厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS よくわからない議論

<<   作成日時 : 2014/09/26 00:24   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

ツイッター上で議論になっていましたが、政府はテロ資金のロンダリング防止を目的に「テロリスト」と認定された主体の金融取引を制限するという法案の提出に動いている、という新聞記事が出ているようです。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014092502000157.html

一部の方々においては、治安維持法だのテロリスト認定は勝手にできるから弾圧に使われるだの心配の声が出ているようですが、もちろん気を付けておくに越したことはありませんが、記事にあるとおり「国連安全保障理事会決議でテロリストと指定された」場合に限るレベルであれば、これに関して心配を呟いているような小物がとらわれる心配はまずないでしょうから、何が問題なのか正直よくわかりませんでした。むしろ、これから国際的な連携でテロとの戦いを進めていかざるを得ない中で、日本だけ法整備が遅れていることが指摘されているのですから、必要でこそあれ懸念を表明するレベルではないと考えています。

もう一つ、これを心配する方に知っておいてもらいたいのは、もうすでにもっとあいまいに人を定義づけることで取引ができなくなる事態が生じているということです。(もちろん運用上はいまのところまっとうに機能していると思います。いまのところは、ですが)。
それはいわゆる反社会的勢力との取引遮断です。いまはほとんどのまともな企業がこの反社会的勢力との取引を遮断し、場合によっては過去の取引も解消するという取り組みを正面から謳っているわけで、ひとたび反社会的勢力と認定されたら当分(暴力団の場合は関係をたってから5年)は銀行取引なども含め金融取引を中心にできなくなってしまいます。
通常「暴力団」を対象にするわけですが、ここで気を付けてもらいたいのは「反社会的勢力」の定義は企業や団体によってまちまちだ、ということです。たとえばネットでいくつか拾っただけでもこういうのがありました。
http://www.iwate-cfc.or.jp/news_2.html
定義のほうに「暴力的または不当な要求行為等により市民社会の秩序や安全に脅威を及ぼす団体または個人。」が堂々仲間入りしています。暴力団は指定とか何とか定義の使用がありますが、この項目はだれも定義していない。つまりこの団体がある相手先がこの定義に該当すると決めればそれになるということです。

「悪質なクレーマー」も含むというのがもともとの反社の趣旨ですから、まあまともな主体であればその執拗なクレーマーをさらに定義して、どこからつつかれてもいたくないようにはするでしょうが、それでも自分ではまともに企業に抗議していたつもりが気が付いたら反社会的勢力にされていたということは十分にあるわけです。

今回の新聞記事の事例は公的機関によるテロリスト指定であり、民間企業による「反社」指定とは次元が異なるといえばそれまでですが、民間企業でもおそらく業界データベースの共有化といった次元でそのデータが横に広がる可能性もあり、結果として割と似たようなことが起こる可能性は既に存在しているという点は認識していただいておいていいと思います。

繰り返しますが、今回の新聞記事の内容がそのままであれば、懸念するどころかむしろ必要なことであろうと思いますし、反社は暴力団より悪質クレーマーのほうがたちが悪いという風に思いますので、いずれのケースでもワタクシは問題視していません。

ちょっと話はそれますが、反社対応というのは特に対暴力団の場合、本来は警察や公的機関がやるべきことを民間のリスクで民間にやらせているという、その意味では極めてお上に都合の良い仕組みとなっているのですが、不思議でならないのは、運転免許を管轄する公安委員会が暴力団も認定しているのだから、本当に苦しめたければ免許取り消せばいいのだと思うんですが・・・反社対応のややこしいルールを作って罪もない民間人を矢面に立たせるより、よほど効果があると思うのです。憲法上の問題(法の下の平等、生存権、財産権など)を言うなら反社対応だって相当やばいですよね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
よくわからない議論 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる