厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)

アクセスカウンタ

zoom RSS ネット利用に免許制を導入してはどうかとおもうのですが。

<<   作成日時 : 2015/03/05 01:17   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 1

ツイッターやネットでいろいろ徘徊していると、時々面白い記事や書き込みに出会います。

先日もツイッター経由である著名作家のブログのコメント欄で面白い書き込みを見ました。ある一般の30代の女性が書き込んだもので、彼女がそのブログのコメント欄に以前ある質問を書き込んだのだが、その著名作家から返事がなかった、といって立腹するコメント。見ず知らずの「偉い人」にいきなりケンカ売る度胸が平気で出てしまうのが、ネットのすごいところです。このような現象はインターネットやSNSの特性、そしてそれによって人々の相互関係が影響されていることの問題点を象徴しているように思えます。ここで取り上げた著名作家とは、超売れっ子でもちろん才能も豊かであり世界的にも称賛される一流の作家です。目的はなんであれ、そうした作家がまじめにブログの質問に回答をしていること自体すごいことだと思いますし、そのことをまずはリスペクトすべきだと思うのですが、それはこの女性の頭の中では自分と同じフォーラムでその著名作家が語ってくれているものと誤解してしまっているわけです。「一流作家」対「ごく普通の女性」という本来は教養や知識やもしかしたら知性という点でかなりのギャップのある関係が消滅してしまい、あたかも同じ平面や同じ次元で対等に議論する相手に見えてしまっているのです。

見え方というのは結構重要です。ネットの文字はキーボードで入力され変換ソフトで変換され定められた活字となります。誰が入れても「きれいな字」で並びます。手書きのころは、文字の質がある程度教養とかそういう者を表していました。もちろんうまい下手の問題ではなく、その書き馴れ感みたいなものです。ところが誰でも同じ文字で表示されるから、さっきの女性のような勘違いが生まれます。著名作家が書いている内容に対して自分が同じレベルだと勘違いするのです。自分もそうですが、ネット時代では誤字が多くなります。きちんとした漢字に変換されるから、間違いに気づきにくいことにくわえ、そもそも対して知識もない人が入力しても勝手に変換してくれるので、漢字等を学ぶ段階で得られる知識や教養といったものをすっ飛ばして文章を作ってしまいネットに流すこともできます。

それに、ネットは極めて自由な空間なので、内容のレベルにかかわらず人気(アクセス)を得られることが人々の実現欲求を充実します。自己実現欲求というのは、ちょっと古いけれどマズローの欲求階層説でも一番高次に置かれるものです。これがうまくいけばいとも簡単に実現してしまうわけです。そしてその実現への近道は過激で極端なコンテンツをおくことであります。ネット空間は規制がない分究極の民主主義であります。まさに行き過ぎた民主主義が持つであろう問題をネットは先取りしている形になりますが、教養や知性がないとその辺の問題には気付かないまま過激な人気取りに走ってしまい、社会に悪影響を与えることになります。

ネット空間で起こっている最近の事例は、結構恐ろしいことが多いのです。イスラム国と称するテロリスト集団がネットを使って残虐映像を流し自己主張をしたり募集をかけたりする。SNSが中学生の残虐な殺人の舞台装置となる、ネット詐欺、児童ポルノ、それ以外にも限りなくネットから生まれる新たな問題を上げることができます。ネットが我々の生活にもたらした利便性は計り知れないものがあり、それらは積極的に称賛されるべきです。しかし一方で誤った使い方、言い換えるとリテラシーのない人々や悪意のある人々による利用が普及率の増加とともに進むことで、社会が不安定になる要素も持ち合わせているのです。

「リテラシーのなさ」「悪意」というのは結局利用者や仕組みにかかわる人々の教養や知性の問題に行きつきます。
ネットが社会に深くかかわればかかわるほど、それが知性や教養のない人々が牛耳ることの怖さが表面化してくるのであって、いままさにそれが始まった段階であるといえます。最近見たある対談ですが、インターネットビジネスで名を成した著名人が、「学校で日本史を教えるぐらいならプログラミングを教えるべきだ」といった発言をしていました。あえて「著名人」と書きました。私の意見ではむしろ逆で、最低限の教養や人間としての知性のない人間に使い方によって破壊的な危険性を持つコンピューター技術など教えるべきではないし、常識の通用しない人にインターネットなども自由に触らせるべきではないと思っています。実際にはまさにインターネットの威力が教養や知性の持つ力を凌駕していて、この著名人(一応日本の有名大学の「客員教授」らしいので余計たちが悪い)の発言もまさにその現状を追認するどころか加速させかねないものとなっています。(もしかしたら彼は個人的にも日本史は嫌いだったのかもしれないですが、おそらく彼の中では日本史を哲学と言い換えても同じなのだろうと思います)。

最近とみに多くなってきたインターネットやSNS周りの問題を俯瞰すると、これらの便利なツールは「反知性」「反教養」と積極的に結び付きやすいということが見えてきました。先ほど述べた例は、その一例です(もちろんネットビジネスの著名人のほうは「露悪的」にわざとあおっているのかもしれないですが、少なくともそれを真に受ける人が出るわけで・・・)。もちろんこれらのツールは便利で今の生活にはもはや不可欠であり、それ自体を云々するものではありません。問題はそれが容易に悪用されがちであることです。そしてスマホなどにみられるインターフェイスの簡易化やコスト低減などハードルがどんどん低下することで攻撃する側の予備軍も被害者の予備軍も爆発的に増える。そうした負の事象のリスクが年々高まっているように感じる。個人的にはこれを放置すれば社会全体を大きく不安定化しかねないと感じています。そうした悪用を防ぐ手段はやはりモラルしかないのです。技術はどんどん進歩しているし物理的にいろいろな悪行を止めることは不可能に近い。せめてそのモラルとリテラシーの高い人だけ使わせるようにして多少なりともリスクを減らしつつコントロールの余地を増やすべきです。

インターネットやSNSの破壊力は銃器にも等しいと思います。実際ネットでのいじめで自殺する若者もいます。命にかかわるのです。銃器については、アメリカのように憲法で自己防衛の権利を認める一つの形として保有の制限をあまりかけないという考え方もある一方で、日本のように危険防止と社会的な平穏維持を重視して免許制にして基本的に禁止している国も多いです。自動車運転も世界的に免許制ですが、免許というのは「基本的に禁止」される行為をさまざまな合理的な必要性から個別に許可する行政行為で、これだけ社会に必要不可欠になっても基本は「あぶないから禁止」なのです。自動車も下手な人が運転したりするといろいろな人の命に係わるので免許制になっています。インターネットなどの間違った利用によって自殺者がでたりテロリストの勢力が拡大したりしてしまう状況に直面する私たちは、最低限の教養やネットの使い方のルールなどの試験を課す免許制などを通じてある程度制限をかけることも考えてもよいのではないかと考えています。(但しワタクシは受かる自信はないので、その時はこのブログもおしまいです・・・)。

ネット社会の便利さは、そのリスクを認識し使用方法を間違えない人々によってのみ享受されるべきです。この際、刀狩ならぬスマホ狩りでもやって、女子高生からとりあげたらどうでしょうか?そのうえで幅広い国民に免許制で所有を許せばいいのだと思います。豊臣秀吉が発した刀狩令の意味について、完全に農民を武装解除することを目指したのではなく、農民などの武器保有(帯刀)を制度として原則禁止という建前(ルール)を徹底させることに目標があったとする説が有力だそうですが、現在の日本の治安の良さはこうした制度の流れを汲んでいます。「スマホ狩り」は別に身分や立場を前提にせず一定のリテラシーだけで網をかけるので、もっと合理的でしょう。免許制にしても闇で利用する人は多いでしょうが、少なくとも若者が駅の構内で「歩きスマホ」で私にぶつかってくる事態はかなり少なくなるでしょう。そのとき「歩きスマホ」はもちろん「免許停止」事由です。

別に今朝思い切り歩きスマホの高校生にぶつかられて危うくこけそうになったからこういうことを書いているのではないので念のため。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
自戒しなければならないと思いつつ読ませていただきました。
運転免許は年齢で足切りがありますが、ネット免許には(リテラシーがある限り)年齢制限を設けないで欲しいです。
しかし、原付免許に実技があるように、ネット免許も実技必修とするのが良いでしょう。二つ三つ、「ブログにコメントする」という設問があればいいのでしょうね。恐らく不合格者が多いのではないか。
noby
2015/04/30 10:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネット利用に免許制を導入してはどうかとおもうのですが。 厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる