厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS クレジットデリバティブの価格操作疑惑

<<   作成日時 : 2012/04/06 08:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 2 / コメント 3

http://www.bloomberg.com/news/2012-04-05/jpmorgan-trader-iksil-s-heft-is-said-to-distort-credit-indexes.html

こういうことが簡単(とまではいえないのかもしれませんが)に出来てしまうのがこういう商品なわけで、まあご利用の際はそういう制約をお忘れなく、としか言いようがないのです。それほど大騒ぎすることではなくそもそもそういう商品だという認識が必要なんではないかな?ただ、この記事、ワタクシにいわせれば結構重大な論点をはらんでいます。つまり、クレジットデリバティブの価格が操作されていたとしても、そもそも実体的な倒産確率なり回収率などをきちんと分析できているのであれば、これはヘッジファンドにとってはかえって「ミスプライシング」ということで商売の種になるのではないか、と。記事だけで判断して語るのは大変危険であることは十分承知の上で言わせてもらえば、ワタクシに言わせればヘッジファンドのようにそもそもミスプライシングを商売の種にしているような連中が言うのは「オマエがいうな」という感じで君たちは一体何を見て取引しているのかと問い詰めたい感じです。

ところで、裁定取引によってミスプライシングが是正されるのは当然としてもそこには実体の本源的価値があって初めて裁定が意味をもつのです。ここで意味を持つというのは、不当な価格設定が是正されることで取引が効率化し、社会の厚生に寄与するという意味です。

もともとの証券がミスプライスでクレデリのインデックスがいんちきならそもそもクレデリの社会的意義はなくなるわけで、こういういんちきをやるトレーダーは論外ですが、そういうことが簡単に出来てしまう商品の存在意義もあらためて問い直す必要があるとは思います。

どうでもいいことですが、インデックスを提供するMarkit社の株主はほぼすべて投資銀行系だったように記憶しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本の高度成長のヒミツ
日本経済の高度成長のヒミツは?? ...続きを見る
ロンドンで怠惰な生活を送りながら日本を思...
2012/04/07 10:55
中国の優位性はいつまで続くか?
最近、アメリカの製造業が好調である。中国とかメキシコ・南米などに建てられていた製造業の工場が国内に回帰していると言う話がよく聞かれる。また、他の 先進国や新興国では軒並 ... ...続きを見る
「小さな政府」を語ろう
2012/04/07 10:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね、倒産確率は、ある意味、確率論の統計的数値からはずれまくってますので、その統計値がどの確率分布に対して有利であるかは、全くわかりませんしー。
回収率にいたっては、政治的なかつ法執行の有効性の意味があるかよっているので、はっきり言って社会科学的には数量化の異端といってもいいでしょう。
なので何でもありです。なのでJGBはいまだに。
かる
2012/04/07 00:25
ということで、JGBのでフォルテについて、どうしても日本を破綻に追い込んで大もうけしたい海外HFと、それを利用して財政再建の名のもとに、復権をねらう売国官庁の方々の、JGB破綻キャンペーンの片棒担ぎのNK新聞のアホ記事について、一言。
確か2、3日前にGPIFが、年金積立金を取りくずすので、国債需給が悪化するという記事でしたが。なんか交付国債を発行した分だけ、国債を売るという内容ですが、なんかそれで財政悪化するとかわけわからんなー、で消費税を人質にとった気になっている財政省はアホでよね。もともと、GPIFは換金できねー財投債を無理やり引き受けさせられているので、消費税が導入されなくても、財投債同様なので状況は昔と同じ。
こんな与太記事でも、何とかJGBを破綻させたい人たちが多いことですか。
かる
2012/04/07 00:40
記事にならないだけであって、クレデリに限らず、この類の話は株でも債券でも為替でも日常茶飯事ですよね。FTも書いていたけど、今回の記事は胡散臭い感じがします。
さくら
2012/04/07 21:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
クレジットデリバティブの価格操作疑惑 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる