厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 保険会社の外貨建資産・国内株式保有枠拡大へ(追記あり)

<<   作成日時 : 2010/07/04 22:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 2 / コメント 1

ご存じの通り、現在はそれぞれ総資産の30%以内と定められているのですが、日経新聞の3日の報道によれば、金融庁はこの規制を撤廃する方針だそうです。

背景は、海外の政策金利が底をはいずりまわる期間が長引く可能性が高まる中で、ヘッジ付き外債の予定収益率が相対的に高まっているからだと思います。さらに言えば、このところの日本国債金利の急低下により、これ以上いったい何に投資をすればいいのか、というのがとりわけ長期投資を行わなければならない生命保険会社の間では共通の悩みとなります。意外に思われるかもしれませんが、生命保険会社はまだ多くがALM的には資産サイドのデュレーションショートの可能性があります。本来的にはまだまだ長いのを買わなければならないのだけれど、これ以上金利が低下するとそれこそ逆ザヤを固定しながら買うはめになりかねない。

そこでその代替としての外貨建て債券をヘッジ付きで投資して何とか当面をしのごうということです。まあ海外短期金利が上がり始めたらヘッジをはずしてやり直せば、その時は円安にもなりやすくなっていることだし、何とかなると思っているフシがよみとれます。

ちなみに、国内株の投資枠の増加は、まあ目くらましというか愛想というかそういった類でしょう。今年に限って言えば、過去の持ち合いとかそういう遺物の解消がさきになり、増やすどころではないでしょうし、きちんとした成長のめどが見えない国の株など増やすところがあるとは思えないのですけれどね。

(追記)
市場的にちょっと懸念されるのは、これまで保険会社が買ってきた日本の国債のいくばくかが外貨建て資産にシフトしないか?ということ。うーん、ないとは言い切れないですねぇ。まだ30%まで行っているところはほとんどないけれど、いずれこの状況が続くと・・・という可能性は否定できません。

ただ、ヘッジ付き外債は完全な同等物とはいえないので、このことだけで現段階ではそれほど需給の悪化を心配するほどのことはないでしょう。

(追記2)
すでに上に書いた内容からもお分かりのとおり、規制上の「外貨建資産」の残高と為替リスクの大きさとは異なります。規制上(業法施行規則48条)為替ヘッジを使うことで外貨建資産から除外できるのは為替予約等によって「円換算額が確定している場合」に限られます。ところが超長期の債券など20年先の償還金の為替予約を取るのは現実ではない上、金利差のメリットをほとんどギブアップすることになります。また会計処理として個別の予約を個別の外貨キャッシュフローにあててその換算額を帳簿価格として計上するやりかた(まさに施行規則が想定している除外例)は「振当処理」といって「金融会計に関する実務指針」などでは「例外」として当面のあいだ認められていると言う位置づけであります。またこれは事務的にも面倒であり、多くの会社は時価ヘッジ(為替予約と資産の為替変動部分を両建てで当期の損益計算書で処理する)または繰り延べヘッジ(為替予約と資産の為替変動部分を両建てで当該資産の処分時まで繰り延べる)を主として利用しているはずです。この場合は為替リスクは(とりあえず)ヘッジされていますが、短期のヘッジでロールしており償還時の円換算額まで確定していないので、規制上の外貨建資産の額には含まれたままとなります。

要するに生保が為替リスクをとらなくなっているからと言って、「規制上の外貨建資産の対総資産の比率」が増えこそすれ減っているわけではない、というところで、今回の記事は理解すべきだと思われます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
09年度投信ランキング国内株、ハイテク関連...
 本日は「09年度投信ランキング」シリーズ最後の国内株ファンドです。 調査対象の98本全てが前年よりも上昇していて、トップは野村の『小型ブルーチップオープン』で43.70%だった。2... ...続きを見る
金融起業家河合圭のオフショア投資ブログ
2010/07/12 19:01
外貨建の保険を案内するセールスは20%くらい?
皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「外貨建の保険を案内するセールスは20%くらい」というお話。&nbsp;先日、ある保険代理店のセールスの方とお話し、「業界的には最近は外貨建の商品も多く販売されていますか?」*「外貨建て生命保険」とは?&nbsp;とお聞きしたところ、確かに契約数としては以前に比べ伸びているものの、終身保険や年金保険のような「円建」「外貨建」の両方がある場合、保険セールスの約20%程度の方しか、実際にはクライアントへ提案していないようです。この数字自体はまった... ...続きを見る
K2 Investment保険アドバイザ...
2015/11/17 18:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
いわゆる5:3:3:2規制みたいなものですか、長期運用ファンドに適用されていた規制ですが、まだその類のものがあったのですか。(とっくの昔に撤廃されていたと思ってましたが)
おっしゃるように、国内成長力が期待できない今、海外の成長力に期待すべきときなので、どちらかといえば外株(当然欧米ではない?)投資延ばしたほうがいいかと思いますが、ソブリンリスクとのかねあいがありますので。なんともいえませんが。
重要なのは、追記2の部分ですね。外債ヘッジといって、米国30年債をフルヘッジできるわけもなく、通常は手前の3Mとかでやってるのがほとんどで、仮に本当に30年持つとすれば、その後の29年9ヶ月は裸です。まーそんな先に為替金利水準を予想する奴はいませんので、自分の相場観のわかる範囲でやってます。もしくはこれを分離して専門の為替マネージャーのグローバルヘッジに任せたりしてますます、わけわかんなくなりますが。
ちなみにセイホは多分160円台で買った米国債を時価会計で手放すアホなことがなければ、そのまま保有しているはずでが、多分最後にはペイできるでしょうね。なんといっても年利8%以上で回ってますので。って長期運用担当者はいつも余裕で言ってます。いいかどうか別にして。
かる
2010/07/07 23:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
保険会社の外貨建資産・国内株式保有枠拡大へ(追記あり) 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる