厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS MFグローバルの倒産劇

<<   作成日時 : 2011/11/02 11:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 1 / コメント 2

客の金に手をつけたんじゃないかとか、結構きな臭い話になってきてますが、彼らの倒産の原因は至ってシンプルのように見えます。ヨーロッパ国債のエクスポージャーに対する引き当てです。

しかしながら、2Qのプレゼン資料を見る限りにおいて、欧州国債の主なエクスポージャーにはギリシャは含まれていません。約63億ドルのエクスポージャーのうち過半はイタリアであり、しかもどの国に対しても2年程度までの短期ものにしか投資していません。
http://phx.corporate-ir.net/External.File?item=UGFyZW50SUQ9NDQ0MjQyfENoaWxkSUQ9NDY3MDM5fFR5cGU9MQ==&t=1
(5ページ参照)

みずほ証券のレポートによれば、彼らはファンディングをそれぞれの証券の満期にあわせるレポで行っていたようで、その意味では流動性リスクは一応ヘッジしていたといえます。最大の誤算は「2年程度の国債がまさかここまで値下がりするとは・・・」ということだったのでしょう。こういう事態になってしまうと改めて資本を調達することも不可能になり、一気に資本不足が露呈してしまう。あっというまに「決算ができない」状況に陥ったのだと思われます。

9月末現在で総資産410億ドル、自己資本13億ドルということで、やはりレバレッジは高い。不正流用の件を除けば通常の高レバレッジのファンドの倒産劇とばっさりやってしまうことも可能ですが、MFグローバルの特徴はやはりそのトップに元ゴールドマンCEOで元ニュージャージー州知事のコーザイン氏がいたことでしょう。

10月25日の決算発表(上記リンク参照)直後に格下げをうけて、会社側はこんなコメントを出しています(WSJより)

"After the announcement, MF Global said that the risk management of its portfolio of European sovereign debt is "sound and well-structured." The company added that its risk-management practices have been bolstered since Mr. Corzine, former New Jersey governor and a former top executive at Goldman Sachs Group Inc., took the helm in March 2010."

要するにGSさんの元ヘッドがやってる会社だからリスクマネジメントについては安心して任せとけぇぇぇ、と大見得を切ったわけですが、実は裏で身売り交渉していた。その挙句顧客資金の不足(流用)の疑いが出て買い手が手を引き、一気にバンザイしたということですから、こういうコメントを出している段階でもはや綱渡り状況だったから、金融界の人の公式コメントはそのまま鵜呑みにしてはいけないというまあ典型的な例なのですが、リスク管理という観点では、まあ欧州短期国債でここまでやられるというのは統計的にはちょっと予測不可能だったため、備えを怠っていたうえ、本来であれば身売りで何とかなったはずが、妙なイレギュラリティー(不正)の可能性まで出てきたので万事休すということだったのでしょう。

格付会社も後手に回った感じです。25日の決算発表後にムーディーズはようやくBaa3に格下げしており、まだかろうじて投資適格を維持させています。確かS&Pも直前まで投資適格外にはしていなかったはず。つまり少なくとも決算発表までは倒産の可能性についてそれほど予測できていなかったということです。不断からキチンとビジネスモデルをチェックしていれば、こうなる可能性についてはある程度予測できると思うのですがね。確かに欧州の周辺国ソブリンクレジットの悪化は夏以降結構早かったとはいえますが、ちょっと格付会社として準備不足の感は否めないと思いました。

ついでに、ムーディーズさんの2010年までの過去20年間における平均年間格付遷移率(基準時点で一定の格付であったものが、1年後にある格付になっている確率)を見てみますと、Baa格のものがデフォルト(D)になるのは国内で0.04%、世界でも0.19%に過ぎない。ただ、0.19%というのは大雑把に言って500社に1つはそうなるということなので、まあ世界の格付されている会社の数を考えると、決して珍しいことではないということは、まあ一応押さえておく必要もあるでしょう。

いくつかの要素が絡んだ倒産劇だとはいえますが、広い意味でのリスク管理について改めて考えさせる材料が増えた感じです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
米MFグローバルが連邦破産法11条の適用申請、影響は収拾可能の見通し〜しかし、顧客の口座に手を付けて...
米の大手証券会社が経営悪化のため(借りたお金などを返せない見通しがたったため)、連邦破産法11条(日本でいう民事再生法)の適用を申請したとのこと。  これを見る限りでは、2008年9月に起こった「リーマンブラザーズ証券」の経営破綻(リーマンショック)を思… ...続きを見る
リプラス 情報収集組合〜社会人サークル・...
2011/11/02 15:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。突然のコメント。失礼しました。 プラダ メンズ http://www.kfsmtv.net/pradamens.html
プラダ メンズ
2013/07/22 13:20
典型的なアホパターン、リスクを顕在かするとか、まー計量化できると言った時点でこいつはいかさま、ペテン師野郎で、まー祈祷師になり下がったとおもって下さい。ハイ
かる
2014/09/09 22:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
MFグローバルの倒産劇 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる