厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS 消費税上げが前提の追加緩和

<<   作成日時 : 2014/11/15 06:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

…だったようです。
http://www.nikkei.com/markets/features/12.aspx?g=DGXLASFL12H7M_12112014000000

まあ市場関係者ならだれもわかりますが、こうまで露骨に言われるとちょっと鼻白みます。
もちろん景気と消費税とは密接な関係があると思うので別におかしな話ではない、といえばそれまでですが、政治からの独立性とかの概念的な部分でちょっと微妙な感じはします、建前としてはね。

建前としては、というのは、そもそもワタクシの見方としては黒田さんの日銀総裁就任は「消費税を上げることを異次元緩和とセットで握った」就任だったと思っているからです。その立場に立てば、黒田さんは「いまさら先送りってどゆこと!!」とお怒りになったことでしょう。黒田さんは「財務省のトップを務めた生粋の財務官僚」であったことを思い出さなければなりません。税の財源確保とそのフレキシビリティの増大は財務省にとっての最大の「省益」であり、消費税ほどこのテーマにうってつけのものはありません。今回の就任によって消費税の大幅な上昇を握って、黒田さんは財務省にとってのレジェンドとなるはずでした。それを安倍のバカは一体今更なにをいう!ということでしょう。(意訳)。

したがって、このまま消費税引き上げ先延ばしということになれば、追加緩和の「前提」が崩れ、日銀は単にバブルを作り出したアホウということになります。レジェンドどころか戦犯扱いされかねないですから、恥も外聞も捨てて今回のようなコメントを言わざるを得ないのであろうと思います。

但しもともと財政懸念はあったとはいえ、消費税を上げないと日本破たん懸念から日本売り、という単純な構造ではありません。非常に高度な政治的な駆け引きも含めた展開となってきているように思います。それぞれの市場の参加者の思考回路が微妙に違うことで、材料が微妙に異なり、やや複雑なマーケットとなってきそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
中央銀行と政府のアコードが破綻してしまったことの市場への影響は十分気をつける必要があると思います。暫くの間はリスクなんか取っている場合ではないかと。


欧州駐在@今休暇中
2014/11/17 13:47
欧州駐在さんコメントありがとうございます。おっしゃる通りこのアコードの崩壊が今後の日銀行動にどのように現れるのか、あるいは海外からどのようにみられるのか、ということには十分注意が必要かと思います。大げさに言えば日本が一つの曲がり角を曲がってしまった瞬間に立ち会っているのかもしれません。
厭債害債
2014/11/18 02:26
きっとその通りなのでしょうね。これからは「リスクオフ」は円買いでは無くなるのかも知れません。
元欧州駐在@「元」を付けるのを失念しまし...
2014/11/18 03:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
消費税上げが前提の追加緩和 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる