厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS AIJについておまけ。

<<   作成日時 : 2012/03/07 00:49   >>

ナイス ブログ気持玉 57 / トラックバック 0 / コメント 15

毎日新聞のネット記事から引用させていただきます。

「投資顧問会社「AIJ投資顧問」(東京都中央区)の年金消失問題を機に、全国の厚生年金基金に旧社会保険庁(現日本年金機構)OBが05年時で600人以上、天下りしている実態が明るみに出た。多くはノンキャリアで、資産運用の経験は乏しいとされる。構造的な天下りが問題を拡大した一因ともみられ、OBの一人は毎日新聞の取材に「資産運用の経験は全くなく責任を感じる」と述べた。一方で、別のOBは「相手がうその説明をすれば誰が運用しても結果は同じ」と強調した」

まあ天下り自体はこれまで慣行を誰も是正してこなかったから本人たちのせいではないということも出来ましょう。ただ、やはり運用の責任者なのだから運用の責任を負う。これは動かしがたい事実です。その責任者が

相手がうその説明をすれば誰が運用しても結果は同じ

などとほざいているとしたら、同じような運用の世界にいる人間としてはいたたまれない気持ちになります。そういう気持ちが基金に天下っているOB理事たちに共通のものだとすれば、有無を言わさず天下りを全面禁止すべきです。だって無能なんだもの。そんな人間に報酬を払う必要はないし、もし払ったとしたら下手すると税務上費用ではなく交際費とか使途不明金扱いですか?

運用って結果責任なんですよ。だまされたらアウト。だましにきた人を見破らなければ責任を果たしたとはいえません。もちろん運用ですから想定を外れた損をすることがあるわけだし、また万が一だまされることもあります。ただそのときにファンドの運営そのものが立ち行かなくなるぐらいの大きなロスを抱えないよう、セオリーとして分散とか言われるわけで、そういう初歩中の初歩の約束事すら守れないいくつかの基金の責任者は善管注意義務違反で損害賠償の対象となるべきです。

前のエントリーを書いたときは、社会保険庁OBがコンサルとして仲介していたとは知りませんでした。いまやまるで組織犯罪の様相を呈していますね。年金消失問題といい、どこまで無責任な組織なんでしょうか。よくも恥ずかしげもなくそういう無能力な人間たちを天下りさせていたものだと思います。

ついでに言えば、このことで破たんする企業があっても救済の必要はないと思います。これこそ銀行救済を超えるモラルハザードですが、銀行ほどシステミックな問題は発生しないと思います。そういう管理しかできなかったというガバナンスの問題にほかなりません。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120306-00000091-mai-bus_all
政治家がまた救済とか言い始めているようですが、そのために税金を使うのであれば、社会保険庁OBの年金を全額召し上げてからやってほしいと思います。本来つぶれるべき組織は社会保険庁だとおもいますから。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 57
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
私も無能は罪だと思います。特に、責任ある筈の立場にいる誰かが無能な場合、その害悪は周囲に撒き散らされます。天下り云々は全面禁止でいいとして、私が他の事件でも思うのは『役員』と呼ばれる存在の価値です。彼ら、本当に何かの役に立ってるんですか?数千億円単位の赤字を計上してもしれっとしてますし、社長と副社長じゃ駄目なんでしょうか。(法律の存在は知ってますけど) 監査役とか社外重役なんてのがお飾りに過ぎないのも露呈してますしね。
名無之直人
2012/03/07 00:59
無責任極まれりですね。
開いた口がふさがりません。
こんな人たちのために税金を投入するのは、
マジでご勘弁を。><
mushoku2006
2012/03/07 13:51
社会保険庁OB:当時業界では大変有名な方でした。
報道で既に名前もでていますが、コンサルとしての殺し文句は「最後に決めるのはあなたです」でしょうが、もしAIJから成約の成功報酬を貰っていたらアウトです。国内口座で受け取る程ヘマでは無いと思いますが。
被害に遭われた基金の救済に賛否両論あるようですが、国の厚生年金の運用分が不足している代行割れ状態でも解散させてあげるのが最大の救済にあたると思います。加入企業にとっては積立不足分の追い銭を払わないと脱退すら出来ないのが現状です。これを機会にせめて解散させてあげてはどうかと感じました。
欧州駐在@私も勧誘を受けました
2012/03/09 09:21
AIJ問題、いろいろと議論に広がりを見せてきましたネ。AIJにひっかかるのは明らかに善管注意義務に抵触しています。事前の世界では前回記事のコメントにも書きましたように、運用スキームの怪しさに気づかないのがおかしい。事後(委託開始後)の世界では、月次の運用報告書が他の運用会社からの提出タイミングと比較して著しく遅い。時価変動の脈絡のなさを基金事務局がトレースしなくとも疑問を感じる点は少なくなく、また業界ではそれなりのウワサがあった・・・。
国民新党のジミ金融担当大臣は「あらゆる可能性を・・・」とか、のたまっておられましたが、救済は論外でしょう。この国は票やお金に結びつくせいか政治もメディアも中小企業に甘すぎてかえってその成長を阻害しています。
お伊勢参り
2012/03/10 00:01
「欧州駐在@私も勧誘を受けました」さんがおっしゃる「代行割れ状態でも解散させてあげるのが最大の救済にあたる」は、一面わかる気もします。ここ10年の総合型厚生年金基金の大半の財政状態は惨憺たるモノで、厚生労働省は見て見ぬふりというか、延命装置である「経過措置」の小出し・オンパレードです。財政を支えるハズの中小企業(その多くオーナー社長が君臨する)は被害者意識から抜け出せずに思考停止にしている。つまり当事者意識がない理事会・代議員会、基金事務局(社保OB)はダッチロールで経営能力は欠如しているといわざるを得ない実情です。
これ以上この大きな穴が広がらぬうちに、一定の責任をとらせた上で破綻処理して厚生年金保険本体に戻すほうが、長期的な国民負担の観点で見ても得策と思います(一般に厚生年金基金の「解散」は資産の「あるだけ」解散で尻拭いは厚生年金保険本体が行うことになるので、これは賛成できません。)。
お伊勢参り
2012/03/10 22:53
運用執行理事の機能の充実は、再発防止策(今回の事件のような低レベルずきる事件が再発する蓋然性がどれだけあるのかはサテオキ)のキモでしょう。
「専門ノウハウとリスク管理」とも言い換えれます。大半の基金は人件費をケチって常務理事と兼任ですし、その常務理事はいわゆる「基金のオジサン」といわれる社保OBないし母体企業の人事部OBです。仮に経理・財務部がみていても、せいぜい日経新聞をマメにみて為替レートをそらんじることで自分はマーケットをみているタカをくくっているのが関の山でしょうか(辛口すぎてゴメンなさい)。つまり大したノウハウきなくデューデリなんぞ目利きすらできません。これでは、詐欺は無論のこと、通常のリスク管理にも事欠くのは必定です。
運用執行理事の制度の本来の趣旨からして、資産運用経験のある専門性のある人間をスカウトして、運用管理をさせつつ、ステークホルダーとリスク運用の橋渡しをさせるのが本筋です。基金常務理事兼運用執行理事を社保や母体企業の「アガリ」のポストにして50-60歳代の人をあてがうのがよいのか、30-40歳代で基金での実績を積んで、資産運用業界に戻ったり、証券取引等監視委員会で摘発に当たったり・・・という米国並みの「回転ドア」的人的交流をも形成させていくのがよいのか、答えは明らかのような気がします。外資・日系の金融業界をとわず、これらの意欲・能力を担える人は少なくないと思います。
今回の件に的外れの過剰反応をすることは、、わが国のリスクマネーをますます氷漬けのままにすることになります。
お伊勢参り
2012/03/10 23:05
「政治家がまた救済とか言い始めているようですが、そのために税金を使うのであれば、社会保険庁OBの年金を全額召し上げてからやってほしいと思います。」
そういう条件を満たせば、税金を使っていいなどと言ったら、政治家は喜んで税金を投入するのではないでしょうか?全額召し上げても、政治家は何ら痛痒を感じないのですから。
平家
2012/03/11 18:24
すみません。この問題を社歩調のド素人といいますが、私に言わせれば、プロの年金投資家なんてこの世にいません。でさーリスクマネーに投資すれば、運用パフォーマンあがるのかおい。でだめだから、JGBこれもだめなら。おまえのポートフォリオ戦略をここでいえよ。ぼけ。
それが出来ない奴に年金理事批判する価値ねーな。


karu
2012/03/15 23:26
すまん。ちょっといいすぎたが、最後は5332規制しかんおかな。でMPTで、いうとリスクマネーをダ出しすぎもだめだし、ソブリン物でこの状況下でパフォーマンスがいいファンドでかつ、配当出してるファンドはそうとう危なっかしいてわかる人にはわかるが、ここからが国債でない世界の投資は、この前いったように、どこの規制当局が尾ってもわからん世界なので、規制は意味がなし、そういう意味では、みんなドシロウのくせのやらそうなこというなということです。オルターナティブでPEとか絶対リターンとか商品Fとかで、勝ったためしがない。リスクマネーは個人投資家の世界。日本にそんな奴はいない、すべてドシロウのサラリーマンなので、こんな奴にリスクマネーは出せない。
戦後GHQが、財閥を解体して以来、日本にリスクマネーを出せる投資家が果たしているのでしょうか。
karu
2012/03/16 00:33
名無之直人さんどうもです。おっしゃるように「役員」とはまさに責任を取る立場であり、その責任の対価が権限や報酬なのですが、事件によっては十分に職責を果たしていない事例が見受けられるのもおっしゃるとおりです。ただ、まあ日本のいわゆる取締役は一般的には責任やカバーする範囲の割りに報酬が少ないかなと感じることはありますね。最終決裁を誰がやるかという問題が絡むので、社長と副社長だけでも出来る企業の規模には限界があるとは思います。

mushoku2006さんどうもです。同感です。

欧州駐在・・・さんどうもです。どちらにしても苦しい選択を迫られるのでしょうね。



厭債害債
2012/03/16 08:57
お伊勢参りさん、どうもです。総合的な見解、とても参考になります。救済を厚生年金全体でという議論も一部にあるようですが、おっしゃる通り好ましい選択ではないと思います。

平家さんどうもです。本気でできるのなら、ほかの議論にも応用が利くので、ぜひやってもらいたいと思っています。たとえば、ここまで経済を低迷させて諸外国からなめきられている国にした政治家の議員年金は全額回収とか。まあ無理なことはもちろん承知の上ですが、やれたらすごい。

karuさんどうもです。社会保険庁OBというか今回の一部の基金の投資行動が社会人として要求される平均レベルよりはるかに下だったということです。プロとして期待されるのはもちろんですが、かりに「プロ」ではないにしても最低限人の金を預かっているという自覚があればできないようなことをやっているわけですから、プロとしてというより契約を行う大人としての最低限の責任すら果たしていないと思われます。
なお、5332規制とは何の関係もありません。MPTとも何の関係もありません。規制とも何の関係もありません。PEやオルタナがいいとか悪いとかとも何の関係もありません。リスクマネーを出す出さないの議論とも全く関係がありません。ただただ、ひたすら無能なひとびとがこれほどまで多くの金を動かしてしまっていたということです。非常に単純な話で、こういうAIJのようなところにお金を集中させないような最低限の常識を持ったひとが運用をやればいいだけです、本当に大多数の良識ある投資顧問にはいい迷惑だと思います。
なお、コメントの一つ目は意味がよくわかりませんでした。ご自身でも書かれているように文中に不穏当な表現もあり、削除させていただこうかとも思いましたが、二つ目とのつながりもありあえて残します。以後気をつけていただければ幸いです。
厭債害債
2012/03/19 01:05
>>相手がうその説明をすれば誰が運用しても結果は同じ
…なるほど、こりゃ日本の年金が危機に瀕するわけだ…
無理無理蝸牛
2012/03/20 15:41
いつもながら、ご迷惑おかして申し訳ありません。仰せの通り、この議論は、昔からある悪党の事件そのものですが、やはりこの規模と方法論が今日的であるということで、ケイマンあり、ファンドありということですかね。悪党はどこにでもいて、これは退治しようがないのはどこの業界でも同じです。まーよーは牛肉と一緒ですね。やっぱ生肉=オリターナチブはうまいかもしれんが、毒にあたるけど知ってて食う奴は昔は親父だけだったど、今じゃ子どもにも生肉食わせチャウ。
デあわてて規制とか言うところが、馬鹿マスコミで
すが。やっぱ圧力団体は両方とも強いので、なかなか難しいこともあり。同じ規制官庁としては弱ったものだということですかね。で金融庁か消費者庁は、蚊帳の外ですか。でも焼き肉屋も基金も色々とあるところは一緒ですね。
karu
2012/03/22 01:14
悪党ついでに、某カメラメーカーでも何でもその裏暗躍する、プロの人脈がすごいな。さすがNDNの和製IBOBはさすがです。海外の悪党IBに対抗できるのは彼らだけど、現役大丈夫か。
かる
2012/03/22 03:09
まったくの素人ですがこっそりお邪魔して勉強させていただいておりました。いつもありがとうございます。
ところでこれ噂にあるように補填されるのでしょうか? とんでもないことのように思うのですが。
私は個人自営業で仕事がなくても雇用調整金などのようなものはあませんし、個人型確定拠出年金では損が出ても当然自分の責任です。

日本の社会が寄らば大樹の陰になるわけですよね。
22日のNHKの契約問題もそうですが、ずるいことばかりやっている日本人であることが嫌になります。
おけい
2012/03/22 09:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
AIJについておまけ。 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる