厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 悪魔の辞典 金融版

<<   作成日時 : 2009/09/16 18:06   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

16日付けのThe Wall Street JournalにRose Matthewという人が書いたものが載ってました。面白いので一部抜粋(翻訳はブログ主)

GREEN SHOOTS((景気回復の)若い芽ぶき)
名詞:
1. 春の訪れを示す最初のしるし。しばしば夏の猛暑や秋の長雨に打ちのめされる。
2. 経済がそれまで予想されていたよりもゆっくりした速度で崩壊していくこと。
関連語:DAISIES, PUSHING UP
以下の語もみよ:THINKING, WISHFUL;



QUANTITATIVE EASING(量的金融緩和)
名詞:
ひとつの政策的な試み。西部劇映画に例えて言えば、保安官が彼の持っていたすべての弾丸を撃ちつくしたあと、絶望のあまり悪人に対して持っている銃を投げつけるような試み。
以下の語もみよ:INFLATION, HYPER

さらに興味のある方は原文におあたりください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
確かにアメリカはハイパーインフレに陥る危険性を持っているよ。その主導権は中国だという異常に厄介な状態だよね。
これを防ぐのは先の先としてドルを放棄してみせるコトさ。いわば世界通貨の構築を一気に提言してしまう戦略だね。
ここまで出来りゃ。30年程度は派遣国家で居られるんじゃないの(笑)
kazzt
2009/09/20 01:29
kazztさんどうもです。放棄しても次に主導権を握れる確証はないので、なかなか難しいですよね。世界通貨の構築は、ユーロだけでもあれだけ苦労した上いまだに問題や矛盾がどんどん出てきている状況ですから、相当に難しいうえに、途上国に対する新たな服従関係を強制することになるかもしれませんね。
厭債害債
2009/09/22 06:22
なんでみんな、quantitativeをquantativeって間違うんだろう。
元が「クォンティティー」なんだから、普通に考えれば「クォンティタティブ」じゃないですか。
シミュレーションを言いにくからって勝手にシュミレーションにするようなものなのかな。

2009/09/25 10:39
あさん、ご指摘ありがとうございます。単なるタイポです。すみません。一応英語は人並みに得意なつもりですが、こういうのはよくやるんですよね(涙)。
厭債害債
2009/09/25 12:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
悪魔の辞典 金融版 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる