厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 環境問題への取り組み

<<   作成日時 : 2009/12/13 21:58   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 3

COP15の会議でブラックブロックなる人々のデモ隊が暴徒化したようですが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091213-00000097-reu-int

ふーん、車に火をつけたらCO2増えるんじゃないかって思うのはワタクシだけでしょうかねー

まあせいぜいがんばってカンキョーモンダイに取り組んでくださいな、ブラックブロックの皆様。自分が息するのやめたらもっと貢献すると思うけれどね。

そういえば、こういうのもありました。排出権取引ですが、まあもともとあやしげな取引ですからねぇ・・・

http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121101000259.html

この件は実はかなり前から問題になっていました。要するに付加価値税抜きで仕入れたものを付加価値税付きで売り(国際間の税金が違うのに国際間取引)本来納めるべき税金を払わないままドロンしてしまったりする。付加価値税といっても元の金額がでかいうえに欧州は押し並べて税金が高いから、こういうことが起きるのでしょう。イギリスではすでにこの問題に対処するため排出権取引の付加価値税を撤廃したそうですし、オランダやフランスでも同様の対応がとられているようです。

それにしても、簡単にドロンするような主体とか税金をちょろまかすようなセコい主体が参加しているこの取引、本当に大丈夫なんでしょうかねぇ・・・・

そもそも論として、排出権取引で本当にCO2の問題が解決できるのでしょうか?結局大きな流れでは先進国(枠に余裕なし)ら途上国(枠に余裕あり)へと巨額のお金が流れる仕組みで、その途中でこの事件にもあるように不埒なブローカーが活躍する、という仕組みですが、お金をもらった途上国は先進国に追いつくために工業化を進め、未熟な設備と技術でどんどんCO2を増やしてくれる可能性が強いと思います。そして細かいことを言えば暗躍するブローカーのようなお金目当ての人々は贅沢な暮しを続け、儲かったお金でますますCO2を増やすライフスタイルを享受する。

CO2削減の問題はお金の問題ではない。本当に必要なら、権利のやり取りではなく、成長を犠牲にしても地球全体規模での削減をしないと意味がない。環境問題は本当は途上国でこそ深刻な問題となりつつあり、そこでの制限を課さなければ解決できない問題だと思います。また先進国でも枠を買ったから排出を続けられるという仕組みは効果が薄いと感じています。以前にも書いたように、この仕組みはどうもインチキくさくて、誰かが儲けるために作ったにおいがぷんぷんして全く信用なりません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
Totally agreeです。

どうですか?排出権取引。
「この仕組みはどうもインチキくさくて、誰かが儲けるために作ったにおいがぷんぷんして全く信用なりません。」
金融に携わるものとして、かねてより感じていたところを明確にコメントしていただいた感じがします。
本件については、引き続き厭債害債さんのような影響力のある方々には積極的に問題提起していただきたいです。
今後ともよろしくおねがいします。
HKPB
2009/12/15 23:20
そもそも論の更なるそもそもですが
温暖化人為的原因説に懐疑的な人が多数いるのもご存知かと思います。クライメートゲート事件で進展しましたが。
百歩譲ってCO2の温室効果が主原因だとしても、人間が京都議定書のような削減を達成したとして、地球上のCO2に与える影響は1%にも満たないそうです。
正に誤差の範囲です。
そんなものに巨額の費用を投じようというのは胡散臭い話そのものですw

牛のゲップは有名ですが、実はアジアの稲作水田が水中での有機物生成を促しメタンガスを大量に生み出す原因なのだそうです。
温室ガス効果としてはメタンガスの方が悪いらしいです。
本当に温暖化を防ぐのでしたら、石油だけでなく牛肉税や米税を考えるべきでしょう。
米も非エコだといわれたら農家の人は怒るでしょうが、科学的事実ならば対策を講じるべきでしょうねw
STC
2009/12/16 14:08
HKPBさんどうもです。金融的には無から有を生み出すという結構すばらしい仕組みだとはおもいますが、無から有を生み出そうとすることの危険は金融工学で多少懲りているかとおもいますが。

STCさんコメントありがとうございます。
クライメートゲイトはきわめて興味深い内容です。ただ、気持ちの上でエコフレンドリーになる事は決して悪い事ではないとはおもっています。しかしながら、STCさんの指摘されたように水田のメタンガスとかが問題となるのであれば、何が一体エコなのか、結構悩ましいところですね。
厭債害債
2009/12/29 16:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
環境問題への取り組み 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる