厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 新政権雑感あれこれ

<<   作成日時 : 2009/10/22 10:46   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 3 / コメント 4

まあこういうニュースを見ると、政権が変わるのも悪くないなと思いますが・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091020-00001418-yom-soci

日本郵政は規定路線どおり西川氏がやめましたが、代わりはなんともと大蔵次官の斎藤氏。すでに自民党から声が上がっているとおり、日銀総裁のときに武藤さんや田波さん反対したのはなんだったのかなぁ?という疑問は至極もっともであります。まあ中央銀行の独立性とか日銀は特別だとかどうせ屁理屈こねるんでしょうけれど。この辺のロジックに関するツッコミは例によってどらめもんさんの10月22日のところが秀逸ですので、ぜひこちらを。(ちなみにワタクシは別に斉藤元次官の能力に疑いを持つわけではないので誤解のないように)。まあ基本的に小沢人脈でロジックはそれぐらいですかね。

とはいえ、私としては、民間金融機関職員のはしくれとして当然官業がまた全国津々浦々で採算を度外視して金融にしゃしゃり出ることにはきわめて不快感を持つものでありますが、それ以上にわずか4年前に小泉改革というものをアレだけの勢いで選択しその象徴の郵政選挙で自民党(ていうか小泉内閣)をあれだけ大勝させた国民がどういう思いでこの劇的な方針転換を見ているのか、多くの人々の意見をぜひ聞いてみたいと思うのです。改革なんて4年やそこらでできるものではないし、そのときから「痛みをともなう」ことは公言されていたのですが。ぶれるぶれるといって首相を批判するのはいいのですが、国民がそんなにぶれちゃしかたないではありませんか?あのとき一緒にみんなで痛みに耐えて日本を変えようと誓ったのはうそだったのぉぉぉぉ!(ハァハァ)

貸し渋り貸しはがし防止法案の最終案をみるかぎりは、結局まあ予想通りというか、大臣以外の優秀な方々のご尽力により(従来制度とそれほど変わらない)穏当なものに落ち着きそうです。結局のところ、信用保証制度の更なる拡充に等しいものと思われ、加えて中小企業からの申し出に応じた結果金融機関に損がでたら国が補填するというわけですから、結局国家の負担を増やす形で中小企業にお金を渡す形となるようです。これまではローンを出すときに保証をつけるわけですが、返せなくなってから猶予に応じて貸し倒れとなった場合国庫負担だとするとその分だけ、これまでより国が面倒を見る部分が増えている感じです。そういえば某フラッグキャリアもまた公的資金投入とか言う話で、これではお金がいくらあっても足りなさそうです。結局のところ、甘甘な対応でいわゆる弱者とかに媚をうるだけの政治に成り果てていないでしょうか?

ある意味正しいと思われる改革もあります。国際通貨体制への見直し。ドルにいつまでも依存できないというのは基本的には間違っていない。じっくり時間をかけて慎重に新たな体制作りを目指せばいいとおもいます。CO2排出削減だって、方向は基本的には間違っていないけど(ただ、いずれにしても具体的アプローチは根本的に間違っていますが)。

問題は、結局のところ唯一新政権を貫いているポリシーは、「過去の自民党(特に小泉の時代)の否定」であり、だからこそ一貫性が取れないように見える(自民党も相当一貫性がないので)ことなのではないかなと感じます。残念ながら方向性として一本筋の通った将来像が見えない。このままでは「反対のための政党」による政治にしかならない。これでは不安は解消しませんし、いくら子供手当てをばら撒いても退蔵されるだけでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい
面白い

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
目が点になった日
なんかもういろいろコメントするのも疲れるくらいなんで、参考記事のリンクから。・経済合理性に偏らない経済って何?(Baatarismさん)・新政権雑感あれこれ(害債さん)・「民から官へ」の逆転が始まった(池田信夫さん)・元大蔵事務次官斎藤次郎・日本郵政社長(極東... ...続きを見る
ある日ぼくがいた場所
2009/10/23 00:16
西川日本郵政社長辞任表明、後任に斎藤元大蔵次官
日本郵政の西川善文社長は20日夕に日本郵政本社で記者会見し、辞任する意向を正式に表明しました。西川社長は政府が同日午前に閣議決定した郵政事業の見直し方針について、現在の経営路線と「大きな隔たりがある」とし、経営トップとしてかじ取りを続けることは「適切でない」と判断。28日の取締役会に辞表を提出する見通しです。 これを受けて亀井静香郵政・金融担当相は21日午前の記者会見で、後任に元大蔵次官の斎藤次郎東京金融取引所社長を充てる人事を発表しました。 ***♪民営化への情歌(想像されない郵政の行方へ... ...続きを見る
歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。
2009/10/23 00:34
事業仕訳に期待する
今日、やっと第一回目の行政刷新会議が開かれ、来年度予算に対する事業仕訳の方針が定まった。事業仕訳は民主党が行政刷新会議の目玉として政策シンクタンク「構想日本」が幾多の地方自治体で成果を上げている無駄を省く手法だ。それに対して枝野・連芳両議員を含む30名の民主党国会議員が選出された。 ...続きを見る
よく考えよう
2009/10/23 01:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
<日本郵政新社長 斎藤次郎>
1995年5月まで大蔵事務次官を務めた。
その政策スタンスは吉野良彦に連なるといわれている。
同年、異例とも言える前倒しの形で事務次官を辞任後、二信組接待汚職事件で厳重注意処分を受けた。
                         ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
後任の篠沢恭助は斎藤に比べて関与の度合いが低かったにも関わらず、
戦後初めての事務次官クラスの国公法上の減給処分[1]を受け、
部下に罪を被せたと厳しく批判された。
^^^^^^^^^^^^^^^^^

2000年5月より東京金融先物取引所理事長に就任した[注2]。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
2009年10月、日本郵政の新社長に内定した。

 注2:出身官庁である財務省が所管する外郭団体であり、いわゆる天下りである。
   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
<二信組接待汚職事件>
1995.6/27、東京協和信用組合理事・高橋治則、安全信用組合理事・鈴木紳介、背任、不正融資で逮捕。
議員官僚接待、ゴルフ場などへの乱脈融資。
高橋治則、自家用ジェットでオーストラリアへのカジノ接待。
接待を受けたのは、小沢一郎、中西啓介、大蔵官僚ら。
         ^^^^^^^^^^     ^^^^^^^^^^
日銀、長銀などからの融資、合計1600億が消えた。
山口敏夫、二信組から300億の収賄、無担保、回収不能。


天下りと言うより、筋金入りの悪党が斎藤。
mikura
2009/10/22 16:36
斉藤さん個人云々や、元官僚云々は別として、
武藤さんにあれほど反対してたのは、
一体なんだったのか?
呆れ果ててます。

小泉・竹中路線を信奉している私は、
その路線を選挙を経ずに転換したその後の自民党に失望し、
改革路線へ再び戻る事を願って民主党支持に転じたつもりでしたが、大たわけでした。
民主党が小泉・竹中路線の全否定であることに、
なんで気がつかなかったのかなあ・・・
自民党に怒りすぎて、目が見えなくなっていたとしか思えません。
正直、この国はこの先どうなっても良いんじゃない?
どうにも我慢できなくなったら海外に行けば良いし、
と最近思い始めています。
39歳無職
2009/10/22 18:50
それにしても巨鯨のままで民間に出るのも大変ですが,もう一度国営になって財政赤字の尻拭いをさせられるのもいかがなものか。庶民の預金で官僚が贅沢をしているの図。ところで,こういう話題で盛り上がるのにはTwitterが最適ですよ。
EURO SELLER
2009/10/23 02:13
mikuraさんコメントありがとうございます。なるほど。参考にさせていただきました。

39歳無職さん、どうもです。まだ始まったばかりですので、当面はやむを得ない部分もあるかもしれませんね。ただ、芯の通った政策がまだ、見えていないのは確かですね。

EURO SELLERさんどうもです。ツイッター、興味はあるのですが、なんとなくずっとパソコンの前に張り付いてしまいそうな気がしてためらっております。
厭債害債
2009/10/30 06:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
新政権雑感あれこれ 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる