厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 見出しに注意

<<   作成日時 : 2011/09/08 08:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 1 / コメント 3

本日の日経のマーケット総合欄で「邦銀の信用力 じわり低下」とヘッドラインが打たれていました。
ふむふむ。

でもですね、せっかくつけてくれた日米欧の主な金融機関のCDS保証料率という表をみますと7月末比の上昇幅は以下のとおりになってますね。

野村     0.76
三井住友  0.99
みずほCB 0.41

ウニクレディート(伊)   1.25
ソシエテ・ジェネラル(仏)1.58
サンタンデール(西)   0.57
RBS(英)         0.98
バークレイズ(英)     1.10
BNPパリバ(仏)     0.97
UBS(瑞)         0.97
ドイツ銀行         1.94

バンクオブアメリカ    1.51
モルガンスタンレー   1.38
ゴールドマン       0.81
シティグループ      0.78
JPモルガン        0.30

どう見ても日本のほうが全体として上昇幅は小さそうに見えますね。
また、絶対値でも、みずほCBのレベル1.88%を下回っているのは上記のうちJPモルガンだけ。

この数字だけ見ればどこから「邦銀の信用力」という書き方ができるのか?よくわかりません。いや、言いたかったのは日本の市場に限定した方向性である、っていう言い訳はありうるとは思いますよ。でもね、それはあまりにも言葉のニュアンスを無視した言い方でしょうね。「邦銀の」って頭に置いた段階で、すでに「外銀」が意識されるはずです。ワタクシ的にはこのヘッドラインを見た瞬間、邦銀のCDSが外銀と比べて相対的に上昇したのだと思ったのです。

たかが、ちょっとした言葉の問題であり、中身見ればわかるじゃないか、というのはもちろんそうなんですが、仮にこれが表がついていなかったら、明らかにミスリードです。言いたいのは、言葉を商売にしている人々がもう少し言葉に神経質になって欲しいなぁと。


ついでに、誤解のないように申し上げておきますが、ワタクシはCDSレベルで信用力を測ることにはやや批判的です。所詮は市場取引で上げ下げする指標に過ぎませんし、しかも流動性が低い場合もありそういった要素を加味しないで鵜呑みにするのは危険です。いわば店頭取引の株価で企業の信用度を判断するようなもの。もちろんおおよその方向性は当たっているとはいえ、例えば150円株価の企業と200円株価の企業をみてその株価だけで信用力の高低をいうのが意味のないことと同じです。

残念なことに時代はすべて数字で分析することを求めるようになっていて、CDSが信用リスクをデータとして扱いやすくした面は否めず、これが利用されるのはやはり時代の要請であるとはいえ、リスク管理上この数字には尻尾が本体を振り回すリスクがついてまわる、ということを利用者はよく認識しておく必要があるでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
洗濯日和なわけでして
今日は朝からすがすがしい天気! ...続きを見る
みゆ用のんびりブログ
2011/09/08 13:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
全く同感です。
期待感を込めて、日経には読者をミスリードしないようもっと勉強してもらいたいものですね。
HKPB
2011/09/09 23:30
まー昔からNけいさんは、ひとつの見出しで全然違う記事を書いていましたので。私の友人も一般的には、こうですが今は違うといったのに。翌日のマーケット欄には、一般的にいってこうだと断言したみたいに書かれてました。
Nケイさんでも、マーケット欄はポジショントーク的記事が多いので、みなさん注意しましょう。
かる
2011/09/10 19:49
ちなみにマーケット欄は記者の間でも登竜門的な場所らしく、すぐ言ったことに食いついてしまうのは致し方ないことでしょうか。
karu
2011/09/10 19:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
見出しに注意 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる