厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 米系金融機関の好決算

<<   作成日時 : 2009/04/22 23:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 3



よそ様のことを言うと秒殺モードでわが身に跳ね返ってくるので、えらそうなことを言うつもりは決してないのですが、今回いろいろ発表された米系金融機関の好決算も、「とてもよい」という評価を額面どおり受け取る人は少ないのではないでしょうか?

昨日某証券会社さんのレポートを読んでいたらある銀行の決算分析がでていて、まあある程度予想されたことではありましたが、今回も「負債の評価益」が利益にかなり寄与している、という内容。もちろん、ルール上認められた処理でありべつにどうこう言う問題ではないのですが、分析する側からすると「利益の質」という観点ではかなり劣る。以前にも書いたことですが、借り換えが出来る主体ならまったく問題はないでしょうが、借り換えが出来ないような状況で、市場価格を前提とする時価評価を使うことにも問題はありそうです。

「どこもトレーディングでかなり収益を上げているではないか」とおっしゃるかもしれませんが、アメリカのブログにはこんな記事も。

http://brucekrasting.blogspot.com/2009/04/mystery-aig-trades-who-knew.html

要するにAIGがポジションを1−3月に投げさせられたおかげで、カウンターパーティーは言い値で取引が出来たのではないか、それがトレーディング利益を押し上げたのではないか?ということ。もちろんカウンターパーティーとは主には銀行などの金融機関です。

もちろん、AIGだけでは目立つような利益増加要因にはならないでしょうが、それ以外の取引相手にもファイアーセールがあったはずです。やはりトレーディング収益というのはかなり一時的なものとしてみておく必要があるかもしれません。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
妙に楽観ムードがマーケットに広がっているような気がしますが、冷静に、焦らずに、ですね。
39歳無職
2009/04/23 21:55
負債評価益、例えば債券を市場から時価で買い戻しをして益が立つなら正しいのでしょうが、実際に発行体が買い戻しに動いた瞬間に市場は反応して価格は上昇してしまうでしょうし、そもそも買い戻しができる体力があるのならそんな時価ではないはずですよね。フィクションであるとの感が否めません。
資産サイドは時価評価を緩和するトレンドの中で、負債サイドは時価評価を取り入れる手法は正にいいとこ取りで、米銀がまだまだ厳しい状況であることを示唆していると感じます。
HKPB
2009/04/25 13:07
39歳無職さん、どうもです。楽観すべき材料が増えてきているのも事実です。ワタクシは「根ベア」ですので割り引いてお考えください。

HKPBさん、どうもです。おっしゃるとおりですね。時価評価とマーケットインパクトの問題は時価評価の欺瞞性を現す最大のファクターでしょう。それは時価が高い時にも反対の意味で問題を生みだしたことは忘れてはならないと思います。
厭債害債
2009/04/26 01:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
米系金融機関の好決算 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる