厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラックスワンのない世界に向けての10原則

<<   作成日時 : 2009/04/08 15:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 2 / コメント 6

”Ten principles for a Black Swan-proof world”(FT4月8日付より)

「Black Swan」や「まぐれ」で有名なNassim Nicholas Taleb氏がFTに書いてました。

1. 脆弱なものはそれが小さいうちにつぶせ
(現代では大きな組織に大きなリスクが隠されやすくなる。Too big to failなどという開き直りを未然に防ぐということです。)
2. 損失の社会化と利益の私物化を組み合わせるな
(この組み合わせは資本主義と社会主義の悪いところの組み合わせですね)
3. 目が見えないのにスクールバスを運転していたやつ(そしてぶつけたやつ)には新しいバスを運転させるな
(これまでえらそうなことを言っていても、システム崩壊を未然に防げなかった学界、規制当局、中央銀行、政府役人、エコノミストを擁する多くの組織などへの厳しい非難です)
4. インセンティブ・ボーナスを受け取れる立場の人間に原子炉を操作させるな
(保守的という言葉を使いながら利益のために安全装置をとりはずしてしまったことへの反省。ボーナスシステムは今我々が置かれている状況とまさに表裏一体のものである、という批判であり、インセンティブをつけるならディスインセンティブもつけるべきだ、というきわめてまっとうな意見を彼は述べている)。
5. 複雑さは単純さをもって制すべし
(グローバル化がもたらす複雑さに対して、金融の世界は単純さをもって対応すべし。つまり道具まで複雑にしてしまうから、事故が起こりやすくなるということでしょう)
6. いくら警告書が付いていても子供にダイナマイトを渡すな
(そもそも複雑なデリバティブはほとんど合理性も薄く、禁止すべきという主張である)
7. 「信頼」が必要なのはインチキスキームだけだ。政府は「信頼の回復」など求めてはならない
(うわさの連鎖は複雑なシステムの産物であり、うわさの発生を止めることは出来ないが、我々はうわさを笑い飛ばす度量がひつようである。)
8. いかに禁断症状が激しくとも、麻薬中毒者にさらに麻薬を渡してはならない。
(過剰なレバレッジが原因で引き起こされた問題をそれ以上のレバレッジを用いて解消しようとしても、無駄であり、リハビリこそ必要である)
. 市民は退職後の生活に「金融資産」やいい加減な「専門家」のアドバイスを当てにしてはいけない(経済生活は金融の世界から距離を置くべきだ。金融市場を価値の保存場所と考えてはならない)。
10. 壊れた卵でオムレツをつくろう
(今回の危機は簡単な修理で収まるレベルではない。船で言えば穴の開いたところをふさぐのではなく、はじめから船そのものを建造しなおすべきだ。壊すべきものを壊し、負債を資本に転換し、経済学やビジネススクール出の連中を隅に追いやり、ノーベル経済学賞など廃止し、LBOを禁止し、銀行員を本来の仕事に戻し、今の惨状をもたらした連中からボーナスを取り戻し、不確実性の中を旅するすべを人々が知りうるような、資本主義2.0バージョンに自ら進んでいく必要がある。)

(注:カッコ内は記事の要約です)

個人的メモです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
経済学と生物学:ダーウィンはブラック・スワンを見たのか
最近の「予想外」の金融危機により,世界経済をより正しく捉えようという動きが高まっている. ...続きを見る
Touch The Energy
2009/05/04 22:26
「ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質」ナシーム・ニコラス・タレブ・著、望月衛・訳
ようやく下巻読了。 2冊で3,980円と私にとっては非常に高価な本であったが、 読み終えた今、十分その価値はあったと感じる。 ...続きを見る
23:30の雑記帳 (旧タイトル : ダ...
2009/08/12 20:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもROMさせていただいております。
http://blogs.yahoo.co.jp/mikeexpo2000
ブログ名にブラックスワンを名乗っております。
今朝よりこの記事期になってました。翻訳公開いただき、たいへん勉強になりました。ありがとうございました。
mikeexpo
2009/04/08 19:55
この方のまぐれを読むと、日本の金融機関、当局がお勧めする「リスク管理だの」VARは何も役に立たないということがよくわかります。
さて6シグマはありえないとか、100年に一度だの、何の統計的に意味の無いことをいい続けてこのザマです。でも一度でも出てしまえば終わりで、さて次から別の世界へ。
さて統計とは
2009/04/10 00:58
mikeexpoさんどうもです。ワタクシも時々拝見しております。これからもよろしくお願いします。

さて統計とは、さんコメントありがとうございます。ワタクシはリスク管理とはリスクに対する「感度」であり、ことが起こってからの逃げ方ではない、と考えていますが、VaRにしても結局はいざという時逃げられる前提でとことん収益をとりに行くという発想で作っているから(本当にみんなが逃げ始めると)パニックが起こるのだろうと思います。それこそゴキブリのように触覚で風の動きを察知して動くというような仕組みが必要かもしれません。
厭債害債
2009/04/10 04:24
小生のブログで、全文引用させていただきました。
なお、本日より↓へ引越ししておりますので、念のためお知らせしておきます。
http://mikeexpo.blogspot.com/
mikeexpo
2009/04/11 14:03
そうです。誰も逃げきれない中で、逃げきるのがリスク管理ですよ。そういったものは自分で身につけるものであって、「いないいないばー」なんて、親に言われて喜んでやるものでもなけらば、皆が同じゲームの中で敵と一緒に頼るものではないのです。それを胴元(当局)がプレーヤーに強要するからこの国のゲームはつまらん。ゴキブリは誰もしらんうちに逃げます。特に西洋ゴキブリは。
さて統計とは
2009/04/11 20:55
mikeexpoさんどうもです。引用いただき恐縮です。これからもよろしくお願いします。

さて統計とは、さん、どうもです。ゴキブリ的なリスクを感じる能力、すなわちきわめて原始的なリスク管理能力こそ重要だと、たしかブックステーバー氏の本にあったような気がします。
厭債害債
2009/04/21 02:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラックスワンのない世界に向けての10原則 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる