った奴もその賭けにのります。松坂はが5勝どまりならって言う保険もどこかで作られます。松坂、球団は何も知りません(確かCDSにも日本とか言うカテゴリーあったが別に日本政府はそんなの知るよしもなし)こんな感じで「松坂」にまつわる保険金額というか「掛け
」金は本人の知らないところで無尽蔵に膨らんでいくのです。
で今シーズン終わって松坂は何事もなく大活躍でした。でこの掛け(保険)に掛けたバカどもは、大騒ぎですが、松坂には関係何の関係もありません。仮に球団がこの賭けで負けても、どこかに移籍すればいいのです。でその掛け金の総額が移籍金のでかさもあって100奥弗でしたとさ。
松坂はデリバで吹っ飛ぶか
2008/11/12 00:40
ということで、まだわからん人たちに日本経済を代表するといわれる株式市場の先物の銘柄数って君たち知ってかな。で当然受け渡し限月ってミンナしってるよね。でそれで想定元本って膨らむよね。
でメネージド何チャラFが、らっせる何やらとか、NIKEEIと大証とか、ジャスダックとかってあるのでその間でアービトラージやってたりしたりしてさー。ということで、今日に日経に昼過ぎからの突然の下落ってまたSGXかいあーあ、SGX、CMEの225は賭けだから気にしないでね。
日本株式
2008/11/12 22:40
みなさん、コメントありがとうございます。公私にわたり多忙につきお返事がなかなかできず申し訳ありません。今回のデータはあくまでDTCが把握しているだけのものであり、これ以外の要素は確かにあるかもしれませんね。
厭債害債
2008/11/13 08:41
素人の質問ですが、CDS取引のネット金額はゼロになるのでは?
この統計では捕捉されていない取引があるということ
でしょうか?
aaa
2008/11/13 10:23
数字がものすごく危ないんだけど・・・・
人間は何故だか平気で生きられる。
数字が乖離して暴走し続けるけど、僕は何故だか平気で生きられる。
乖離する金(妄想)が有るから安定するのかな?

ただ確実に言えることとしては無限長期時間を目指すことは無限少時間を目指すことと同義です。

でもゼロという概念は異質です。さらにゼロの逆数は・・・・・
kazzt
2008/11/15 01:25
aaaさん、社債保有者がいるし、unhedgedもいる。ブルンバーグによれば、DTCCの15.4兆ドル契約のネッティング額は1.8兆ドル。http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601009&sid=aJzpw_m1iC4M&refer=bond
かるばーすさんの説明の通り追証は日々要求されるが、AIGやモノラインのようなAA格付け以上では、BBBなどに格下げがあったとき初めて担保請求が発生する契約で、そのときはCDSが跳ねていて、急に巨額準備金が必要になるが、全額のため資金調達ができないから、政府から借りてGS、UBS、DBなどに支払うことになる。AIG救済はCDS相手に対する救済か。月額のCDS追証はhttp://3.bp.blogspot.com/_rWY3qGfe6gc/SRQAssvqYYI/AAAAAAAABag/zqKMOgTBNF4/s1600-h/CDSmargin.jpg
FYI
2008/11/15 16:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
DTCCによるCDSのデータ開示 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる