厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 着メロとか携帯とか電気自動車とか(休日モード)

<<   作成日時 : 2009/06/13 11:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

最近、公衆の場所で携帯の着信音を聞くことが比較的少なくなった気がする。まあ自分の行動エリアが狭くて住居とオフィス街の往復だけになってしまっているせいもあるかもしれないけれど。さすがに普通の仕事をしている常識人なら自分の好きな音楽を他人に強制することには一定の抑制は働くからだろう。個人の趣味に属することではあるが、個人的には携帯の着メロというのが嫌いである。自分も携帯電話は持つが、ほぼ100%マナーモードというか着信バイブレーションの状態で使っており、これは自宅でも同じ。基本的には電話の音というのはあまりない方がいいに決まっている。

基本的に電話の着信音というのは、ドラマを見ていてもわかるように「場のチェンジ」になる。ドラマは効果的にこれを使えばいいのだが、日常生活では、切られたくない流れが断ち切られたりする。要するに自分のペースというか流れが他人のアクションで断ち切られる。自分自身だけならいいけれど、周りも巻き込んで行動しているときは、実はその周りの人に余計な思考の迂回を強制してしまう。集中力がそがれる。意味のない他人の所作に自分が強制的にひきつけられてしまう。その意味でも、公衆や他人がいる場所ではできるだけ音は鳴らさない方がいい。電車などの閉鎖空間で携帯電話をかけるのが忌み嫌われるのもそこに原因がある。

着信音の話に戻ると、きれいな音楽ならまだ許せるが、とんでもない着メロないし着信音を搭載して、平気で人前で鳴らすやつが居る。一度ある不動産屋の若造と仕事の話をしていた時、パチンコのいわゆる「確率変動大当たり」の「キュインキュイン」というのが鳴り響いて、正直殺意を覚えた。オヤジのくせに若い女の聞くような妙な音楽を入れているのも最悪である。クラッシックだってTPOがあるし、お通夜とかでいきなりベートーベンの9番の終楽章とか鳴り響いたら最悪だろう(これ結構入れてる人いるみたいだから)。いずれにしてもそういう着メロ系は自分が楽しむもので、人に聞かせてはならない、というのがワタクシの考えである。

ところで、電気自動車の量産が始まったようで、一つ懸念されているのが、「音の小ささ」である。つまりガソリン自動車などが出す排気音やエンジン音がないため、狭い路地などで後ろから迫ってくる車に気が付かず事故にあう可能性が高くなるのではないか、ということだ。
いろいろ調べてみるとやはり人工的に音をつけるとかいう議論がなされているようである。となれば、理屈上はどんな音でも可能であり、軽自動車の癖にポルシェのエギゾーストノートとかやっちゃう人が増えるかもしれない。ポルシェの音ならまだいいが、いきなり妙な音楽とかを排気音の代わりにいれて、それがそこらあたりの車からいろんな種類の音楽がぐちゃぐちゃになって聞こえてくるような情景をワタクシは想像したくない。それは悪夢である。

これについては、まじめな話として、変な音が普及する前に厳しいルールを作ってほしいと思う。静かなら静かでいいではないか、という気はするけれど・・・

そうそう、携帯で前から気になっていたことだけれど、電車の中で優先席付近て基本的に「電源を切る」ことがマナーないしルールとなっているようなんだけれど、どう見てもきちんとやっている人が少ない(ワタクシも。ただし最近は時差出勤で電車はすいていて、そういう場所に乗らないけれど。)。たぶん人と人との間がかなあり空いている状況では実害はなさそうだ。とはいえ、ラッシュのように体が密着するような状況ではやはり本来は問題があるのだろうと思う。それでもルールが守られていないのは、やはり被害の実例があまり身近に感じられていないからだと思う。きっと被害に会いそうな人は自衛して混雑を避けるようにしていると思うけれど、言い訳をするわけではないが、通勤ラッシュのようなコンコースやホームから人であふれている状況で、そこだけ電源切っても本当に意味があるのかどうかよくわからないし、本当に問題が起こっているのならきちんと実例を公表してもっと強制しないといけないんじゃないかなぁ。そして本当にダメなんだよって、もっと口を酸っぱくして言わないといけないんじゃないか?ワタクシはその場所では使わないようにはしているけれど、見たら結構平気で使っている人も多い。そもそも守るべきルールとしてすら認識されていないのが実情。ルールの意味と実効性も含めて再確認の必要があると思う。そして本当に被害にあう可能性のある人を保護するためのもっと実効的な方法を考える必要があると思う。まあ想像力の欠如と言われればそれまでだけれど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>そうそう、携帯で前から気になっていたことだけれど、電車の中で優先席付近て基本的に「電源を切る」ことがマナーないしルールとなっているようなんだけれど、どう見てもきちんとやっている人が少ない

優先席の傍で、通話はしないけどメール打っている人が多いですね。でも電源を切る必要があるのはペースメーカーを入れている人などにとってケータイの発する電磁波が有害だからと理解してます。だったら、通話同様にメールも有害だと思いますけどね。「音」の話ではないですけど、以前からそう思ってたので・・・
quad sculls
2009/06/13 18:41
こんばんは
あまり知られてないみたいですが
「各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針」
っていう総務省のガイドラインが存在します
一応22cm離せば問題ないということになってます
15cm×√2です
ある機種で感度マックスで15cmで影響が出たからこの値みたいです
普通は感度マックスはないらしいです
このガイドラインの内容はPM入れてる人はみんな手術の際聞くとのことです
ついでにいうと最近は駅の改札はみんなSuicaの端末ついてますがあれも電波(正確には磁界ですが)でっぱなしです
モラルとかルール云々ではなくただの技術的は話でした
キュン
2009/06/14 02:47
人口的に音をつける、という関連でいえば携帯のカメラはそうですね。盗撮できないように必ず音が出るようになっていると記憶しています。
そういう意味では日照権と同じ、音の権利やいろんな権利がでてきそうですね、、
ttori
2009/06/14 10:32
quad scullsさんどうもです。ワタクシもメールも通話も基本的には同じだろうと思います。

キュンさん、どうもです。ワタクシもガイドラインについては一応知ってましたが、あれは15px√2でしたか。勉強になりました。でもどう見ても大半の利用者はそんなこと考えている風には見えません。

ttoriさんどうもです。そうでしたね。あれはやはり必要かもしれませんが、デジカメ自体が相当小型化しているので実効性としてはどうかなぁとは思います。(小型デジカメはまだ音が出ないのが多い)。
厭債害債
2009/06/14 19:58
医療機器メーカーの営業マンの兄が言ってたのですが、15年くらい前の古〜いペースメーカーならともかく、今、世の中にあるペースメーカーは電磁波の影響を受けない作りになっているらしく、現実的には実害はほぼないそうです。もし、古〜いのを使ってる人の近くで携帯を使うと、心臓が苦しくなるんじゃないか、と言ってました。
まつもと
2009/06/16 22:32
まつもとさん、情報ありがとうございます。古いのを使っている人はどれぐらい居るんでしょうかね。
厭債害債
2009/06/18 17:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
着メロとか携帯とか電気自動車とか(休日モード) 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる