厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ぼろぼろな緩和」

<<   作成日時 : 2014/11/07 17:46   >>

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 3

「ぼろぼろな緩和」

何が面白くて追加緩和をするのだ。
日本の債券市場のぬかるみの中では、
買い入れ額が大きすぎるぢゃないか。
インフレの上がらない国で論理がぼろぼろすぎるぢゃないか。
金利がないからリスクも取るだらうが、
市場の眼は暴落ばかりみてゐるぢゃないか。
流動性が燃えてゐるぢゃないか。
日本売りの嵐が今にも吹いてくるのを待ちかまへてゐるぢゃないか。
あのバカなヘッジファンドの頭が無辺大の夢で逆まいてゐるぢゃないか。
これはもう日本再興ぢゃないぢゃないか。
黒田よ、
もう止せ、こんな事は。

(注)指導する先生方へ
生徒にはアベノミクス成長戦略の行き詰まりも同時に考えさせると理解が深まります。


(参考資料)
高村光太郎「ぼろぼろな駝鳥」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
大変ご無沙汰しております。いつも機知に富んだコラムをありがとうございます。日銀が買い集めた株式は出口では多分GPIFに移すしかないと思うので同日発表となったことに違和感は無く、日銀がGPIFの先回り買いをしている状況ですね。今世界中で政府が株式保有を増やしているのは日本とロシアだけでしょうが、中央銀行が独立性を放棄している点ではハンガリーに匹敵するとも言えそうです。ハロウィーンが世界中で最も盛んになった様子や今回の追加緩和を見るにつけ、日本は変わった(おかしな方に)なあという印象です。まあハロウィーンの方は下火になったバレンタインの替わりとして仕掛けている向きがあるのかも知れません。
元欧州駐在@帰国しました
2014/11/09 17:57
元欧州駐在さん、コメントありがとうございます。GPIFはETFで運用するのでしょうか?まあパッシブであれば似たようなものですが。中央銀行の独立性は安倍政権の意を受けて黒田さんが就任した時点で失われたと思っています。日本は変わりましたね。時代の要請というか世界の趨勢という面もありますが、安部政権は大事な守るべきものを見失いつつ要らんものを取り入れているような気がしてなりません。
厭債害債
2014/11/10 01:18
はーBOJが買い集めた株をGPIFに移すって何?ど素人でもいわんぜ。
かる
2014/11/19 23:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ぼろぼろな緩和」 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる