厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 若者よ、投票に行け

<<   作成日時 : 2012/12/18 00:09   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 6

明るい選挙推進協会のHPで第45回(つまり前回)の衆議院選挙における年齢別投票率が出ています。サンプリング調査なので有権者、投票者数はサンプル数です。
http://www.akaruisenkyo.or.jp/070various/071syugi/696/

1.全国

抽出投票区数   188
年齢
階層別 有権者数(人) 投票者数(人) 投票率(%)
        男    女    計   男   女    計   男   女   計
20〜24歳 13,201 12,036 25,237 5,933 5,843 11,776 44.94 48.55 46.66
25〜29歳 13,201 13,078 26,279 6,591 7,109 13,700 49.93 54.36 52.13
30〜34歳 15,792 15,261 31,053 9,199 9,790 18,989 58.25 64.15 61.15
35〜39歳 17,750 17,259 35,009 11,552 11,654 23,206 65.08 67.52 66.29
40〜44歳 15,829 15,608 31,437 10,963 11,160 22,123 69.26 71.50 70.37
45〜49歳 14,746 14,719 29,465 10,862 11,247 22,109 73.66 76.41 75.03
50〜54歳 15,188 15,199 30,387 11,850 12,116 23,966 78.02 79.72 78.87
55〜59歳 17,924 18,164 36,088 14,329 14,678 29,007 79.94 80.81 80.38
60〜64歳 17,689 18,436 36,125 14,775 15,339 30,114 83.53 83.20 83.36
65〜69歳 15,234 16,595 31,829 13,086 13,980 27,066 85.90 84.24 85.04
70〜74歳 12,224 14,659 26,883 10,372 12,032 22,404 84.85 82.08 83.34
75〜79歳 10,057 13,419 23,476 8,186 10,051 18,237 81.40 74.90 77.68
80歳以上 10,766 21,661 32,427 7,348 10,842 18,190 68.25 50.05 56.10
計 189,601 206,094 395,695 135,046 145,841 280,887 71.23 70.76 70.99



この数字を見る限り、はっきりしていることは、若者の投票率が少なすぎて話にならない、ってことです。

この数字を見せられた候補者は当然「高齢者」の票を獲得するために高齢者にやさしい政策を打ち出すでしょう。だって間もなく年金受給者となる55歳以上を含むそれ以上の年代の投票者数は全体の半数を超えている。いくら世代間の不公平とか言ったって、これじゃあまともにそれを取り上げる候補者なんていませんぜ。実際ワタクシの知り合いの方がメルマガに書いてましたが、知っている今回の立候補者(複数)がやはり同じようなことを言っていたとか。建前としての公平より現実の1票なんですよね。なにせ議員は落ちればただの人ですし。

まあ20代そこそこで政治に興味を持つのは今の世の中難しいのかもしれませんが、人口がますます高齢化する中で、選挙がこういう状態では世の中変わりませんよ。なお、この問題は地域を問わず共通なので(むしろ地方の方が若者の投票率が高いぐらいで)一票の格差問題とは別の次元です。ただ、数から行けば当然都市部の若者の方が多いと思うので、一票の格差を是正したうえで投票権を18歳からとし、そして若者に(場合によっては半強制的に)投票させれば日本は変わるかもしれません。しかも投票することで政治を自分のものとしてとらえられるから、年を追うごとに政治が成熟したものとなっていく可能性もある。この結果を見て若者に「だったら文句言うな」という風に言うのではなく、積極的に参加させるように仕向けるのが、国の将来にとって極めて大事なことと思います。

若者の投票なんてどうせいい加減で日本にとってかえってリスクだろうって?じゃあ上のような投票の結果の前回選挙で民主党が大勝したあとの現実はいかがだったでしょうか?大体老い先短い人々だけに日本の将来をゆだねるなんて危険極まりないと思いませんか?

今回も全体の投票率が低迷する中、前回とそれほど変わらない分布になっていることが想像できます。いかに未熟であってもそれなりに真剣に考えた結果をぶつける、それが民主主義というものでしょう。若者は自分の感性や考える力を過小評価せずにもっと投票してもらいたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
バカマスコミとにっきょうそが、政治が悪い、官僚が、悪い、大きぎょうが、悪いと言ったのでこのさまです。なので今回は元に戻るという意味で期待がモテるかな?
かる
2012/12/27 00:00
まー小泉だめ、民主党だめで、安倍がだめで、第三極で地方分権しかアホマスコミがいうが、地方のほうが人材いないぞ、維新の会東京選挙の候補見てみ、なのでこんなやつらよりましということで、ある意味民意は正しい選択かも。
かる
2012/12/27 00:12
松井選手引退です。政治家にはプライドを持てる政治かな?今の日本に必要なのは。
かる
2012/12/28 22:56
バカなマスコミの議論、インフレターゲットとインフレをキチガイマスコミの馬鹿どもの朝日もしくは、東大で基本的にマル系しかやってないか、W大で政経で経済学もわからん馬鹿経済新聞が混同してます。
ハイ持続的かつきそくだった賃金上昇を伴う物価上昇は、まさに経済学でいう成長戦略の基本なんだけどな?
かる
2013/01/05 04:09
 全ての党が「高齢者にやさしい政策」を打ち出している以上、
若者にとっては、どの党に入れても自分の首をしめるだけだと思います。今の状況下で選挙に行ったとしたら「お前も投票したんだから、選挙結果にはお前の意見も取り入れられている。だったら文句言うな」と言われるのが目に見えてます。
 もちろん若者が自分の首をしめるのを承知で選挙に行き、その投票者数が増えるにつれて立候補者が若者に目を向けるということはあるでしょう。しかし仮に若者の投票率が100%になったとしても、それでもなお高齢者の絶対数が多いために高齢者の選んだ候補者が与党になるではないでしょうか?
 若者はむしろこの状況を利用し高齢者である両親に寄生するか(高齢者が国に寄生しているので文句は言えないはずですが文句を言う人はいるでしょう)、あるいは日本を捨て別の国に行くなど別の道を模索するべきではないでしょうか?
ko
2013/01/12 05:00
まーあめらかもちゅうごくも、国民国家と多国籍きぎょうと、ねっとワークえせプロパガンダとのたたかいで、亡くなった方がかわいそう、まさかまりで資源からみで、フランスかいにゅうでこのざま、 日本人にあるじゃは、ここーはちのはてあるじゃりあって 。カスばの女ってしらねーか。南無。
かる
2013/01/19 02:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
若者よ、投票に行け 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる