厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS AIJ投資顧問の事件

<<   作成日時 : 2012/02/25 17:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 85 / トラックバック 2 / コメント 20

ニュースを見ればすでに一部では過去に「第二のマドフ」とささやかれていたらしいのです(http://jp.wsj.com/Japan/node_398677)がそれでも評価が高かったという声があったようですし、そういうところに対してもほとんど監督が働いていなかったという点を考えると、暗澹たる気持ちになります。日本でも悪意を持ってだまそうとしたら、これほどまで簡単に引っかかってしまうということで、もうこれは監督の限界を感じざるを得ないのではないかと思います。

運用の失敗なのかもしれませんが、途中からは詐欺に転じていることは疑いないと思われます。手口も伝え聞くところではオプションの売りと現物のロングを噛ませたいわゆるカバードコール戦略だったといわれますが、この戦略だと下落局面ではやはり損が出るわけで、お客さんにその収益の源泉をどうやって説明していたのか、そしてお客さんがどういうふうに納得して投資していたのか非常に興味深いところです。マドフ事件のほうはまだ主役が金融業界の大立者だったという点でむしろだまされやすかったということがいえると思いますが、今回の投資顧問会社の関係者にそういう人々の影がうかがえない(これから出てくるかもしれませんが)以上、申し訳ないですがだまされたほうも相当悪いと思います。少なくとも人のお金を預かっているのだから相当な注意を払うべきことは法的にも当然で、そもそもこの相場の中で儲かり続けているファンドがあるとしたらその収益の源泉について自分が納得できなければ投資するのは大変危険だと思います。しかもマドフの例があるのだから、それなりの疑いの目で見る必要があったわけで、残念ながらそれでお金を飛ばした基金の責任者の責任は重いと言わざるを得ないですね。

というのは、きちんとデューデリをすればそれなりのぼろはいくらでも発見できるわけです。ずっと前に「マードフ事件の暗闇」というエントリーで次のように書きました。

実は米国に住んでいたとき、ある人に頼まれてこのマードフの運用スキームを販売するファンドオブファンズのセールスの人の話を聞いたことがある。基本的な運用の仕組みは極めてシンプルである。SP100指数に属するベータ値の高い個別銘柄を何銘柄か買い持ちにする。そして片方でSP100指数のオプション取引、具体的にはカバードコール(保有している銘柄についてスポット価格より上の行使価格のコールの売り)を行う。これだけでは、市場が上昇を続けてしまうと、コールオプションが行使されそこで売らされてしまうため、それ以上の現物の値上がり益を取れないためアンダーパフォームしてしまうものの、少なくともプラスは確保できる。問題は市場が下落するときであるが、彼らの言によれば「状況に応じて」プットオプションを買うのだそうだ。それではどういうときにプットを買うという判断になるのか、と聞くと、マーケット状況の総合的判断だという。

本当はもっと複雑な説明もあったのだけれど、極めて単純化して言えば、彼らの言っていることは「マードフ氏は天才であり、相場の動きを極めて正確に読み切ることができる」ということだ。つまり、このパフォーマンスはマードフ氏の属人的能力に100%依存しているということになる。これぐらいは誰でもわかるだろう。そして天才相場師という人がいま絶滅したこともみんな知っているはずだ。

ヘッジファンド一般に確かにブラックボックス部分が多いのはわかるけれど、ここまではっきり「個人の勘」を全面に出した投資手法に巨額の金を突っ込んでしまうというのはワタクシとしてもかなり疑問を感じざるを得ない。損益曲線を描いてもらえば簡単にわかるが、この戦略は市場が上がり続ければプットを買いすぎない限り基本的にはマイナスになることはない。ところが下げ相場が続くと、逆に確実にマイナスになる。にもかかわらず過去20年ぐらいの間にわずか数ヶ月だけしかドローダウン(リターンがマイナスになること)がなかったこと自体、普通は疑わなければならない。実はこの投資手法に関してワタクシはいくつか質問をしたのだが、結局わかったことは「この数字が本当ならマードフ氏は神様に違いない」ということだけだった。

しかもワタクシに説明してくれた人は、投資されたお金がマードフ氏に預けられることははっきりと説明していない。その人の説明ではマードフ氏の勧める戦略に従って売買を執行する、ということなので、その説明に従えばお金そのものは手元にあるはずだが、実際はお金ごとマードフ氏に預けられしかも外部信託ではなくマードフ証券のカストディに入っていたから、まあ持ち逃げされることになったようだ。ここはまさに今回のフィーダーファンド経由の投資において大いに問題になるところで、SECの調査でもフィーダーファンドがきちんと説明していなかったとして問題になりそうなところである。

多くの場合、投資家のほうでもともとヘッジファンドなんてブラックボックスだから、という「判断停止」があるように思える。詳しく調べたって最後は企業秘密とやらで詰められないなら(本当はそんなこともないと思うけれど)「人」で判断しましょう、という行動様式が一部に見られる。光背効果(ハーロー効果)といわれるやつだ。ワタクシも人を見て判断することに異論はないけれど、ここまで説明が疑わしい場合は、いくら元ナスダックの会長でも疑ってかかるべきなのである。大体において詐欺事件で共通しているのは「信頼に足る(と勝手に思う)」著名人が使われることを忘れてはならない。


それと、当時は書きませんでしたが、実はそのフィーダーファンドのオフィスにうかがったこともあり、その時あまりにもセキュリティーが緩くシステム的にも洗練されたものが一つもないことに気付きました。それはワタクシがマドフが天才か神様でない限りこのパフォーマンスを上げ続けることは不可能である(当時はまさか詐欺とまでは思わなかったので「まぐれ」だと思っていたのですが)と断定した一つの理由です。つまり彼らの仕組みには何ら特別に秘密にするようなシステムもスキルもないということです。そういうことぐらいまでは実際に訪問しきちんと質問したり調べれば多少の「におい」が感じられるものなのだと思います。

それにしても、年金のお金を悪意を持って溶かしてしまったとしたらこの投資顧問の責任者は決して許されるものではないでしょう。たまたまちょっと前にアガサ・クリスティの「オリエント急行殺人事件」を見ていまして、ネタばれ覚悟で言えばまあ今回の被害者も同様にこの投資顧問の責任者をいすに縛り付けて(まあさすがにナイフで刺すわけにはいかないでしょうが)髪の毛を一本ずつ抜かせるとかそういうことぐらいやらせてあげるべきなんじゃないでしょうか。

まあ冗談はさておき、やはり気になるのは規制当局との関係です。今回はまた慌てて投資顧問に一斉に調査が入っているみたいですが、所詮当局がどんなに頑張っても普通の世界で詐欺犯を完全に排除するのは無理だと思います。むしろ、こういう事件をきっかけに妙な規制ばかり増えてくるのが怖いのですね。もうリスク管理の世界では実際に起こっている話ではありますが。

(追伸)それにしても、下記記事タイトルはちょっとミスリードかなと思います。同時にそれだけのリスクを負ったデリバティブのポジションを負っていたのではなく、オプションの売りとかスワップとかの想定元本の累積ではないかと思いますが、どうでしょうか?

年金消失のAIJが57兆円のデリバティブ取引
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220225013.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 85
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
AIJ投資顧問、年金消失で業務停止命令
金融庁は24日、企業から運用を受託した企業年金資産約2000億円の大半が消失しているにもかかわらず、虚偽の説明をしていたとして、独立系投資顧問会社「AIJ投資顧問」(東京都中央区)に対し、1ヵ月の業務停止命令と業務改善命令を出しました。また、この問題を受けて金融庁は27日、投資顧問業者263社を対象とした一斉調査に着手しました。 ***♪AIJ♪ ...続きを見る
歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。
2012/02/27 21:28
「AIJ投資顧問の事件」について
「AIJ投資顧問の事件」を読んで考えてみました。 ...続きを見る
労働、社会問題
2012/04/27 09:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
しかし、他人のせいにしても金は帰ってきません。
投資はあくまで自己責任という事は再認識しなければなりません。
にのみや
2012/02/25 18:28
ご無沙汰しております。
今回の件は、まさにデューデリがきちんとなされていれば相当防げたはずで、その点は残念といわざるを得ません。(「被害者」の方々は本業の顧客サイドのみなさまなのであまり批判したくはありませんが。。。)
ただ、今回の手口は、デューデリをきちんと行いそうなところは初めから相手にしていなかったようで一種のえげつなさを感じますね。
a-kun
2012/02/25 18:41
他ブログで基金の担当者にAIJからありえないレベルの接待が行われていたという噂を聞いたことがある。というエントリを見ました。これが本当であれば基金サイドにも訴追の可能性がありますね。デューデリジェンスとかいう以前の問題。。

金額に関しては合理的に考えればすべてのデリバティブ取引の想定元本の合計でしょうね。

何というか悪事のレベルもショボい気がします。
nobinobi99
2012/02/25 19:41
ご無沙汰しております。
2002年頃に私も勧誘を受けた事があります。運用戦略は日経平均先物とオプションでのカバードコール一本勝負とのことでした。もし、大きく上がったらオプションが持ち上げられるし下がったらデルタでやられてしまうのではないですか?と質問したところ、オプションのストライクを機敏に乗り換えるので全く問題ない、何せ松◯新平@元◯村證券株式部長が見ていますから、という回答でした😲
欧州駐在@私も勧誘を受けました
2012/02/25 23:06
いつも勉強させていただいてます。

一点質問なのですが、カバードコールでこんな損の仕方できますか?自分自身がアマチュアながらオプショントレーダーなので、大損こいたと聞くと、何でもかんでも盆栽名人の類か、故意の外部流出と思い込んでしまうのはよくないのですが。
zoomchaka
2012/02/26 00:24
メーカーや建設の言い方は悪いのですが役員に到達せず上がりポストが年金の理事であったりするわけで金融リテラシーはアグラ牧場に投資する個人レベルだと思います。
そういう人達に怪しい商品を見抜けというのも酷といえば酷な話で(もちろん職務に応じて勉強すべきですが)、なかなか根の深い問題に思います。
mucchosan
2012/02/26 01:03
何年も欧州におりすべて推測ですが。
年金の制度設計にもよりますが、普通は資産配分比率を決めてリバランスするので世間一般の運用成績より高いパフォーマンスを挙げると超過分をcashで返すことになります。また給付資金の流出もあるので、実際の運用成績に偽りがあれば相当な自転車操業になっていたのではないでしょうか?故意の外部流出かどうかは兎も角、運用報酬は流出しているでしょうから当局は明らかにして欲しいですね。
一部企業系年金基金を除き多数の総合型年金基金が関与されておられるようです。今は知りませんが、以前は厚◯◯働省出身の方が常務理事として給付設計のみならず運用実務も担当されるケースが多かったようで、90年代半ば迄の年金資産運用が実質上⒌5パーセントで保証されていた頃はそれでよかったのかもしれませんが。
欧州駐在@私も勧誘を受けました
2012/02/26 05:12
規制でがんじがらめの銀行や生保と違って、投資顧問の投資制約はかなり緩いですからね。小規模基金の運用責任者が母体企業出身で投資に詳しくなかったりすると、こういう事故も生じます。
とある投資家
2012/02/26 13:12
にのみやさんコメントありがとうございます。全くおっしゃる通りかと。ただ、今回被害にあったのが中小企業が多いので、最終受益者の立場では本当にお気の毒です。

a-kunさんどうもです。この点も同意です。それゆえに詐欺の匂いがあるわけで、お金がどこに行ったのか、究明が待たれますね。ちなみにケイマン籍のファンドにほとんど突っ込んでいてこのAIJはいわゆるフィーダーファンドにすぎないと思えます。となると、本当の黒幕はどこか別にいそうですね。

nobinobi99さんどうもです。接待漬けでこういうファンドが購入されていたとしたら論外ですね。

欧州駐在…さんどうもです。某大手証券のほうにも火の粉が及ぶ可能性もあるのでしょうか?最近オリンパスの一件といい、結構評判リスク高まってますね。
あと、自転車操業の件ですがマドフでも末期はそうなっていたようですから同じだと思います。(なおダブル投稿の部分は削除させていただきますのでご心配なさらないようにお願いします)。

とある投資家さんコメントありがとうございます。
全くおっしゃる通りで、一定規模以下だと独自の基金を持つのはリスクが高いと思いますね。

zoomchakaさんどうもです。おそらく、9割飛ばしたのはレバレッジが相当大きかった(ネイキッドオプションを大量に売っていた)のか、それこそ本当に初めから社外流出だったのか、という感じですね。デリバティブの想定元本からすると前者の可能性が高いとは思いますが。

厭債害債
2012/02/26 15:41
mucchosanさん、コメントありがとうございます。そういう立場の人々には確かにハードルの高いことでしょうが、法的には全館注意義務があると考えられ、無責任な投資に対しては責任が発生すると思います。あと、一定規模の基金は役所や銀行からの天下りも多いと聞きます。それほど甘い仕事ではないと認識してもらう必要があります。
厭債害債
2012/02/26 15:44
AIJ?、えっ?まだやっていたんだ・・・。というのがこのニュースをきいた最初の感想です。私が最初にきいたのは2004年ごろだったでしょうか。懇意の企業年金の常務理事からでした。その方もかなり入れ込んだ評価をされていましたが、運用スキームの概略が説明されたパンフレットをみると、「欧州駐在@私も勧誘を受けました」さんも書かれている、元○村證券の株式部長ドノの実績を前面にだした情緒的説明でした。
「こりゃー、ダメダ」「株屋さんの自己勘定でいくら実績があっても資産運用の世界とは住む世界が違うし、すぐに丸裸になるだろうナァ」「そもそもこんな手合いのプロダクトに興味を持つって、この人のセンスもここまでか・・・」と思い、せいいっぱい穏和な表現でやめておくように忠告しました。
その後、私は実業界に転職しましたので、今日までAIJの名を聞くことはなく、まさか2000億円も顧客資産を預かる規模になっているとは!、というのが率直な感想です。
オリンパスの指南役も○村OBが絡んでいましたっけ?ブランドの落日を象徴しているかのようで、悲哀を感じてしまいます。
お伊勢参り
2012/02/27 22:53
総合型の基金常務理事は社会保険村からの天下りばかりです。社会保険の知識はありますが、運用知識は全くなく素人と同じです。AIJは無能な総合型基金に的を絞って営業したふしがあります。騙すほうが悪いのですが、良識的なバランス感覚があれば資金委託は躊躇すると思います。制度疲労がここまでくれば、基金は存在意義がないですね。
元基金常務理事
2012/02/29 15:49
お伊勢参りさんどうもです。やはりそういうレベルの話だったのですね。

元基金常務理事さんコメントありがとうございます。これもやはりそうでしたか、という感じですね。
厭債害債
2012/03/05 02:27
まってましたどしろうとの皆様のすばらしい、金融当局と年金官庁とのなすりあいかつ、アホマスコミの予想通りに反応。
ひとつひとついいましょうか。アほK有庁様がなぜか、信託銀行に受託者責任を押し付けるって。いみわかんないー。彼らはアドミかすとデーなので。投資顧問会社の端的にいえば現物管理を任されているだけ。いうならば○投資顧問がJGB預けられだけなので、受託者責任は全くありません。
ということを知ってかしらずか、馬鹿K有庁はわけのわからんこといってます。
今回の問題はシボ投信に海外じゅたく機関の責任にあるわけですが、その責任会社の運用先が会社型の運用会社の社債で、そのまた運用先の投資対照を、投資顧問会社に委託している、ヘッジファンドの30%が運用先で、その70%の運用先はFオブFでなんていったら、だれもわからんのです。
かる
2012/03/08 00:19
つづき。ちなみに運用コストを軽減する為に、運用先をケイマンに移転させることは誰でもやっていることで、これ自体を悪用という馬鹿マスコミの間抜けな報道は無視しましょう。ということで、実は年金運用ではなく、あなた方がかっていると、勝ってに信じている海外商品向けのブラジル通貨建ての、発行元がジンバブエセ政府が、とりあえず自国のダイヤモンド採掘権を担保にして、発行した社債のキャッシュフローをイスラエルの銀行が円建てで保障している債券に100%投資する南アランド通貨リンク立ての投信でもやっていることなので、覚悟しましょう。
かる
2012/03/08 00:22
ということで、この世界は既に我々の知らない世界に、自分の金がいっている恐怖を味わうという、極めて今日的な問題なのです、あはは。で年金は公的運用機関に預けちゃならね^JGBはだめだというしな。さてあなたは何に老後をかけますか。
かる
2012/03/08 00:28
こういった問題をまた社ほ庁という矮小化された問題に起因して、アホ規制官庁を祭り上げる馬鹿マスコミが哀れでなりません。
でその年金基金の運用を外部機関に任せた結果こういうことで、残念ながら年金運用に関しては、海外にも日本にもちゃんとした評価ができる人材はいません。
ここでも述べたように、MPTは十数年間前も含めこの理論が、年金運用の根幹だと考えた人は、監督官庁以外いなかった、
で馬鹿マスコミは5332規制をやる、運用当局を批判して、規制緩和したこのザマは誰が責任をとるのでしょうかね。で大蔵はだから全ての年金資産は年金特会にまかせボロボロの財政投融資に任せたほうがよかったなんていあわねーだろな。でいまだに財政機関は採算無視で生きのてます。あーあ
かる
2012/03/08 00:34
すまんが、ここでやらそうに言っている馬鹿はみたこともない人たちです。こいつら本当に運用やったことあるのかな。社歩調の人たちを批判するのはいいが、おまいやらに受託者責任の重さはわかっているのかな。貴様らの言葉からは、プルーデントマンルールのかけらも感じられい。年金運用理事の責任の重さは別のところにある。
karu
2012/03/08 00:47
害債さんスレ立ち上げありがとうございます。公的年金の運用者も企業年金の運用者も国共連の運用者も自分とこども達の資産だということを、肝に銘じて運用すべきですね。経済政策はいまだに時間の合成の誤謬だらけです。
かる
2012/03/08 01:12
かるさんどうもです。ワタクシは今回の事件をきわめて単純なものと見ております。つまり能力のない人間が運用に責任を負っていた結果として大規模詐欺に引っかかった運用の失敗です。おっしゃるとおり信託の問題でも金融庁の問題でもありません。ましてやただ、次のエントリーでも書いたように、今回の事件には構造的に社会保険庁の構造問題が深く関わっていると思います。というか、天下りがそのような無能な運用の原因だとしたら、やはり当該官庁のえらい方々の問題といわざるを得ません。
厭債害債
2012/03/08 08:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
AIJ投資顧問の事件 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる