厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS ビジネス席投売り状態

<<   作成日時 : 2009/07/07 22:01   >>

面白い ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 4

ちょっと前に電車のつり広告で全日空が欧州線のビジネスクラスを期間限定で40万円を切る広告を出していた。それでも普通に自腹で旅行する時にはあまりにも高すぎるのだが、企業の出張の場合、かなり多くの企業では今でも「エコノミークラス普通運賃(Yクラス)」を上限としているところが多いため、この価格だと余裕でその範囲に収まってしまう。まあ企業側もコスト削減でYクラスすら認めない(つまり格安でいけという)ところが増えてきているかもしれないが、一定の範囲では需要は出てきそうだ。

ところが最近もっとすごいのを発見。マイレージ会員向けにノースウェストからきた情報によれば、これも期間限定(9月15日までかな)アジア、ハワイなどへの路線でMクラス以上(正規割引運賃の一定クラス以上)の運賃でビジネス席へのアップグレードを片道わずか1マイル(実質無料ね)でやってくれるそうだ。ちなみにハワイまでだと現在7月の3連休でネットで調べた格安最安値が10万ぐらい。Mクラスだと色々込みで15万ぐらいだから、ハワイ往復のビジネス席アップグレードが約5万円で販売されている計算だ。
(なお、このキャンペーンはまだオフィシャルページには表示されていない。多分マイレージ会員向けのメールでのみ連絡されているようだ。)

冷静に考えれば、ビジネスとエコノミーの違いは次の点に集約される。それぞれにその差に値段(片道分)をつけてみたら次のような感じだろうか?
・ 食事の差(2食として3000円)
・ お酒の種類、クオリティーの差(航空会社によってはエコノミーがすべて有料のところもある)(ワタクシは結構飲むので3000円)
・ スペースやシートの快適さ(椅子とカプセルホテルぐらいの違い。4000円)
・ 事前のラウンジ利用(ビール2杯とワインとおつまみとインターネット利用で3000円)
・ 搭乗手続きの優先(場合によっては1時間近く節約できるので4000円)
・ 降りるときに先に出られる(国によっては入国審査で時間を取られるため3000円)
・ CAの愛想(米系では差がないので0円)
・ アメニティーグッズ(最近はあまり使えるものがない。1000円)
・ 超過手荷物(あまり荷物は持ち歩かないので0円)
・ 非常時に前方のほうが経験則上助かる確率が高そう(事故の起こる確率をかけた期待値ベースでは0円。むしろ経済価値ではワタクシが出張で飛行機事故で死ねばかなりの保険金が出るので助かりやすいのはマイナス?)

うーん、ほかにありましたっけ?
どう考えても往復で5万円いかないんですよね。やっぱり遊びで乗るのは経済的にはかなり無駄遣いの部類に入る。でもまあ無駄遣いって楽しいんですけれどね。

仕事で使う場合は、最大のメリットは疲労が少なくなりそれ以降の仕事に差し支える度合いが減る、というところになるだろうし、ビジネスマンの一部(特にアメリカの)はまじめで飛行機の中でも結構仕事をしているから、その時間をお金で買っているという計算は成り立つ。ただ、日本人のビジネスマンに一部目立つのは、結構お酒を飲んで映画を見て寝ている人が多い(ワタクシも時々)。これではせっかく高いお金を払っても企業にとって元は取れていない。ワタクシの場合お酒は積極的に時差を修正する手段として使っているので、正当化される(^^)。つまり長距離便ではある程度酔っ払って変な時間に寝てしまうことで、着後の目覚めを調整し、すぐに現地で活動できるようにするのが仕事として正しい取り組みだと思うからだ。
ところが、一部の人は機内でお酒を飲んで映画を見ているくせに、着後に時差ぼけで仕事にならないだとか、のたまうのである。それは仕事でビジネスに乗っているという自覚が足りなさ過ぎる。飛行機の中まで仕事しろとはきっと誰も言わないが、仕事ができるように体をコントロールするための場所を企業は高い金を払って提供しているのである。ワタクシの知り合いで時差調整の苦手な人は多少薬を処方してもらって使っている人が多いようだ。それぐらいやるのがプロとして当然だと思う。

話がそれたが、これ以外にも欧州線のビジネスはアリタリアなど今は店頭で往復20万円台が主戦場。JALもマイルアップグレードの大幅ディスカウントをやっている(確か北米線で片道1万マイルかな)。いよいよ航空運賃の上級クラスにも価格破壊の波が押し寄せてきた感じである。まあ夏休みでビジネス需要が減退するという事情はあるんだろうけれどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
かねてから、一度で良いので、ビジネスクラスというものに乗ってみたいと思ってはいるんですが、庶民が旅行で使うには完全に高嶺の花だと思い、諦めていたんですけど、このまま不況が続けばチャンスが来るかな?
しかし、案外付加価値が低そうですね。これなら必要ないか・・・

>>・ CAの愛想(米系では差がないので0円)
そうなんだ・・・
39歳無職
2009/07/08 14:18
39歳無職さん、どうもです。そうなんですよね。意外に付加価値は金銭換算では低そうです。ただ、それにかえられないものがあると感じる人々には、意味があるということですね。(重要なビジネスを控えている人とか、どうしても贅沢したい人とか)
厭債害債
2009/07/09 01:28
私の勤務先も全社的な経費の見直しで、ビジネスクラスの利用は厳しくなっております。
ご指摘の通り、私もプライベートではほとんどエコノミーを使いますので、ビジネスクラスじゃないとどうしても出張に行けないのか、と言われますとそんなことはないのですが、巨大な旅行客に左右を囲まれて書類など読む気にもなれず、更には隣の客が機内食を私のスーツに何度か飛ばしてきた時は、怒るより情けなくなってしまいました。
コストカットを考えるときは、「士気の低下」といった要素も考慮に入れてもらいたいものです。。。
HKPB
2009/07/13 00:59
HKPBさんどうもです。そうなんですね。確かに目に見えないコストあります。昔はエコノミークラス症候群とか結構言われたりしましたし。
厭債害債
2009/07/18 16:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビジネス席投売り状態 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる