厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 不公平感

<<   作成日時 : 2011/10/30 01:54   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

人間の最大の罪は「嫉妬」である。これはキリスト教の基本的な考え方だと思う。
別にキリスト教だけではない。日本人はもっとそういう面に敏感なような気がする。ある意味ねたみの文化みたいなところがあって、それが世界で最も成功した社会主義とまで揶揄されるほどの平等な社会を築いてきたのだと思う。逆にいえば嫉妬は恐ろしい。政治は公平感を与えて人々の気持ちを落ち着けて、治世を安定させるべきなのだ。

ところが、いま世の中には不公平感が漂っている。一番大きなのは世代間の不公平感だろう。(個人的には男女間の不公平感(女性が優遇され過ぎ)もあるけれど、これはまた物議をかもしそうなので措く)。年金の問題が最大のもので、今の年寄と若者の間には、それこそ支給年齢から負担額からいろいろ大きな差が生まれてしまっている。
今の年寄は若い時に苦労してきたから、という理由でワタクシは我慢しているけれど、それでもモノには限度がある。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201110/2011102900253&g=eco

せめて過払い分は返還請求してはいかがでしょう?仮に取れないとしても、仕事としてそれぐらい誠実に執行してはいかがでしょうか?高齢者に配慮?それって最も不公平感を増幅するってことにどうして気がつかないのでしょうか?

世の中の不公平感の増大の恐ろしさを阿呆な政治家は理解できないのかなぁ。まあ想像力が欠如している集団だからこそ、ここまで事態が悪化してしまったわけだが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>>日本人はもっとそういう面に敏感なような気がする。ある意味ねたみの文化みたいなところがあって・・・<<

きちんとした日本語が書けるブロガーが少ない中、厭債害債さんの記事はいつも淡々と、しかししっかりとした視点があり、心地良いです。こういう記事を読む為に、一方的ではありますがリンクさせていいただいてます。これからも捲まず弛まず更新を続けてください。
Balibari
2011/10/30 02:32
>>今の年寄は若い時に苦労してきたから、という理由でワタクシは我慢しているけれど

私も同じようなスタンスでいます。

過払い分の返還請求をしないことは、
実際に徴収するコストや、
ミスで支給したものを返せと言うことの困難さ、
などを勘案すると、
致し方ないのかなあ・・・と思います。
以降分の減額なんかで、
対応出来なかったんだろうか?
とは思いますけど。
mushoku2006
2011/10/30 08:36
Balibariさん、コメントありがとうございます。おほめいただき恐縮です。好き勝手なことを書かせていただいているので、間違いや勘違いも多いので、お気づきの点は遠慮なくご指摘ください。

mushoku2006さん、どうもです。我々の会社でも、実際に返還請求するのが難しいようなお客さまに対する過払いとかそれ以外の請求権がありますが、きちんとフォローしたうえで資産査定します。取れるかどうかは別にして(というかおっしゃる通り金額対コストの問題があるので、そもそも行動はとらない場合も多い)社会ではイレギュラーなケースではステークホルダーのためにきちんとフォローし説明責任を果たす、というのが当然なのですが、国はいきなりギブアップで、誰も責任を取らないということでしょうか?というのがもう一つの疑問になります。おっしゃる通り、小額であれば減額等で対応もできるはずですが、まあ法律とかいろいろ面倒なのかもしれません。それでも、保険料を支払っている若者たちのためにも、回収するポーズぐらいは見せてもらわないと・・・っていう気持ちです。
厭債害債
2011/10/30 09:53
同感ですな。
これ以上世代間格差が拡大するようであれば、

「年寄りには死んでもらったほうが、年金や医療費や社会保障費の大幅削減できるんじゃね?」

とか、

「俺達の負担を減らすため、年寄りをポアしちゃえ♡」

とか言い出す輩がウジャウジャと湧いて出てきそうな、そんな雰囲気ですしねぇ。

実際、日本の財政が危機的状況に陥っている大きな要因は、歳入の過半が公務員の人件費となっていることと、高齢層の社会保障費の存在が最も大きいわけですから。

「公務員と高齢層の大幅削除」

こんな財政再建策が実現化する前に、民間の2倍超と恵まれすぎた公務員や高齢層の年金を、速やかに50%削減ぐらいの施策を実施しないとねぇ。

「Remember Pearl Harbor」というわけではないが、

「日本人は伝統的に我慢強いDNAを受け継いでいるようだが、我慢の限界を超えた時、想像を絶する行動を取る。」

と海外からは評価されているそうですし・・・。
ao
2011/10/30 12:03
>「いま世の中には不公平感が漂っている。一番大きなのは世代間の不公平感だろう。」

20代の若者です。年金は世代間格差を感じますが、それ以外はあまり世代間格差を感じないのですが、年金以外も色々とあるのですか?年金に関しては、「良くわからないけど、将来がばっと税金投入されるだろうから、掛け金を払わないと税金負担分損するから払っとくか」くらいの認識な気がします。


公平とは何か、というのも大きなポイントである気がします。人は自分を過大評価する生き物だと思いますので。
「何をもって頑張ったと考えるか」は人によって違いが大きいでしょう。頑張っていない人は、「自分の周りの頑張っていない人」と比べて自分は頑張ったが社会が悪い、と思っていそうな印象があります。そういう人と会話をしたことが無いので、良く知りませんけど。
若者
2011/11/06 19:40
aoさんコメントありがとうございます。本当に日本人がある瞬間に「キレ」てしまわないことを祈るのみです(その時はポアされる側かもしれませんが)。

若者さんコメントありがとうございます。世の中がどんどん便利になっていて生活が楽になったことなどを考えると、若者世代は年寄世代に比べて苦労していないのでしょうから、多少バランス取れているという考え方もありでしょう。ただ、仕事がなく将来に希望を持てない人が増えていることは事実で、その一方で赤字の国庫や年金基金から大量のお金が比較的リッチな給付として上の世代に支払われていることも事実です。不公平感はそういうものも含めたものと考えています。
厭債害債
2011/11/09 06:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
不公平感 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる