厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 留保利益課税って・・・鳩山首相

<<   作成日時 : 2010/02/18 11:39   >>

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 1 / コメント 12

留保利益に課税を「検討」とか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100217-00000133-jij-pol

いや、しらっとこういう話が出てしまうあたり、これまで長い間資本主義経済(らしきもの)のなかにどっぷりつかってきた人間としてはどこの共産主義国のお話ですか?って感じですが、よく見たら共産党の幹部との話のなかで出てきたそうで、それをまた「検討する」とまじめに受け答えしてしまうあたりがもう・・・・。

日経新聞がこの辺きちんと突っ込みを入れてくれているのでちょっと安心しました。最大の問題は、税金はキャッシュアウトになりますが、内部留保はキャッシュとは限らないということでしょうね。キャッシュがない状態では、極端な例では、お金が借りられなければ税金倒産、ということもありえる。さらにそもそも論ですが、内部留保というのは儲かった年に税金をきちんと払った上での内部留保(無税で積み立てられるものには限度がある)なわけでして、大体において法人税と配当課税の間においても二重課税であるという議論がある中で、あなた、留保利益に税金かけるというのは、そういう二重課税性を正面から認めることになりはしませんか?ちなみにウィキペディアでも内部留保に税金をかけることは二重課税になり特殊な例を除き認められないと(キリッ)。 これをやるぐらいなら筋論としては法人税引き上げのほうが筋は通るのですが、埋蔵金てな発想ばかりやっている政権だと、どうしてもこういうアプローチになってしまいますね。

もちろん、同族会社や海外子会社などを利用した配当課税逃れと見られるようなケースでは、(そもそも配当課税が二重課税ではないかという議論をおいておくと)今でもペナルティーとして留保利益課税ということはありえます。海外子会社などを使って取引を迂回させて利益をそこに溜め込むのは、国際的にも移転課税の問題が生じますし、それはそれで対応が必要です。また形だけの同族会社を経由して利益を溜め込むのもまた個人の税逃れとしてありがちな話で、それはそれできちんとやるべきですが、そういうのはあくまで本来払うべき主体が法形式を利用して支払いを逃れているという問題であって、一般的な留保利益課税はきちんとした法形式でビジネスをやり税金も払っている主体に対し積極的に二重課税を仕掛けるという問題。これを一般化することはちょっと問題だと思いますよ。

ふと昔マルクス経済学(ワタクシたちのころはこれが主流だったのですよ・・・涙)で習った「剰余価値説」ってのを思い出します。労働力が等価交換だとしたらどこに資本家の収益源があるのかを考えた挙句結局「搾取」によって剰余価値を生み出しているという結論に達するわけなんですが、今回の留保利益課税で確保した財源を農家や子供にばら撒くあたり、こうした搾取によって得た剰余価値は人民のものであるってな発想が垣間見えますな。やはりこの政権(ていうか首相ですな)は資本主義とは非常に相性が悪いような気がしてなりません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
誤解を招く企業の内部留保と言う言葉
 最近のニュースでは、非正規労働者の雇用問題に関連して、企業の何兆円もの内部留保がやりだまにあげられることが多い。 ...続きを見る
文理両道
2010/02/27 23:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
マルクス経済学の本を読んでみたくなりました。
歴史や哲学の読み物としてですが。
投機家Y
2010/02/18 14:04
本当に異常な発想ですね。
鳩さんは税金の支払で苦労したことないのでしょうから、簡単に頷いてしまうのでしょうか。
ブリヂストンからの巨額配当も留保利益あってのものなのを知らないのかもしれませんね。

そもそも「法人税」を勉強すると、実は法人税は所得税の前取り税なんですよと叩き込まれます。
本来なら、個人の所得に帰属したときに課税されるべきものなんだと。
だから配当の時に控除してあげているでしょという説明です。
これは国税庁の方針です。
しかし!法人税率と配当控除率がずれていて、その差は何?と突っ込むことは禁じられているようですw
また、税引き後利益から支払われる役員賞与は法人税と所得税の二重課税が普通に行われています。
役員賞与を払うような儲けている会社には税金を重く課してもいいだろうという思想がミエミエです。

自公政権も昔の自民も全部、税金を徴収するのがめちゃくちゃ下手糞です。
財政再建してもらいたいのに、まったくのダメ経営者ばかりです。
情けない限りです・・・
348ts
2010/02/18 16:57
風見鳩ですな
通行人
2010/02/18 17:28
情けないとしか言いようがないですが…

とりあえず首相と委員長には簿記三級くらいのお勉強でもして頂きたいところです
みほのぶるぼん
2010/02/18 18:10
> 通行人さん

昔の「風見鶏」の方がはるかに大物でした。
(ま)
2010/02/18 23:43
投機家Yさん、コメントありがとうございます。昔は歴史ではなく現実でした。授業中に●マルがオルグに来たりとか。

348tsさんどうもです。税制が目的を持って設定されるのはわかるのですが、法人税を課した主体にさらに税金をかけるやり方は、法人税と配当課税みたいなやり方よりさらに問題となりそうに思えます。

通行人さん、コメントありがとうございます。

みほのぶるぼんさんどうもです。348tsさんのコメントにもありましたが、基本的に税金に対する感覚が甘すぎる首相だとおもいます。

(ま)さんどうもです。昔の風見鶏ってNさんですね。
厭債害債
2010/02/19 01:24
>税引き後利益から支払われる役員賞与は法人税と所得税の二重課税が普通に行われています。

現在は役員賞与は費用として計上できるよう会計基準が変わってますよ。不相当に高額な部分(何をもって不相当なのかは謎ですが)は損金不算入だった気がします。

このニュースを耳にしたとき『資本金を出してください』っていうジョークが思い出されます。それに劣らないレベルでの議論のような。。

世の中にはB/Sの貸方が資金調達源泉を示して借方が資金の運用先だっていう基本的な考え方すら理解されてないハイソサエティな方々が多いですねぇ。
受験生N
2010/02/20 11:26
受験生Nさん
確かに特別な役員賞与が損金参入できるようになりましたが、定期同額とか様々な規制を満たした特殊なケースだけです。
それ以外は今までどおり二重課税となっております。
348ts
2010/02/20 19:01
受験生Nさんコメントありがとうございます。まあ鳩山首相の場合はある程度知っているはずだと思いますが、まさか・・・ですね。また348tsさんフォローありがとうございます。
厭債害債
2010/02/23 06:21
お金が足りない野党時代はボンクラでも大金持ちのポッポには存在価値が有りました。打出の小槌としての。そうして民主党の幹部で居続けられた彼もソロソロ役割終了でしょうか?
Josh_Hash
2010/02/26 13:13
はじめまして、ブラックスワンの検索できました。
私は消費税も二重課税だと考えています。
けろよん
2010/02/27 09:33
Josh_Hashさんコメントありがとうございます。個人的には鳩山さんには頑張ってほしいと思っているのですよ。アレぐらい空中浮遊していないと本来大胆な改革はできないかもしれない。じつは彼は学者なのできっと自分の結論を持っていないのではないか、と危惧しています。社会科学が真理ではなく相対的な価値観の対立だということを十分に理解していない点が問題かもしれないと思います。

けろよんさん、コメントありがとうございます。確かに消費税も広い意味では二重課税といえばその通りなのですけど、所得税と消費税はかかる段階が違うので(ガソリン税や酒税などの問題を除けば)二段階課税とでもいうべきでしょう。極端な話所得があって貯めこんでいても、モノやサービスを一切購入しなければ消費税は払わなくて済みます(お給料をもらいつつ山奥で自給自足生活を送るなどのケース)から二重課税とはあまり言わなさそうです。これに対し企業の留保利益への課税は法人税と同じ段階でただ利益を使わなかったという理由で再度課税されることになり、二重性が強いと思います。
厭債害債
2010/02/28 13:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
留保利益課税って・・・鳩山首相 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる