厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 首都圏でも新型インフルエンザ

<<   作成日時 : 2009/05/21 08:58   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 2 / コメント 6

まあ水際での防止が不可能だと神戸の事例で証明されてしまった以上、関東圏でも感染者が出るのは時間の問題だったわけです。とりあえずは自分で出来る範囲のことをしっかりやってお互い苦しい思いをしないように、というそれだけですね。
ワタクシがやっていることはせいぜい手洗いと混雑している電車内でのマスク着用ぐらいです。自分がかかりたくないという以上に、この状況では自分がウィルスを持っている可能性を100%否定できないということのほうが大きいです。つまりみんなわからないわけで、しらないうちに人にうつしてしまうリスクを孕んでいる。マスクぐらいつけていれば飛沫感染は防げますから、咳しても多少はましでしょう。どうせワタクシのような年寄りは菌も避けて通るでしょうけれどね。特に若い人には気をつけていただくとして、過剰反応してパニックを起こすようなことにならないよう注意していただきたいと思います。

ところで、昨日から今日にかけて首都圏で患者が見つかったということで、報道がちょっと過熱気味です。それにあおられてか、患者の出た学校も過剰反応している感じです。今回の場合は明らかに米国内で感染しているうえ、帰国してから同行者以外には学校関係者に接触していない。つまり学校内でウィルスがばら撒かれている可能性はきわめて低いといえます。同行者の一部が学校に行ってしまったのかもしれませんが、少なくともまだ症状も出ていないわけで、それを言い出したら日本中休みにしなければいけない。
にもかかわらず付属の幼稚園から大学院まで全部休校とは。まあ大事を取るという意味で理解できなくはないのですが、問題はアメリカの財政政策同様「出口」です。国内外の人の行き来はとまっておらず、神戸の事例でもわかるように学校以外でも感染してしまう。こんなことで休校にしているんだったらいったいいつになったら学校が開けるのか、というあたりを明確にしてからやらないと、後で判断に苦しむことになりますね。

ちょっと不愉快だったのは、朝のテレビ報道番組で、感染した生徒のニューヨークでの足取りを事細かに報じていたこと。関係ないでしょ?もう感染して入ってしまったのだから。「どこで感染したのかはわかりません」とか言ってましたが、当たり前じゃないですか?すでにNYでは1000人単位の感染者が出たわけで、どこに居たって感染の可能性はある。これから日本もそうなるかもしれない。これって単なる興味本位としか思えないんですけれどね。

必要な情報と興味本位の情報をきちんと切り分けて報道するのが報道機関の使命だと思うのですが、まあ民放の朝番組にそこまで期待するほうが間違ってますかね。それにしても昨日の都の記者会見前の記者席から伝わる異様な興奮といい、どうも報道関係者からとってもうれしそうな雰囲気を感じてしまうのはワタクシだけでしょうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
RATFINK
朝、出社する前にはおやつと野菜ジュースをドラックストアで買ってから行くのが日課ですジュース店内に入ってちょっとすると店員さんが道の通りのお客様を呼び寄せようと大声で『マスク入荷しました〜』 ...続きを見る
マスクショック!
2009/05/21 11:36
新型インフルエンザ感染拡大
日本国内での感染者が300人を超え、感染地域も拡大してきました。どうか皆様、感染拡大防止に万全の対策を。 ***♪マスクがいるなら♪ ...続きを見る
歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。
2009/05/22 22:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

今朝の報道には、自分もちょっと不快感を感じました。
結局、マスコミの人たちには、「いいニュースは話題になるニュース」であって、囃し立てるネタが出来たから
盛り上がっているのでしょう。
yemenia
2009/05/21 12:31
初めまして。
首都圏では感染者がいるにも関わらず、意図的に把握しなかったのではないか?という疑念が渦巻いていたので、今回のようなケースを待ち構えていたフシがあります。発熱してても渡航歴がなければ検査しないとか、その手続きを破った神戸で感染者が見付かったとか、実は4月のインフルエンザ患者数が首都圏で異常に多いとか、不都合な状況証拠が多過ぎますから。
元U
2009/05/21 13:07
報道といっても、ワイドショー化しているものが多いので、煽り系(このままだと大変なことになります)か怒り系(政府や医療機関は適切な対策をしているのか)が目立ちます。最近は暢気系(みんな過剰反応しすぎだろ)もあるかも。
とある番組で感染症の専門家が視聴者に向かって、過度に不安を煽らないように、かといって楽観的になりすぎないように、言葉を選んで今すべきことを具体的に説明している姿にプロを感じました。
774
2009/05/21 22:00
yameniaさんコメントありがとうございます。なんとなくそんな感じがありますね。

元Uさんコメントありがとうございます。さまざまな説がありますね。首都圏では一部に意図的に検査させていないところもあるとかいううわさもありますね。

774さんどうもです。全くおっしゃる通りで、専門家のきちんとしたバランスのとれた発言こそ重要なんだと思いますが(といってブログのネタにしているワタクシは素人で、申し訳ないのですが)。
厭債害債
2009/05/23 07:57
一昨日の持論公論とか、先週の週刊こどもニュースとか、そういうのが情報収集には良い感じですね。

最近は、民放なんかで、「とてもわかり易く一目瞭然に見せる」なんて事をされると、最初っから疑ってかかってしまうわけでして。
通行人
2009/05/23 12:10
通行人さん、コメントありがとうございます。民放は一歩踏み出そうとしすぎるあまり、余計なことまで報道してしまい、ゴシップに堕していることがしばしばあります。週刊こどもニュースは一種の理想形かもしれませんね。
厭債害債
2009/05/25 05:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
首都圏でも新型インフルエンザ 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる