厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS (休日モード)マイレージ制度の変更悲話

<<   作成日時 : 2015/01/13 05:17   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

ワタクシが主にマイルをためているのはデルタ航空です。

これまで(いまでも)実はデルタは、ほかのエアラインに比べ日本および東アジアの会員には結構甘甘なプログラムを用意してくれていました。たとえば、ちょっと前まではゴールドステータスの会員は東アジアの会員のみ国際線ラウンジの利用権を与えていましたし、いまではアジアにおいて発行する提携ゴールドカードの会員には自動的にゴールドステータスを付与しておりしたがって自動的にスカイチームアライアンスのエリートプラスステータスを付与することとしています。
ワタクシの知る限り、ほとんど厳しい審査がないレベルのクレジットカードでいわゆるゴールドレベルの上級ステータス(具体的にいえば同一アライアンスの航空会社のラウンジが使えるレベル)を付与しているところはないのではないか、と思います。しかも米国などではゴールドの提携クレジットカードではこのステータスがもらえないと認識しています。

また、実飛行によるエリートステータス獲得のためのマイル数についても東アジア会員は実際の飛行マイルで計算され、そのマイル数が一定以上になれば自動的にエリートステータスを獲得できますが、米国などの会員についてはそれ以外に年間の航空券購入額などの追加要件が必要となるようで、この点でも日本の会員は恵まれている。

さらに、私の持っているゴールドステータス(クレジットカードによる)でデルタに乗ると、これまでは100%のステータスボーナスがついてきた。つまり乗った倍のマイルがたまったということで、実はデルタの場合どんな格安運賃でもこのルールが適用されていました。つまりたとえば一番安い運賃でハワイに行くと、基本マイルは往復で約7600マイル。ゴールドだと約15000マイルがたまるわけです。これに加えてカードで航空券を買ったりするとボーナスマイルがついたり年間一定以上支出すると更にボーナスマイルがついたりするので、極端な話をすれば15万円程度の格安航空券で米国本土に4往復して(60万円)往復30000マイルx4を獲得し、それをカードで払えば、ほぼヨーロッパ便(エールフランスなどスカイチーム便)のビジネスクラス往復(140000マイル。いまは16万マイル)が獲得できる。まあ実際にはそんな暇はとてもありませんが、結構利用客にとっては美味しい制度だったのではないかと思います。

ワタクシもこの恩恵にはだいぶあずかっており、だから飯がくそまずかろうが、客室乗務員の態度がなってなかろうが、一部のラウンジの食い物がひどかろうが、これまでひたすらデルタでマイルをため続けてきたわけです。

ところが、今年の頭からデルタは大幅に制度を改正し、一言でいえば格安航空券ではマイルがほとんどたまらないルールに変更しました。詳細はご興味のある方は各自ご確認いただくとして、まあいままでが甘かったといえばそれまでですが、ちょっとショックですね。要するに航空運賃ベースに変更された、ということで、たとえばハワイはこれまでゴールドだと距離だけで片道3800マイル、ゴールドだと7600メイル、往復で15000マイル強たまっていたのが、今年からたとえばステータスに応じて支払い1ドル当たりのマイル数を決め、それによって加算するとしています。
例えばゴールドだと1ドル=8マイルなので10万円(約800ドル)であれば往復で6000マイル程度しかたまらない。つまり従来の半分以下、ということになります。ついでに言えば、特典航空券のマイル換算率も悪くしたので欧州ビジネスクラス往復は従来の14万から16万へ引き上げられ、これまでのような美味しい話はだんだん遠い昔となりつつあるようです。

さすがに、こうなると飯が不味くて、客室乗務員の態度がわるくて、ラウンジの食べ物がないような航空会社は大丈夫か、と思うのですが、こないだ国際線でインボラアップグレードしてもらったので、悪口は言いません。本当にこれからもよろしくお願いいたします。

以上

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(休日モード)マイレージ制度の変更悲話 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる