厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS トレードオフ(雑談モード)

<<   作成日時 : 2012/05/16 17:34   >>

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 1 / コメント 6

世の中にはトレードオフという言葉があって、要するに内容によって両立しない二つの欲求がある(すなわち片方を満たせばもう一方を満たせない)ということ、つまり「いいとこどりは出来ない」ということなのだけれど、どうも状況によってはそれをどうしても理解できない、あるいは理解しようとしない人々が多いようです。

先ほどの総選挙でギリシャの国民のかなりの部分がアンチ緊縮の政党に投票したわけですが、一方でユーロからの脱退は80%以上の人がNOといっている。でもそれ、無理ですから。ドイツの財務相ショイブレ氏が「次の再選挙の結果はギリシャがユーロに残るかどうかの国民投票の意味を持つ」と述べているのは、日常会話にわかりやすく翻訳すれば、「緊縮受け入れないボケ国民はユーロから出てけ」ということです。まあ天才的な人が天才的な解決策を考える余地は全く否定はしませんが、今の状況では緊縮反対とユーロ圏に居続けることとはトレードオフの関係としか思えません。知ってか知らずか、そういうトレードオフを無視した意思表示をやってるギリシャ国民が結構居るみたいです。

で、口とは裏腹にギリシャの方々はしっかりと銀行からお金を引き出しに走っているようです。ブルンバーグの記事では、ギリシャ中央銀行の総裁が大統領に銀行が極めてナーバスになっていると報じている。実際総選挙後すでに7億ユーロもの金額が引き出されたとも報じられています。流動性の限界もいずれ来るでしょうから、放置すれば次の選挙を待たずに何らかの変化が起こってしまう可能性は否定できません。

自分の身に置き換えて考えれば、やっぱり思い切り税金が上がり、公務員だったら思い切り給料がカットされ、社会保障などが思い切り削られ・・・といったことを「ほれ」と目の前にいきなり突きつけられたら、同じような反応をするかもしれません。みんな自分は一生懸命やっていると思っているし、こんな事態を招いたのは自分のせいではない、という思いは強いでしょう。だから、これまでの政治を変えて、何とか事態を打破したい、という、わらにもすがる気持ちになるのでしょう。しかし、ここで冷静な思考を停止してしまうことは物事をさらに悪い方向に向かわせるだけです。

車を運転していて過失で多くの人を死なせたら、本人がいくら善良な人でも、しばらく刑務所に入って臭い飯を食べる。その家族は収入を立たれて路頭に迷う。これが当然のこととして受け入れられているのに、どうして(故意か過失か知りませんが)身の丈をわきまえない支出を続けた国の国民が無傷で居られると思うのか、ぜひ聞いてみたいところです。

ソフィストの発祥地のギリシャならではの出来事かと思いきや、最近では日本でも同様のトレードオフを理解しない人々が目立ちますね。原発の再稼動は一切まかりならんといいつつ、日本の財政状況の改善は増税ではなく「成長戦略」でって言う人々が居るんですが、原発動かさないで生産活動の制約をつくって、高い化石燃料を購入してバランスを悪化させ、みんな引きこもらせて、どうやって成長戦略を描くのでしょうか?これもトレードオフの関係だと思うのですが、違いますかね?もちろん、電力不足というストレスを与えることによって新しいエネルギーが開発されたりするというメリットはありますが、財政の議論と同様、長い目で見たら正しいことでも目先やっていいことと悪いことがある、という問題ではないかと思うのです。消費税増税反対論が「長期的には多分必要だが今は最悪だ」という背景を持っているならば、原発停止が経済に与える影響について「長期的にはなんとかなるけれど、今止めるのは最悪だ」という立場を取るのが筋というものではなかろうかと思います。まあ安全確認の問題とかいろいろありますから一筋縄では行かないのはわかりますがね。

最近ワタクシはどんどん過激になっていて、さっさと消費税は二桁まで引き上げ、それで経済が大きく落ち込むならそれはそれでわれわれにふさわしいのではないか、と思うこともあります。われわれだってギリシャのことを笑えないわけです。過去の政治や国民が甘やかされてきた分、誰かがどこかで清算すべきなのです。無限に成長を続けることは出来ないのであって、調整や場合によっては破壊を織り交ぜながら人の世は回っていく。ただ、もしかしたらその経済の波動の形は違っても積分してみたら結局は同じだったりするかもしれませんから、ワタクシのような年寄りはまあ黙っていればいいんでしょうね。どーせバブル期の「いいとこどり」世代ですから。余計なことを書いてすみませんすみません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ギリシャ再選挙へ
ギリシャのパプリアス大統領は15日、有識者らで構成する実務者内閣の発足を目指す調整に失敗しました。これを受けて16日には選挙管理内閣が発足し、再選挙を6月17日に行うことを決めました。 ***♪再選挙ギリシャ♪ ...続きを見る
歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。
2012/05/17 00:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ギリシャの民は、トレードオフを無視しているというよりも、どうせ崩壊するとわかっているので合理的な行動をとっていると思います。
緊縮財政は耐えられない⇒ユーロを追い出されドラクマに戻る⇒放漫財政だからドラクマ安が止まらないだろう⇒今ある資産をユーロに変えておこう(自分たちお荷物がいなくなればユーロの価値も高くなる)
もう確信犯ですね。最後の火事場ドロボウでしょう。

日本の財政再建と原発問題の関連性についてのご主張は少々論理が飛躍していると思います。
私も原発全廃主義者ではありませんが、今、経済的な都合だけで安易に再稼動してはいけないと思います。
安全を確保できる仕組みを「今」しっかり構築しなければいけないのです。
なし崩しで再稼動したら日本人特有のいい加減で誰も責任を取らないシステムも再稼動してしまいます。
本来ならば福島原発の全電源喪失リスクが判明していたにも関わらず対策を怠ってきた経営陣や各種安全機構の委員どもは国家に甚大な損害を与えた悪意重過失の犯罪人として懲役2000年ぐらいの刑に処すか、死刑にすべきなのです。
無責任国家でいくのであるならば、地震多発国家の、海沿い津波・塩害甘受の原発など全廃すべきです。
たとえば敦賀の真下に活断層があるとかないとか瑣末な問題でもめていますが、すぐ近くにある時点で普通にアウトでしょう。こんな体たらくなんです。嘆かわしい。

消費税は同感ですさっさと二桁にでもすればいいのです。日本は低福祉・超低負担の国です。
社会保障フリーライダーばかりです。そろそろコイツらを本気で取り締まらなければいけないでしょう。一気に中負担ぐらいにしないと自称「かわいそうな貧乏人」どもに国家が蝕まれて崩壊してしまいますから。
コナン
2012/05/16 19:15
厳密にはトレードオフじゃないです.
なぜならゴネればドイツフランスがベイルアウトするって知ってるからです。
ゴネたもん勝ち

そもそもこんな国に金を貸して、デフォルトしたら困るからって救済したドイツフランスの金融機関のほうがモラルハザードなんですよ.

ギリシャのせいではない
2012/05/16 20:15
いつも大変面白く読ませていただいております。ありがとうございます。
バブルより後の世代としては、消費税上がるのは仕方ないとしても、年金削減や医療費あたりでも調整していただきたいと思っています。
CCA
2012/05/16 22:41
ギリシャは財政同盟なりドイツの全面支援があればユーロ圏にとどまりながら緊縮財政を回避できるでしょう。原発は、現在の福島の被害者や、これから被害が生じた場合の十分な保障が確保できれば、再開することが出来るでしょう。

それができない背景には、複雑な利害関係があるわけですがね。トレードオフを理解してないとか、そうやって他人のせいにする論理は、どうなんですかね。
とある投資家
2012/05/17 07:35
ギリシャはもう仕方が無いでしょう。逝くところまでいくしか無いでしょう。
ただ、日本も、財政の半分は借金ですから、どこかで税負担を上げないといけなくなるでしょう。
消費税、今が、最悪といって、いつが最適なんでしょう?戦後最長の好景気?であったリーマンショック前のときも出来なかったことなのに。
ただ消費税が上がって、農家にばら撒かれてもね・・。
年金は物価スライドをきっちりやればやっていけるでしょう。年金なんて世代での払い損なんか無くて、長生きしなければ払い損なのですから。
医療費も削減してイギリスの様に、待ち時間膨大で、発熱しての来院では、インフルエンザの検査などせずに、解熱剤を渡して終わりという初期対応を皆が納得すれば良いと思います。
これも負担とのトレードオフだと思います。
ばすがくばくはつ
2012/05/18 06:33
クルマの例えは原因と結果の因果関係が明らかですからその通りですが、それでギリシアや日本の話を同一に語るのはちょっとおかしいでしょう。
国の政策は、自分の車のように自分の意思で動いているわけではありません。いちおう建前では選挙を通じて意思を反映している、つまりハンドルを切っているということになってはいますが、実際に本気でそうだと感じている人がどれほどいるでしょう。
為政者の都合で世論は容易にコントロールされるし、選挙制度そのものもゆがみだらけでとても個人個人の意思を反映した政策が採られているとはいえないと思います。
そのような現実であれば、トレードオフなどと物分りのよさそうなことを言って、たとえば消費税増税を甘んじて受け入れるなどという気には到底なりません。
ギリシアの国民はよくわかっている、と言うことに尽きると思いますよ。私がギリシア人だったらとことんゴネますね。
kuma
2012/05/19 16:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
トレードオフ(雑談モード) 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる