厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS ノルウェー輸出信用公社(Eksportfinans)続編

<<   作成日時 : 2011/12/20 09:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

http://uk.finance.yahoo.com/news/Eksportfinans-ASA-afxcnf-64305227.html?x=0

どこぞのヘッジファンドがサムライ債のデフォルト通知を送りつけたようです。
ワタクシも詳しく調べたわけではありませんが、会社側のリリースによれば、デフォルト事由に当たる場合として「デフォルトが発生する条件は、その会社が業務のすべてもしくは実質的にすべての業務の遂行を中止した、もしくは中止するおそれがある場合で、なおかつ、そのことが債券保有者の利益を著しく損なうと受託会社が証明した場合に限られます。」とされています。
業務が実質的にすべて遂行を中止されているとかその恐れがあるというのはまあ微妙な判断だと思いますので、問題はそれが「債券保有者の利益を著しく損なう」かどうかだと思われますが、この辺はデフォルトを言いたてる人がきちんと主張して受託会社が証明する必要があります。正直これも微妙ですが、ローン資産の健全性やリザーブファンドの大きさにかんがみれば、十分返済能力は残っているのではないかなぁと考えています。一応、リリースにもありますように、リーガルオピニオンを2箇所からとっており、いずれもデフォルト事由に当たらないというコメントをもらっているようです。

とはいえ、いまの同社はガソリンをかけられた家のようなもので、何もしなければそのうち乾いて平穏になるのですが、キチガイが一人マッチを擦って投げ込むだけで炎が噴きあがることもある。まあ明らかにそれを狙ったイベントドリブン系ヘッジファンドみたいなやつの仕業だろうとは思います。

格付会社はかなり慎重な物言いをしていて、S&Pも確かにMTNがデフォルトに該当するかどうか調べておりクレジットウォッチとして警告しているもののこの後どうなるかは「所有者」すなわち国や国の資本の入った銀行などの行動というか意思に依存するところが多いことを表明しています。前のエントリーでも書いたように、国が余計な騒ぎを収めたければそれなりの意思表示をすることが近道だと思います。まあいろいろな縛りがあってそう簡単な問題ではなさそうですし、もしかしたら本気でどうなってもいいと思っているかもしれません。そうだとしたら話は別ですが、仮にデフォルト宣言が認められても、今の状況でおそらくこの発行体がスワップポジション解消に際して大損するような要素もなさそうですし(自信はありませんが)ローン債権も多くが政府保証ですから毀損していないと考えられ、投資家が最終的に大きな損を蒙る可能性は少ないと感じています。

ただし、言うまでもなく、仕組み債に投資しているのであれば、その仕組みそのものから生じる損(例えば株価リンクであれば株価の下落とか)は甘んじて受ける必要が出てくるということでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こういうのを見るにつけ、バフェットの言っていたことは正しかったなぁ、と思うのであります。

儲かれば何でもいいんですかね?まぁ、いいんでしょうね(私も業界の片隅に身を置く者ですが、こういったことには辟易としています)。
みほのぶるぼん
2011/12/24 15:05
みほのぶるぼんさんどうもです。安く買ってすぐに100で返ってきたら(相手の立場や財務内容からして100で返る可能性は大きい)リターンはとてつもなく大きいですからね。やりたくもなるんでしょうね。
厭債害債
2011/12/29 08:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノルウェー輸出信用公社(Eksportfinans)続編 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる